さよなら、wajiさん



wajiさんが死んでしまった。
僕は本当に悲しい。









f0137354_1058227.jpg









wajiさんは僕のブログ仲間。
僕がブログをはじめた当初からのお付き合いだ。
一度も面識はないのだが、絆はある。
ブログを通して知り合った関係なので、彼の死とブログというメディアについて僕が感じたことを今回は書きたい思う。
僕は自分のブログで吐き出す言葉や写真をブログの「ネタ」だと思ったことは一度もない。
どの回の更新にも自分の思いを込めているつもりだ。
だから、僕がwajiさんについてここで書くこと、wajiさんの写真や言葉を使わせてもらうことについて、wajiさんは(たとえそれが彼の意見とは違っていても)許してくれると思う。








f0137354_1058314.jpg










wajiさんは「ラジオフライヤー」というブログを2005年から続けきた。
仕事前の早朝に写真を撮る事が多かったためか、僕にとってwajiさんの写真のイメージは朝の色温度で彩られたオレンジ色の写真だ。
僕の好きな色はオレンジで、wajiさんは僕にとってオレンジ色の人だ。
2010年に入って身体にじんましんのような物が出ているのに気づき、検査すると白血病だと告知されたwajiさんは「ラジオフライヤー」をいったんお休みし「青天の霹靂」という闘病日記のブログを開始する。








f0137354_1059841.jpg











この「青天の霹靂」というブログ、僕にとって個人のブログという粋を超えたものだった。
「生きる」ということをテーマにした壮絶なドラマであり、ドキュメンタリーであり、詩だった。
このブログの中で語られるwajiさんの言葉は頭からでたものでなく、皮膚を突き破って心の底から出てきた正真正銘の本物の言葉だ。
そこには「不安」「希望」「悲しみ」「感謝」「弱気」「強気」「運命」「人生」「回顧」「決意」「メッセージ」「愛」「夫婦」「親子」など僕たちの人生にとってキーワードとなる大切な事柄が正直に綴られている。
凄いと思うのはあれほどの揺れる思いのなかで文章を綴りながら「絶望」や「諦め」にあたる言葉はひと言も見当たらない。
最後の最後まで前を向いていた。
wajiさんは本当に強い人だと思う。
僕が同じ状況に陥ったのなら、決してwajiさんのような精神状態でいられないと思う。








f0137354_10594764.jpg










wajiさんは人生の中で色々なことを成し遂げてきた人だと思うが、僕にとってのwajiさんはブログのwajiさんであり、彼はこのブログというメディアを最大限有効に活用した人だと思う。
外界から遮断された無菌室での生活、外と繋がっているための手段、自分を奮い立たせるための方法、面と向かって素直にはなかなか言えないこと、ブログだからこそ成立したことが多大にあるだろう。
そしてなによりもwajiさんの生き様を、生きた証をしっかりと多くの人たちの心に刻み込んだことの成果は大きいと思う。
僕たちは自分の足跡を何らかの形で後々に残していきたいという、なかば本能のような性質があると思う。
昔の人の普通の人たちが家族や身近な友人以外に自分の生きた証を眼に見える形で残すことは難しいことだったと思う。
フォトアルバムが残ってもそこにその時の思いは綴られていないし、愛の手紙が残ってもそこにその時の笑顔は見えない。
ブログはそういう事をしっかりと残してくれて、まったく偶然にしか知り合えないであろうタスマニアと仙台を繋げてくれる。
自分の生きた証を子供たちに残したいというのは、僕がブログをはじめた大きな理由の一つでもある。
日本語がまったくわからない僕の子供たちに対して。
もっと、もっと素直な気持ちをブログに残していこうと思う。
感謝している人たちにきちんとそのことを伝えていこうと思う。
それでこそ、貴重な時間を使ってブログをやっている価値があるというものだ。

wajiさんにはさくらちゃんという素晴らしい一人娘がいる。
wajiさんのさくらちゃんに対する思いは「ラジオフライヤー」のときから随所にでてくるが、「青天の霹靂」でのさくらちゃんへのメッセージは読んでいる僕の胸が絞めつけられるほどの愛で満ちている。
たぶん、さくらちゃんはこれらの言葉をしばらくの間は見たくないだろう。
しばらくは封印しておきたいだろう。
40過ぎのおじさんの僕ですら死んだ父が映っているビデオテープをいまだに見ることが出来ない。
自殺というカタチで突然この世を去った僕の父が、死の前の数年、数ヶ月をどのような気持ちで過ごしたのか、僕や妹、そして母に対して言いたかったことはなかったのか、葬式の後、父の持ち物を整理しながら僕は必死になって探したのだけど、全て想像の域を出ない。
言いたいことはまだまだたくさんあっと思うが、wajiさんは自分の思いを家族やまわりの人に残るカタチで伝えることができたと思う。
「青天の霹靂」のなかでwajiさんはさくらちゃんにこういった言葉を残している。



さくらが いつもここ読んでくれてるのは知ってるんだ。 
恥ずかしいって感想は教えてくれないけどね 
良いんだよ お父さんだって 恥ずかしいもん



さくらは 見ててくれ お父さんの背中を見ててくれ
つらくて 目を背けるかもしれない それでも良いから 見ててくれ
きっと、この先 お前の為になるから
そして お父さんは お前が見てると思ったら
もっと、もっと、がんばれると思う
頼んだよ



