オーガズムちょうだい!




最近参加したカクテル・パーティでの話。
ちなみにカクテルはコックテイルと発音する。
だから、コックテイル・パーティ。

パーティに集まった人たち、平均年齢は35才といったところだろう。
政府のお役人さん、心理学者、アフリカ中を駆け巡り装飾品を集める人、大工さん、小学校の先生、アーティスト、誰と話をしても話題が尽きることなく、とても楽しいパーティだ。
そんなパーティも終盤に入り、このパーティのホストが声を張り上げこういった「さあ、みんな、今日最後のカクテルを作るよ!この素晴らしいパーティを飾る最後のカクテルの名は、、、」
一同、一瞬しぃ〜んとなり、彼を見つめる。
「オーガズム!」とホストが叫び、一同から歓声が沸き上がる。
女性たちは「きゃ〜、素敵ぃ〜、オーガズム欲しいぃ〜、いっぱい欲しいわぁ〜」「いやぁ〜ん、ダメ、ダメ、私が先よぉ〜、私より先なんて許さない〜」
で、男性たちは「オーケー、僕で良かったらいくらでもあげるよ」とか「言っとくけど今夜のオーガズムは特別だからね、覚悟はできてるかい」とか、もう好き放題なことを言いはじめる。(18才未満はお断りのパーティ)

僕の隣にいた女性が「ねえ、あんた、さっきからチュパチュパすすっているそのドリンク、まさかジンジャーエールじゃないでしょうね」と低くハスキーな声で僕に言う。

彼女がthの発音をするとき、舌に刺したピアスが見える。

「ま、まさか、これはストレートのジンジャービアーだよ」と言い訳(僕はげこ)。

「ようするにソフトドリンクじゃないのさ」と言って僕を見る彼女の眼は睨んでいるのか、酔いで眼が据わっているだけなのか判断しかねる。
細身の身体に黒っぽいトーンで決めたファッションから、今でも熱心なロックファンだという主張がみえる。
30才になったかならないかくらいの年齢だろう。

「ねえ、あんただってオーガズムは欲しいでしょ」

「そりゃもう、いつだって、どこだって」と僕は餌を鼻先でゆらゆらさせられたワンちゃん状態。両手が胸の前で垂れていなかったか心配したくらいだ。

「ここで待ってんのよ、今あたしとあんたの分、取ってくるから」きびすを返したショートヘアの首筋にタトゥーが見えた。

「いや、いや、ちょっと待った、僕はアルコールだダメなんだ」と負け犬のようにきゃんきゃん吠える僕。

彼女は振り返り「なによ、あんた、ふざけんじゃないわよ、さっきオーガズムが欲しいっていったばかりじゃない!」と、もの凄く怖い形相で僕の顔の20cm前まで詰め寄る。
やばい、完全にからまれてる、、、どうしよ、、、。
怒れば怒るほど妖艶な空気をまとうタイプの女性が時々いる。
この場から僕が逃げ出せないでいるのは彼女がそんなタイプの美人だからだ。

「わたしがオーガズムをあげるっていってるのに、あんた、断るつもり!」近づけた彼女の口から漏れる息はカクテルの甘い香りがする。
あの舌に刺したピアス、どんな感触だろう、、、普段は働かない僕の脳みそはこういう時に限って1秒間にたくさんのことを考える処理能力を発揮する。
頭の中は逃げろ、マナブ、逃げるんだ、と指令を出しているのに、本能が身体を金縛りにしている。
「オレのすすめる酒が飲めねぇ〜っていうのか!」という日本のオヤジたちのセリフならいくらでもあっさり断れるのだが、、、。

「じ、じゃ、僕がかわりにたくさんのオーガズムをあげるよ。君が楽しんでくれるなら、僕はそれでいいんだ、、、僕が日本の伝統的な正しいオーガズムをあげるから、、、」とオーストラリアで武士道を伝授する勇ましいサムライの姿を僕はイメージする。
「ラストサムライ」の渡辺謙、「たそがれ清兵衛」の真田広之になりきろうとする。

怖い顔をしていた彼女が突然吹き出し、「ねえ、ねえ、本気で怒っていると思った?酔った性悪女にからまれたと思った?あんまり心配そうな顔するから、可哀想になっちゃた」と笑い声をあげる。
怒った顔は綺麗だったけど、笑った顔もいける。

そのあと、彼女はオーガズムで、僕はコカコーラで話が盛り上がった。
自分にとってのヒーローは誰?という話になった時、「君のヒーローはU2のボノかジョン・ボン・ジョヴィだろう」と僕はいったが「わたしのヒーローはダライ・ラマよ」と彼女は笑って答えた。

アルコールを口にしていない僕が彼女をアパートまで送り届けたが、カクテルのオーガズム以上の出来事は何も起こらぬクリスマス前の清しこの夜だった。














f0137354_209584.jpg









f0137354_2094142.jpg









注)テキストと写真は無関係です








にほんブログ村写真ブログに参戦中。
今年のクリスマスパーティ、忘年会、新年会は僕もオーガズムでハッスル、ハッスル、と思った人はポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2009-12-08 20:21 | デジタル

<< previous page << ダライ・ラマがやってきた、ヤァ... | 売れるものは、いいものか? >> next page >>