メルボルンでウェディング 後編









さて、いよいよウェディングがはじまった。
前日の暑さとはうって変わって、この日はどんよりと重い雨雲がメルボルンの空に覆いかぶさる、少し肌寒い天候だった。
雨は降ったり、やんだり。
レストランの内部で式をするか、予定通りそのとデッキで行うべきか、新郎と僕はギリギリまで悩んだが、式の時間が近づくと雨脚が弱まったので、デッキで行うことにした。
野外でのウェディングは毎回ハラハラドキドキだ。
青い空、青い海の写真にならなくて残念だね、と何人かの人たちに言われたが、僕的には昨日抱えた問題が一気に解決してくれて、願ったり叶ったり。
お母さんも練習の成果を発揮し、式は無事に終了した。








f0137354_041276.jpg









f0137354_0414212.jpg









f0137354_0415960.jpg









f0137354_0421484.jpg









f0137354_0423414.jpg










そして、フォトセッションタイム。
雨や曇り空は式だけでなく、フォトセッションにも味方してくれた。
昨日、あれだけ人だらけだったビーチから人々をきれいに追い払ってくれた。
僕はビーチでの撮影が大好きだ。
海と砂浜のシンプルな背景は被写体への集中力を容易にしてくれる。
この日は風がとても強く、レンズは塩分をたっぷり含んだ粘りっ気のある潮風のせいで直ぐに曇り、カメラのダイヤルやレンズのリングをまわす度に砂でじゃりじゃりと音を立てたが、楽しいフォトセッションになった。
ウェディングドレスを着た花嫁さんが素足でビーチを歩く、とてもオーストラリアらしいと思う。








f0137354_0482240.jpg









f0137354_0483953.jpg









f0137354_0485195.jpg









f0137354_049593.jpg









f0137354_049223.jpg









f0137354_0493828.jpg









f0137354_0495568.jpg









f0137354_0501132.jpg









f0137354_0502549.jpg









f0137354_050392.jpg









f0137354_0534839.jpg











レセプション(パーティ)も楽しく進行した。
レストランの窓からオレンジ色の夕日が差し込みはじめ、花婿さんが「夕日の中でもう一度写真を撮ってくれないか」と僕に尋ねた。
グッドアイディアだ。








f0137354_0554151.jpg









f0137354_056971.jpg









f0137354_0564246.jpg









f0137354_0571759.jpg









太陽が海の向こうに沈み、オレンジの空が赤紫に燃える。
僕は直ぐにはパーティに戻らず、しばらくこの綺麗な海や空を見つめていた。
シャイな花嫁さんの弟さんがビーチに腰を下ろし、散歩していたオージーの男性と何かを語り合っている。
こんな綺麗な海を目の前にすると言葉なんてあまり意味がない。
素晴らしい時間は一人で過ごすより、人と共有することで嬉しさが倍増する。
だから人は誰かを求め、ともに人生を歩みたいと思うのかもしれない。
メルボルンの素敵なカップルがいつまでも素晴らしい時間を分ち合えるよう、心から祈ろう。








f0137354_0582344.jpg









f0137354_0585284.jpg









f0137354_0594988.jpg











今回のウェディング・シリーズはこれで終了です。
お付き合いいただきありがとうございました。
また来年の今頃、ウェディング特集をやりたいと思います。






にほんブログ村写真ブログに参戦中。
くそぉ〜、何度でも結婚してーよー、と思った人はポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2010-07-09 01:03 | 仕事

<< previous page << 人の心の中に土足で入らないで〜! | メルボルンでウェディング 前編 >> next page >>