アスリート犬





昨年の真冬、子供たちとアプリコットを連れて散歩に出かけた。
ロアーサンディベイの海岸にある遊歩道は愛犬家たちのお気に入りの散歩コースらしく、5分も歩けばあらゆる種類の犬が見れる。
どのワン子ちゃんたちもお行儀がよく、すれ違う際には鼻をクンクンさせ相手の匂いを少し嗅ぎ「それでは良い一日を」と言ったか言わなかったか僕には分からないが飼い主がリードを引くとすぐに自分のポジションに戻り(飼い主の左側)再び散歩を続ける。
まだ若いアプリコットにはそれが出来ず、ワンちゃんたちとすれ違うたびに大喜びで飛びつこうとし、そのたびにソーマに叱られる。








f0137354_2045381.jpg









この日、気温はかなり低く、普段は穏やかな海も波がしぶきを上げ、掻き揚げる砂のせいで空同様、海の色も曇っていた。
そんな寒さや波のしぶきなどものともせず、もの凄いスピードで走り回る黒ぶちの犬が一頭いた。
(すんません、犬の種類分かりません)
その身のこなし、体についた美しい筋肉たるや、アスリート系の犬としか言いようがない。
その一挙一動を僕たち親子はただただ惚れ惚れして眺めていた。








f0137354_20462751.jpg









f0137354_20464930.jpg









f0137354_2047822.jpg









f0137354_20472997.jpg









惚れ惚れしてみていたのは僕や子供たちだけではなかった。








f0137354_20484836.jpg









ワンちゃんを見るとすぐに追いかけたがるアプリコットもこれは自分とは遥かに次元の違う世界だと悟ったようで、ただただじぃ〜っとこのアスリート系の犬を眺めていた。
まるで「わたしにもこんなふうに海岸を走り回れる日が来るのかしら、、、」とでも言いたげに。








f0137354_20502128.jpg









f0137354_20504498.jpg









そしておもむろに天を仰いだかと思うと、悲しげに海を背にしたので子供たちはあわてて「大丈夫だよ、大きくなったらアプリコットだってあんなふうに走れるよ」と慰めていた。
シオナは慰めプリンセスだ。
ダディも時々慰めてもらう。








f0137354_205140100.jpg

















f0137354_20524164.jpg









波が打ち寄せる遊歩道の端に目をやると、一頭の犬と飼い主が見つめ合っていた。
ワンちゃんの目、何かを待つ目だ。
このワンちゃんの体にも美しい筋肉がついている。
アスリート系に違いない。
突然飼い主が手に持っていたテニスポールを海に向かって投げつけると、このアスリートのワンちゃん、まるで弾丸のように灰色の冷たい海の中に向かって飛び込んでいった。








f0137354_20542410.jpg









f0137354_20554799.jpg









まるでそれが至上の喜びであるかのように、飼い主がボールを投げるたびに何度でも海に飛び込み、飼い主にボールを渡すと「まさか、これで終わりって言わないよね?」という目で飼い主を見つめ続ける。








f0137354_20564360.jpg









寒さに弱い僕たち親子とアプリコットは「自分たちは絶対にそんなことしないけど、でも、ほんとすごいよね〜」と感心してその様子を眺めていた。








f0137354_20575738.jpg









「な〜んだよ。そんなこと、僕にだってきるさ!」とすぐに挑戦しないと気が済まないタイプの人が世間にはいるが、ワンちゃんにも時々そういう輩がいるらしい。
アスリート犬のダイビングを見つめていた黒い小型犬が我慢できなくなり海に向かって勢いよく走り出した。








f0137354_20593712.jpg









海水に前足を入れたとたん運悪く襲ってきた大きな波が彼を飲み込み、驚いた黒ちゃんは飛び上がって僕たちの方へ戻ってきた。
びしょ濡れでがたがた震える黒ちゃんを見て、ソーマは「ばっかだよなぁーもー」といってアプリコットの背中を撫でた。








f0137354_2123177.jpg

















にほんブログ村写真ブログに参戦中。
真冬のタスマニアの海には足も入れたくない、と思った人はポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2010-02-19 21:13 | ソーマとシオナ

<< previous page << 幸せでいられる確率 | おかしいのは、僕の方? >> next page >>