マウントフィールドはもう雪だ




タスマニア、ここしばらく雨が続いていて洗濯物を乾かすのが大変だ。
青空の下洗濯物がはためくのを見るのは大好きだが、家の中のヒーターの近くで折り畳み式物干にだらしなくぶら下がる洗濯物たちを見るのは妙に気持ちが滅入ってしまう。

誕生日の誓いのランニングは膝の激痛により再び1時間半のウォーキングに逆戻り。
雨の中ずぶ濡れになりながら泥だらけの山道を歩いていると時折野うさぎやワラビーが僕の眼の前に突然現れ、そして僕の顔を一瞬じっと見つめてから、まるでこいつは話し合う価値のない男だと判断したかのように茂みの中にピョンピョンと跳ねていく。
パンツまでぐしょぐしょになったとしても、動物たちからそんな扱いを受けたとしても、外に出て身体を動かすのはやはり気分がいい。

それはたぶん子供たちにも言えることかもしれない。
僕と一緒に過ごす週末、天気が悪いとどうしても家の中で過ごしがちだが、その理由のほとんどは実は父親の僕にある。
そんな時外に出ると子供たちの服は泥だらけになるし、濡れるし、家に帰ってからの面倒なことが普通の日より限りなく多くなるからあまり外に出たくないのだ。
でも、悪天候の日に外で遊ぶと面白い発見がたくさんあることを子供の頃からの数々の経験で僕は知っているし、実際そういう日に子供たちと外で遊ぶと普段以上に盛り上がり、子供たちの精神衛生上もとてもいい。

今日の写真は先月5月末のものだが、この日も雨がざんざん降っている日だった。
前日も雨で家の中にいたので、もう絵を描いたり、トランプをしたり、DVDを見るのはまっぴらごめんだった。
という訳で、子供たちと作戦会議を開き、久しぶりにマウントフィールド・ナショナルパークに行ったのだが、、、。
待ち受けていたのは一面の銀世界と雨という最悪のコンディション。
そして、予想はしていたが、予想以上の寒さ。
行けるところまで行こう、と前に進んだがスニーカーだった子供たちの靴がぐしょ濡れで足の感覚が無くなってきたと彼らが訴えはじめたので一時間ちょっとで引き返した。
それでも久々にパンダニ・ツリーたちに挨拶をして(昨年も子供たちと一緒に来て同じパンダニ・ツリーの写真を撮った)僕も子供たちも気分は上々だった。
寒さのため外で食べるのを断念したおにぎりを子供たちと一緒に車の中で食べている間、車のヒーターを最大限にして冷えきった身体を温め、濡れたソックスや手袋を乾かした。
この時、今年は超寒い冬の日にキャンプをして「どこまで僕たちが寒さに耐えられるか大会」をしようということで話がまとまった。

この子たちが本格的な冒険をしはじめる年頃になった時、僕はまだ彼らについて行けるだろうか?
お願い、その時は僕を仲間外れにしないでね。








f0137354_12263439.jpg









f0137354_12265621.jpg









f0137354_12271715.jpg









f0137354_1227366.jpg









f0137354_12275553.jpg









f0137354_12281577.jpg









f0137354_12283556.jpg









f0137354_12285523.jpg









f0137354_12291819.jpg


















にほんブログ村写真ブログに参戦中。
そうだ、家にいる場合じゃない、外へ出よう!、と思ったひきこもりの人もポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2009-06-07 12:49 | ソーマとシオナ

<< previous page << クイーンズバースディ #1 | シングルウーマン >> next page >>