久しぶりに自分のブログについて考えてみる





人間にとってとても大切なのは成長し続けることだと思う。
などと書き出すと後が続かなくなりそうだが、僕はかなり本気でそう思っている。
昨日よりも今日、今日よりも明日。


今日は久しぶりに仕事もなく、子供の世話もなく、セクシーウイメンたちからのお誘いもなく(普段もないのですが)、朝からのんびりとサラダなど作ってくつろいでいる。
僕はエキサイトブログを使っているのだが、滅多に見ないリポート、アクセス解析という欄を覗いてみた。
2007年の3月にブログをはじめたのだが、その頃の記事の更新は毎月ほとんど二桁台だった。
26件の記事をひと月で更新している時さえある。
ところが最近は記事の更新がかなり減っている。
2010年は4月を除いて毎月一桁、7月などは4件しか記事を更新していない。
さぞかし僕のブログへのアクセス数は減っているだろうと思い、アクセス解析の欄を覗いてみたわけだ。
驚いたことにアクセス数は決して減っていなかった。
むしろ毎月、じわり、じわりと少しずつだが増えている。
例えば昨日のアクセス数は618、僕的には決して悪くない。
僕のアクセス数の最高記録は3354、馳さんとワルテル、ソーラを撮った時の記事だ。
これを考えると、馳さんの普段のアクセス数の凄さが想像出来るというものだ。
僕のような一般人にはとても叶わない数字。
それでも、僕のブログを定期的に見てくれる人たちがいると思うと、本当にありがたい。
どんな人たちが見てくれているのだろう?
僕はあまり友人たちと連絡をとる方ではないので、たぶんブログを見てくれている人たちの方が友人たちよりも僕の日常について知っていることだろう。
これはなんだか凄いことだ。


アクセス解析の欄には検索ワードランキングというセクションがある。
僕のブログにどんな言葉を検索し、たどり着いたのかがわかる。
第一位はやはり「タスマニア」、まあ頷けるところだ。
しかし、第二位以下がちょっと問題。
「オーガズム」なんで?どうして?僕のブログと関係ないじゃん!と思ったが、胸に手を当ててよぉ〜く考えてみると、そんなことを記事の中で書いたような記憶がないわけでもない。
多くの人たちにとって「タスマニアで生きる人たち」は「オーガズム」と共にあるのだ。
ものすごくエッチな画像を期待して僕のブログを開いた人たちは、さぞかしがっかりしただろう。
「ポテトヘッド」という言葉も10位以内に入っている。
これも身に覚えが無いわけではない。
しかし、どうしても解せないのは「殺風景一人暮らし」という言葉が10位以内に入っていることだ。
あまりにも見事に言い当てられているので、思わず隠しカメラを探してしまったほど。
「殺風景一人暮らし」などという言葉は一度も記事で使った記憶がない。
これはきっと「どS軍団」の仕業にちがいない。


好きなアーティスト(音楽、映画、写真家など)のことを考えると、そのほとんどはデビューから数年までの作品のほうが圧倒的に好きだ。
やはり、初期の作品には純粋さや人に媚びないパワー、そしてオリジナリティがある。
小説家に関しては時が経つほうがその作品の味わいが深くなっていく気がする。
こんな人達と一緒にしてはいけないのだけど、僕がブログをはじめた頃の記事は今よりもずっと個人的で、エモーショナルなものだった気がする。
子供たちのこと、離婚のこと、父の自殺のこと、写真に対する強迫観念、満たされない毎日、などなど何か純粋さがあった。
吐き出すことで楽になれた部分があった。
そんなお前の話なんか聞きたくないんだよ!と言われそうな話ばかりだが、僕が他人のブログを見るとき、どんな写真がアップされているかということより、個人というものが圧倒的に前に出ているブログのほうが楽しみに見ているので、自分のブログもそうするべきだと思っている。
なんといっても僕のブログは子供たちに宛てた遺言のようなものなのだから。
何かの記事で読んだのだが、世界で一番ブログを利用しているのは日本人であり、しかも30代後半から50代までの層が一番利用していると書いてあった。
若い人達にはミクシーやツイッターのほうが馴染み易いらしい。
僕にはミクシーやツイッターは向かないと思う。
少ない言葉で気持ちを吐き出せない。
以前僕のオージーの友達が日本語を完璧に理解できる20代のバイリンガルの人に僕のブログにいつて尋ねたとき、20代の彼は「写真はいいけど、書いていることは全然面白くない」と答えたという話を聞いて、僕は笑ってしまった。
そうだよなぁ、20代の人には面白く無いだろうなぁ、と正直そう思った。
でも、今にして思えば、それ以来ブログの内容が少し変わった気がする。
もっと幅広く読んでもらえる内容でいこう、みたいな気持ちが心のどこかに忍びこんでしまったような気がする。
ブログを続ける中での僕の反省点は他の人でも理解できる話、分かりやすい写真をのせようとすることだろう。
一応、クリエイティブなことに関わる人間なので、人に見られる以上は面白いと思ってもらえるものを出したいという根性が身についている。
仕事でも何でもないブログといえども、あるレベルはクリアしていたい、という思いがいつも心の何処かにある。
これはいい面でも悪い面でもあると思う。
ブログはマスターベーションすれすれが面白いはずなのに(あ、この言葉が次は検索ランキングに登場するかも)人の目や意見を気にすると本物が湧き上がってこない。
僕のブログ、これからも続けるためにはやはり成長させないといけない。
同じことを繰り返してはいけない。
せっかく時間を割いて何かを表現するのだから、わざわざ貴重な時間を使って僕のブログを見てくれる人がいるのだから、できるだけここに何かを残していきたいものだと思う。
それが何なのかは分からないが、とにかく「マスターベーションすれすれに!」をスローガンに掲げ、これからも頑張ろう!














f0137354_11362041.jpg











f0137354_11363237.jpg











f0137354_11364179.jpg











f0137354_11365127.jpg











f0137354_1137254.jpg











f0137354_11371246.jpg











人に媚びない「マス・スナ」(マスターベーション・スナップ)たち




















にほんブログ村写真ブログに参戦中。
ぐたぐた言うなー、写真面白くねー!と思った人もポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2010-11-06 11:53 | デジタル

<< previous page << リンゴ皮むき合戦 | ミラクル >> next page >>