怪しい者じゃございません



取材旅行もちょうど半ばにさしかかった。
昨日の時点でレンタカーの走行距離は約2500km。
オーストラリアは本当にでかい。

今日は久々の完全オフだ。
昨日の夕方、西オーストラリアのパースに戻り、今日はほとんど何処にも行かずホテルの部屋でひきこもりをしている。
連日、朝5時起床が続いていたので、今日の9時起きは夢心地だった。
バスタブにゆっくりつかり、Tシャツや下着を洗濯してから本を読む。
いいホテルの部屋はいつまでもそこにいたくなる。

今回の旅行中は松本清張の「砂の器」にハマっている。
もう古典と言っていいほど古く有名な本だが読むのは初めてだ。
西オーストラリアの蒼い海と松本清張、全然合っていないが、そのギャップがいい。

明日はメルボルンに飛びタスマニアに戻るが、それから再びタスマニアでの取材旅行が待ち受けている。
気が抜けない。



さて、久しぶりにブログの更新。
お題は「怪しい者じゃございません」


こう言うととても怪しい人と思われるかもしれないが、僕は物干竿に揺れる洗濯物を撮るのが好きだ。
洗濯物は多くを語る。
オーストラリア名物のヒルズホイストという巨大な傘を思わせる物干竿に揺れる洗濯物を見ていると、家族構成、年齢、持ち主のテイスト、所得層などがすぐに分かる。
これくらい生活の匂いをぷんぷんと漂わすものはない。
洗ったばかりで匂いはいいのだが。


僕のようにフラット(アパート)に住んでいると洗濯物を干す場所は共同だ。
天気のいい午前中などは同じフラットに住む人たちとよく鉢合わせになり、世間話をしながら青空の下で洗濯物を干す。
こちらは若い女性も躊躇せず下着を外で干す。
なので、何処の部屋のどの人がどんな下着を身に着けているのかは皆が共有する情報だ。
うぅ〜ん、健康的。
ちなみにオーストラリアで下着泥棒の話を聞いたことがない。
これって、ひょっとして日本特有の犯罪?

車で旅をしていて、広い牧場の中にポツンと現れる民家の庭にぶら下がっている洗濯物などもう最高だ。
カウボーイたちのチェックのシャツや擦り切れたジーンズの横に子供用のくまのプーさんのTシャツと奥さんのパジャマなんかが物干竿にぶら下がっていたら、それはもう撮らずにはいられない。
しかし、庭の塀越しに洗濯物にレンズを向ける東洋人の男の姿はどう見ても怪しい。
いくら僕が精一杯の笑顔を浮かべて「怪しい者じゃございません」と言ってみても、十分に怪しい。













f0137354_23284294.jpg







f0137354_2328437.jpg







f0137354_23282650.jpg







f0137354_2329446.jpg







f0137354_23294932.jpg













コメントの返事はしばらくお待ちを〜!












ranking bannerピンクの下着がぶら下がっていたら、撮らずにはいられない、と思った人はポチッとよろしく!







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2009-01-25 23:34 | デジタル

<< previous page << モデルはダディよ! | 女の人生にはけじめが必要 >> next page >>