あなたはビル・ヘンソンの写真に賛成、それとも反対?




アメリカで写真といえばいまだにアンセルアダムスの写真を多くの人が思い出す。
写真にさほど興味のないアメリカ人にとって彼は写真の代名詞だ。
写真にさほど興味のない日本人に木村伊兵衛や森山大道と言ってもぜいぜい時代劇の役者か何かだと思うかも知れないが、篠山紀信やアラーキーの名前を聞いてプロレスラーや政治家を思い浮かべる人は少ないだろう。
タスマニアで写真が好きだと言えば写真に興味のないほとんどの人たちはピーター・ドンブロンスキーというタスマニアの伝説的写真家の話をはじめる。
では写真に興味のない一般的オーストラリア人にとってアンセルアダムスや篠山紀信にあたる人は誰だろうか?
それはきっとビル・ヘンソンではないだろうか。







f0137354_2162215.jpg







f0137354_2183350.jpg







f0137354_2172719.jpg





3点ともにビル・ヘンソン
















写真家としてオーストラリアではすでに揺るぎない名声を収めているビル・ヘンソンだが昨年シドニーの個展で彼は地雷を踏んでしまった。
思春期の少年少女(12歳から16歳以下)を被写体にしたヌード写真が児童保護団体から猛烈なクレームを受け、写真展のオープニング直前に作品が警察に押収されてしまったのだ。
ケビン・ラッド首相もビル・ヘンソンの作品に対してかなり強い批判のコメントを出し、これはオーストラリア中の論争の的になった。
美しい少年少女の写真はアートか児童ポルノか?
以前紹介したゲイ・レズビアンのパレード、マルディグラが人びとに受け入れられるこの自由な国においてビル・ヘンソンの写真展がこれほどまでの論争になったことは僕にはとても驚きだった。
自由、自由と言うが、これがひとたび子供の問題になるとオージーたちは極端にナーバスになる。
学校でも公園でも子供たちを守ろうとするルールはかなり厳しい。
僕も子供を持つ親、こういう動きには大いに賛成だ。
こういうことに関して厳しいのは基本的に大切なことだと思う、基本的には。
日本で起こる登校、下校時の痛ましい事件・事故をオーストラリア人が耳にするたび彼らは素朴な疑問を持つ。
どうして親が子供たちを送り迎えしないのかと。
ほとんどの先進国では子供を学校に送り迎えするか、スクールバスを使って登下校するのが常識だ。
それは登校、下校時が危険だからだ。
日本ではすでに多くの事件事故が起こっているにも関わらずこういう基本的なことが見直されない。
これは本当に不思議だ。
話は写真に戻るが、子供の写真の扱いに対する学校や親たちの反応が過剰ではないかと思うことがしばしばある。
子供を守ることに関して厳しいのは賛成だとさっき言っていたじゃないか、と突っ込む人もいると思うがこういうことへの過剰なルールは物事の本質を見る目や感覚を奪ってしまう危険性があるような気がするのだ。
子供たちが関わる写真の仕事は制限が多すぎてなかなか思うようなものが撮れない。
卒業式や運動会で自分の子供すら撮影禁止の学校も出始めているらしい。
子供たちの顔が一切出ない学校のホームページ、子供たちの顔が出ない公園の写真、僕たちは将来写真で子供たちの姿を見ることができなくなるかもしれない。
西欧の宗教画などでは全裸の天使が空を舞い、噴水に小便小僧がオシッコを流すが、たぶん近い将来ユニクロのTシャツと短パン姿で空を舞うキューピットや便器に座る大便小僧しか僕たちは目にすることが出来なくなるだろう。

子供たちを暗闇から見つめ、牙を剥く獣が世の中に増えすぎていたとしても裸イコール悪という公式を僕たちは作るべきではない。
男も、女も、子供たちも、年寄りも、裸には語り尽くせないストーリーがあり、性別、年齢、体型に関わらず美しい。
子供たちを守るという強い決意と全てを覆い隠してしまわないというきわどい判断の狭間で僕たちは上手くバランスをとりながら生きていかなければいけない時代に突入しているようだ。

で、あなたはビル・ヘンソンの写真に賛成、それとも反対?













f0137354_21174311.jpg





テキストとは関係ないけど、ソーマとシオナ@キングストンビーチ








ビル・ヘンソンの写真をもっと見たい人はこちらで












ranking banner私は、、、えぇ〜っと、えぇ〜っと、、、考えがまとまらない人もポチッとよろしく!







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2009-03-30 21:19

<< previous page << サリー・マンとラリー・クラーク | いくつになったら大人になるの? >> next page >>