さよなら2010年




今日ブログを更新しなければ締めの言葉がないまま「さよなら2010年」になってしまう。
「苦し紛れ」という言葉を検索すると「逃げ道が無い(と感じた)人間が取る、(冷静な状態の人間から見て)非論理的な行為」という説明があった。
今年最後の「タスマニアで生きる人たち」はまさに苦し紛れの更新だ。

12月は忙しくしよう自分で決めたので、「忙しい」と文句をいうわけにはいかないが、予想以上になってしまい、まったく心に余裕のない自分に少し呆れている、、、涙。
今年は結局3つのクリスマスパーティしか参加できなかった。
カメラを持って参加したのは最初のパーティだけだ。








f0137354_2232962.jpg









f0137354_22323684.jpg









パーティに参加した友人たちがそれぞれ一つだけクリスマスプレゼントを持ってくる。
全てのプレゼントを毛布の中に入れて、ゲームで勝った人から毛布の中を見ないでプレゼントを取り上げる。
僕は肉食植物(食虫植物)の鉢植えを当てた。








f0137354_2233158.jpg









車にワックスをかける機械でする大人の全身マッサージは見ているぶんには笑えるが、やってもらうと全身の感覚が麻痺しそうなほど効いた。
子供やお年寄りには勧められない。(大人のマッサージ)








f0137354_22331692.jpg










タトゥー(入れ墨)の話題になったとき、自慢のタトゥー、若気の至りタトゥー、人には知られたくない秘密のタトゥーなどの見せ合いっこがはじまった。
このパーティに集まった人たちは昨年のタスマニアベストビジネスパーソンに選ばれた人、メルボルンにあるモナッシュ大学の先生、政府の機関のトップなど実に優秀な人材ばかりだったが、タトゥーを身体に入れていないのはなんと僕だけだった。
いや、正直に言えば内腿に小さな文字で入れた「ママ、いつまでも愛している」タトゥーをどうしても見せることが出来なかっただけなのだが、、、。うそ、うそ。








f0137354_22334694.jpg










このパーティの後は毎日早朝から夜遅くまで休みなし。
朝は暗いうちにベッドから這い出て、気がつけばいつも外は夕焼けに染まっている。








f0137354_2234040.jpg











子供たちと過ごす週末、早起きの彼らにつられ、いつもは僕も6時過ぎには起きるが、今月だけは僕の寝室のドアに「7時半までは起こさないように!」の紙を貼りつけた。








f0137354_22341643.jpg









f0137354_22342963.jpg










12月のクリスマスの前は誰も彼もがクリスマスショッピングで眼が血走っている。
知り合いのシングルマザーにクリスマスショッピングは終わったかと聞くと、クイーンサイズのベッドの上はプレゼントで溢れているけれど、まだ終っていない、という答えが返ってきた。
ちなみに、彼女はその時点で2000ドル使っていた。
日本ではクリスマスと言えば恋人たちのための行事みたいな印象があるが、こちらでクリスマスと言えばやはり家族の愛と絆を確認しあうとても大切な日。
日本と違い心のなかで思っているだけでは愛は伝わらない国では(はい、語弊があります)その証としてきちんとプレゼントを用意するのだ。
「クリスマスなんて日本人の僕には関係ないさ」みたいな態度でこの日を過ごしてしまうと後で取り返しのつかないことになるということをオーストラリアに来てすぐに思い知らされた経験がある。
クリスマスの日には大切な人に「あなたを大切に思っている」という証を必ず示すのだ、と焼きごてを背中に当てられたような経験だった。
この世の中でロンリーな人間は僕だけではない。
「クリスマス = 愛」という公式の社会で育った人にとってその日に愛を示されない人の心は灰色だ。
この時期、オーストラリアでは自殺者の数が膨らむ。
身寄りのない孤独な人、親からプレゼントを貰えない子、子供にプレゼントをあげられない親のために様々な団体が寄付金を募りプレゼントを用意する活動をよく目にするのもこの12月だ。
12月は他人にも優しくなれる月なのだろう。








f0137354_22344962.jpg










基本的にオーストラリアのお店ではプレゼント用のラッピングというものをしてくれない。
日本に住んでいたとき僕は自分でラッピングなどしたことがなかったが、オーストラリアに来てからはラッピングペーパーをかなり頻繁に買う。
経験が浅いせいか、修行が足りないせいか、箱に入ったものなどは比較的ラッピングしやすいが、ぬいぐるみ系のラッピングには泣かされる。
YouTubeでラッピングの技術をかなり研究したが、僕はまったくセンス無し。
セロテープだらけで品の欠片もない。
リボンをかければミイラ男のようになる。
「これ、去年のクリスマスに使ったラッピングペーパーだけど、バレないかなぁ、、、」とか思いながらラッピングする心の乱れが出てしまうのか、僕のラッピングは本当に見るも無残だ。
まあ、愛がこもっていれば、それでいいか。








f0137354_2235547.jpg









今月はイギリスからソーマたちのいとこが遊びに来ていて子供たちはご機嫌だ。
僕の子供の頃、外国というのは自分にまったく関係の無い世界だった。
でも、ソーマやシオナたちにとって日本やイギリスなどの海外は彼らの一部だ。
クラスメートたちのバックグラウンドもアジア、中東、東ヨーロッパなど様々なので、オーストラリアに居ながら他の国の文化に触れる機会が多い。
まったく、うらやましい話だ。








f0137354_22352699.jpg









f0137354_22355441.jpg









f0137354_22361764.jpg









クリスマスの日、仕事が終わってから子どもたちにプレゼントを届けに行った。
彼らの家では例年通り大勢の人たちがクリスマスパーティに来ていた。
大人たちの集団から抜け出し、子供たちは近所の川でカヤックだ。
夏のクリスマスとはいえ、僕は冷たい川に入る気になれず、子供たちがはしゃぐのを岸で眺めていた。








今日、大晦日も朝5時起きで仕事だ。(まずい、睡眠時間がまた5時間を切っている、、、)
夜、まだ身体にエネルギーが残っていたら、ピーターからお誘いを受けているニューイヤーズイヴのパーティに行こう。
日付が変わる瞬間くらいは、誰かとハグしなければ。
エネルギーが残っていればの話だけれど。








f0137354_22365094.jpg









f0137354_2237134.jpg









最初に紹介したお宅のクリスマスパーティから帰るとき、庭の中の水に浮かぶオモチャのアヒルを見つけた。
眼を閉じて瞑想するブッダ像の後ろでプカプカと陽気に浮かぶアヒルたち。
ああ、「来年はこの姿勢でいこう」と思った。
2011年はこのアヒルさんたちのように過ごそうと思った。

支離滅裂、落としどころのない2010年度最後のブログ更新となりましたが、今年も一年間「タスマニアで生きる人たち」を見てくれて本当にありがとうございました。
来年も続けますよ。
じゃねー!
















にほんブログ村写真ブログに参戦中。
来年も続けるつもりかよ、と思った人もポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2010-12-30 22:45 | ソーマとシオナ

<< previous page << やあ、こんにちは2011年 | ニュー・カラー / ウィリアム... >> next page >>