夏の思い出、阿波の記憶 #3









阿波では色々な人に出会ってたくさん感動をもらったが、一番インパクトがあったのはgreenさんのご両親だった。
お母さんは会ったその瞬間から僕に質問のマシンガンを浴びせ、10分後には僕の生い立ちから今の経済状況までだいたい把握していたと思う。
鋭い観察力と洞察力を備え、人生の荒波をくぐり抜けてきた貫禄がある。
お父さんは盆栽の職人さんだ。
盆栽を作るということは、1年365日しっかりそばにいてお世話をしてあげるということらしい。
その日の天候、枝葉の小さな変化を敏感に察し、水の量をコントロールし、丁寧に丁寧に育てる。
夕方、仕事が一段落すると釣り竿をもって吉野川に出かけ、鮎を釣る。
盆と正月以外この神聖な行為を欠かさないと言っていた。


僕がいつも恐れていることは同じ毎日を繰り返すこと。
仕事も、住む土地も、付き合う人たちも、同じことが繰り返されると感じた途端に息が出来なくなる。
そうやって僕は今まで転がり続けてきたし、たぶんこれからも見えない明日に向かって転がると思う。
それが僕の生き方で価値観だ。


けれども、greenさんのお父さん、お母さんに出会い、透明度100%の笑顔、仕事に打ち込む時の真剣な眼差し、鮎を食べる時の満足げな顔、盆栽の話をする時の確信のある顔を見て、僕は自分の価値観が揺らいだ。
お父さんに「どうしてそんなに幸せそうなんですか?」と思わず聞いてしまった。

「朝起きるだろ、一服して、美味い飯食って、コーヒーを飲むんだ。そしてまた一服して、それから盆栽やるわけよ。昼飯食って、コーヒー飲んで、一服して、また盆栽やるだろ、そしたら犬連れて散歩して、鮎釣りに行くんだ。家も土地も川も盆栽も母ちゃんも、何から何まで俺がよぉ〜く知っているものに囲まれて、よぉ〜く知っていることをいつものようにやるんだ。心の中には不安の欠片もないし、飯もタバコもコーヒーも美味いし、不幸せになれるわけないよなぁ」

「達観」というのはこのお父さんとお母さんのためにあるような言葉だ。
今更自分の人生を否定することはできないが、違う生き方の成功例を見るとなんだか羨ましくなる。
何処に住もうが、何で飯を食おうが、転がろうが転がるまいが、そんなことに関係なく、自分の行動に誇りを持って生きている人は、どこか揺るぎない強さと人を包み込む優しさがある。
その人が生きる空間、その人がいつも身に着けているもの、五右衛門風呂や歯ブラシ、飼い犬さえもが胸を張ってそこに存在している気さえする。
ロスやニューヨーク、シドニー、東京で住む人たちより、メキシコの田舎、ドバイのお店のおじさん、僕の住むタスマニアの農夫たちと話をしている時の方がそういう自分を信じて生きている人が持つ独特の強さと優しさを感じることが多い。
これは一体どういうことなんだろう?


僕は残念ながら、そういう強さや優しさを持ち合わせていないが、転がり続けることによって自分の価値観の外にいる人たちから学ぶチャンスは比較的多く持ち合わせている。
たぶんそのチャンスを生かして出来るだけ多くのそういう人たちと出会い、写真に収め、それをまた僕以外の誰かに伝えることが役立たずの自分が負っている役目のような気がする。

















f0137354_21585135.jpg









f0137354_21592125.jpg









f0137354_21595014.jpg









f0137354_22093.jpg









f0137354_220319.jpg









f0137354_2224198.jpg









f0137354_2231213.jpg









f0137354_2233016.jpg









f0137354_2235238.jpg









f0137354_2241369.jpg









f0137354_2243235.jpg









f0137354_2245754.jpg









f0137354_2255483.jpg









f0137354_2264767.jpg









f0137354_2271839.jpg









f0137354_2273985.jpg









f0137354_2282017.jpg









f0137354_22927.jpg









f0137354_2292317.jpg









f0137354_2295218.jpg









f0137354_22101045.jpg









f0137354_22105559.jpg









f0137354_22111893.jpg

















にほんブログ村写真ブログに参戦中。
私も盆栽のように365日丁寧に丁寧に世話されたい、と思った人はポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2009-09-08 22:21 | 仕事

<< previous page << 夏の思い出、阿波の記憶 最終回 | 夏の思い出、阿波の記憶 #2 >> next page >>