娘は 何が有っても大丈夫と思うようにしました
俺の娘なのだから
この先も 一生懸命やって行くでしょう



じゃぁな さくら、 お前はお父さんの 自慢の娘だよ




さくらちゃんがボール投げている写真が添えられていたが、このボールはwajiさんに投げられ、そしてさくらちゃんの元へ何度も何度も繰り返し行ったり、来たりするボールだろう。
命をかけて戦っている父親が最愛の娘さんに伝えたかったこれらの言葉、これはさくらちゃんのこれからの人生を支える一生の宝ものになるに違いない。
さくらちゃんは大人になったとき、きっとそういった言葉や写真を冷静な気持ちで受け止めることができると思う。








f0137354_1102089.jpg












wajiさんの残した数々の言葉は僕の心の中にもたくさん落ちてきて、底のほうに沈んだままでいる。









f0137354_10565980.jpg









抗癌剤の副作用で髪が抜け落ちてしまうために頭を丸めたwajiさんの写真がブログにアップされていた。
しっかりと真っ直ぐに僕達を見つめるその目。
心に濁りのないその目。
まるで出家したお坊さんのよう。
このwajiさんのイメージは、今までのwajiさんをよく知る人たちにとってあまりにも実際のwajiさんとはかけ離れたイメージなのだろうけど、僕にとってこの顔がwajiさんのイメージとして完全に定着してしまった。
この顔とこのポーズ、とっても好きですよ、wajiさん。



あなたからたくさんのことを学びました。
さようなら、wajiさん。




wajiさんが残した言葉
「青天の霹靂」から抜粋


ある日 医者に 白血病と言われたおんつぁんの日記です
それまでは 写真のブログをやっていたのですが、急遽 入院になり
無菌室は、窓も無く 写真は撮れないよ
さてさて、どんな日記になって行く事やら



仕事中に 全身にジンマシンの様に赤い発疹が有るのを発見
かゆみは無く 本人はじんましんと思う



君,白血病だね。 治療しないといかんよ。と、の言葉
なんか,まるっきり 狐につままれた様な感じ



昼を食いながら かみさんと話す
とても,気丈に踏ん張っているかみさんだが
俺と同じ様に きっと泣きたいんだと思う
俺だって 泣きたいもの
無理するなよ 泣きたい時は泣きゃ良いんだよ
二人で泣き顔しながら 笑って話す



今は ただただ ありがとうと言うしか無いのですが
この先 自分が皆さんとともに健康を手にした先の人生で 宝物になり
新たな考え方の源をいただいている予感がします



悩め 悩め 悩むのは悪い事じゃない



俺の回りには ネットを通して応援してくれる暖かな人々がいっぱい居る



気を感じたら 感謝しよう 無償の愛って気かもしれない



今は みんなの力を借りても 闘うんだ
元気になって みんなに ありがとうって伝える為にも



この頃 すっかり 涙腺の弱くなった 私は 人の情けに触れると
涙が 止まりません



今の時代 二人に一人は 癌にかかるそうです
若い人達 それ以外の人も自分の問題と捉えて、がん保険の事考えてみませんか?



今までは、こんなに文章を書いた事は 無いですよ.どうしてだろう?
病気の告知から入院、 これは、俺の心の中に いろいろな想いが生まれて
考えるだけでは どうしようもなく、底に暗い闇が見える井戸を覗いた様な物です
しかし 書くと言う行為が紡ぎ出すものは 自分の考え方を はっきりさせ、
自分をもう一度、見いだしてくれます
前向きに進もうとする自分を発見し 俺は間違っていないと確認し、
自分を肯定的に好きになる事ができました



俺は決めたんですよ。自分の写真は 俺の物
好きに撮るぞって



そういやぁ~ 入院して しばらくしてから 怒りの感情が出て来なくなってる
この部屋に 居る性かも知れないけど、当然 誰も俺を攻撃して来ないし、いろんな方の世話になって 出てくる言葉は 感謝の言葉
怒りの出て来る隙間なんて無い



長い事 寝たきりで過ごす老人が 機嫌が悪くなって行くのが 分かる様な気がする
この痛み 誰にも分かってもらえない様な気がするんだろうな
なってみて,分かる事もいっぱい有るんだ



誰かがコメントにくれてたな~ 3歩進んで 2歩下がる ほんとだね
それでも、一歩は進むんだ
ゆっくり ゆっくり 確実に



俺の事を 精神的に強いと誤解されている方が いらっしゃるかもしれませんが、
そんな事は ないですよ
ポキッと折れそうになる事も有るんです



一進一退を繰り返す この闘い
あせっても 何も良い事なんか無いよ 
負けられないんだからな



素直に認めよう 出来ないことがいっぱい有るんだ
俺は病人
看護師さん達の世話に ならなきゃ出来ないことも 有るんだ



がんばれ 俺の体 俺には今 お前しかいない



今日は、生意気ですが いつもエールを頂く 皆さんに俺から、エールを送ろうと思います
一日一度 いや、二日に一度 もっと、十日に一度で良いから、生きようと思って生きて下さい
きっと感じが変わると思います
のんべんだらりと これまで 生きてきた 俺が思うことです
もう一度
生きようと思って生きて下さい
生意気ですが これをみなさんにエールとして 送ります











f0137354_1112750.jpg










大切なもの

「ラジオフライヤー」から


今回の写真は全てwajiさんの写真です。
かれのブログから使わせてもらいました。


wajiさんのご家族へ
今回の記事について少しでも不快感、問題がありましたらお知らせください。
そのときは削除しまので。
















by somashiona | 2011-02-12 11:09 | 人・ストーリー

<< previous page << 砂の城 | パーマカルチャーを作った男 /... >> next page >>