ただいま、タスマニア!




皆さん、こんにちは。
お久しぶりです。

知っている方もいるかもしれないが、1ヶ月間僕は日本に帰国していた。
ブログを更新したい欲求はあったのだが、精神的にも物理的にもその余裕がなく、こんなに長くこのブログをほおっておく羽目になってしまった。
会社の部下も奥さんも自分の子供もほおっておくとろくなことがないけれど、ブログも同じようで、コメント欄にはエロコメントがいくつか残っていた。
清く、正しく、美しい、硬派なブログを目指していた僕としてはこのエロコメントが自分の堕落ぶりを写す鏡のようで、少し怖くなった。
それにしても、いつも思うのだけれど、他人のブログにエロコメントを残す人の心模様とはどんなものなのだろう?
特に感動的なテキストや写真を見た後のエロコメントには怒りよりも悲しみを感じる。
意図的に他人に不快感を与えること、傷つけようとする行為に自分自身が本当に無感覚でいられるのだろうか?
一瞬たりとも母親や父親、そして兄弟たちの顔が頭の中をよぎらないのだろうか?
どうせエロコメントを残すのなら、思わずクリックしてしまうような、もっとそそられる文章を残して欲しいものだ。
少なくても、僕のブログの常連さんたちの頭の中はエロのレベルがとても高く、並大抵のエロではもう興奮しないのだから。
あっ、すみません、、、汗。

ほおっておくといえば、日本滞在中、僕は自分の胃袋を今までかつてないほどほおっておいた。
日本へ向かう飛行機の中、僕は食べたいもののリストを何度も頭の中で確認した。

・セブンイレブンのお弁当
・横綱あられ(大好物)
・ベビースターラーメン
・大福もち
・抹茶パフェ or 抹茶アイスクリーム
・ラーメン
・餃子
・トンカツ
・松尾ジンギスカン
・ミルキー(はママのあじ)
・かりんとう
・うなぎ
・ほっけの開き

あっ、もう十分?

日本滞在中はリストにあげた食べ物たちを軽く3周はした。
食べたいものは全て心置きなく食べた。
話題の「食べるラー油」も。
調子に乗って1週間連続でお昼にラーメンを食べた週さえあった。
すみれ、月見軒、山頭火、味の時計台、、、思い出しただけで唾液がにじむ、、、。

日本滞在残すところあと2日となったある日、僕の予定に合わせて札幌まで来てくれた妹とパートナーふみさん、そして母と僕の4人でお寺に行き、亡き父のためにお坊さんにお経を読んでもらった。






f0137354_1311333.jpg







f0137354_132436.jpg







f0137354_1331417.jpg







父を思うとどういう訳か今でも胸がいっぱいになり、目頭が熱くなる。
僕と同じで甘いものに目がなかった父に供えた和菓子もろもろはお寺から帰るときにしっかりと持ち帰り、途中母親の姉、僕にとってはおばさんの家に立ち寄った。






f0137354_1311879.jpg







f0137354_1353952.jpg







おばさんの家には様々な健康器具があり、僕たちはそれらの器具を全て使い健康選手権を開くことにした。
堅物のおじさんもなぜか参加。
血圧測定選手権では老人たちを差し置いて僕は堂々2位の高血圧。
一位はなんとあの、、、あ、これはシークレットだった。汗
そして体重測定選手権で僕は自分の目を疑った。
最新式の体重計にデジタル表示されている数字は72kg。
僕はチビで、ベスト体重は 62kg~64kg。
日本に来る前の半年間は十分なトレーニングが出来ず、たぶん66kgくらいにはなっていたかもしれないが、それにしても、、、。
そういえば、ショーウィンドウに写る自分の姿が最近スヌーピーやムーミン化している。(特にお腹まわり)(かわしらしさは残しておこう!)
自分の人生の中で体重70kg台は初めてのことで、かなりショックだ。
これがほおっておくことの恐ろしさだろう。






f0137354_12402322.gif







f0137354_12403821.jpg







今回の帰国でも多くの人に会い、様々な話を聞き、色々なものを見た。
いつかブログでその一部なりでも見せられることが出来ると思う。

日本からオーストラリアの自分の居場所へ戻ると、しばらくは抜け殻状態になる。
今の僕にとって帰国とは、言葉が通じて食べ物が最高においしい国への楽しくて仕方のない海外旅行のようなもの。
タスマニアが大好きな場所であることには間違いないのだけど、必要なものは全てどこにでもあるあの便利さ、友人たちのとの楽しい時間、年老いていく母の後ろ姿、燃え尽きた学校祭の後や祭りの後のようなこの寂しさから回復するにはしばらく時間がかかるだろう。
やはり自分の国、故郷、実家というのは(長く留まるべき場所とは思わないが)理屈抜きで心を癒してくれる場所なのだろう。
ほったらかしでも安心していられる場所だけに、意志の弱い僕にとってはとても危険で、ときどき帰るのがちょうどいい場所なのだと思う。

部屋の窓から見えるタスマニアの雲を撮った。
すっかり習慣となってしまったこの行為、タスマニアでの現実戻る第一ステップだ。
シャッターを数枚切った後、少し懐かしさすら感じる窓の外の風景をしばらく眺めた。
開けた窓からは冬に突入する寸前のひんやりとした空気が流れ込み、僕の頬に当たる。
秋の匂いはもうそこにはなかった。
ただいま、タスマニア!











f0137354_12421192.jpg













関西エリアの人たちへ念のために言っておきます。
今日のキーワード「ほおっておく」(放っておく)はあなたたちの言う「ほっとく」です。
え、「ほっとけ、ボケ!」って?
ごめんなさい。






コメントの返事、もう少し待ってね〜!










にほんブログ村写真ブログに参戦中。
あなたのことなどすっかり忘れていました、と思っている人もポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!






by somashiona | 2010-06-08 13:14 | デジタル

<< previous page << ひさしぶりに、のんびりと、子供たちと | ライティング101 >> next page >>