我が家の定番、インディアン・カリー







f0137354_1853399.jpg







めんどくさい時に作る僕の定番量はカレーライスだ。
いや、正確に言えばなんちゃってインディアン・カリー。
「今日はカリー(カレー)だよ」と子供たちに言えば、彼らの頭に浮かぶのはこのインディアン・カリーであって、タイ・カリーでも日本のカレーでもない。
彼らは日本のルーで作るあのカレーをジャパニーズ・カリーと呼び、たぶんモスバーガーが好きなアメリカ人が「たしかに美味しいし、バーガーなんだけど、でも僕のバーガーの定義からは外れるよなぁ、、、」と思うのと似た感覚を持っているのかもしれない。
インディアン・カリーやタイ・カリーは彼らの家、友人宅、ホバートのレストランなどで何時でも食べれるが、ジャパニーズ・カリーは彼らにとって異国情緒たっぷりの特別な一品なのだ。






f0137354_19145789.jpg







話は逸れるが、大学生の頃、札幌の円山にある本格派イタリアンレストランではじめてトマトソースのパスタを食べたとき、それまでゲームが置いてある喫茶店や大学の学食で食べていたミートソーススパゲティやナポリタンとまったく味が違って驚いた経験がある。
一緒にいたガールフレンドに「これって美味しいけど普通のスパゲティと味が全然違うよね」と言うと、高級レストランに行き慣れていた彼女が不思議そうな顔をして僕を見つめた記憶がいつまでも鮮明だ。
僕にとってカレーといえば、やはりスキー場の食堂で蒸れたスキー靴を引きずって食券を買って食べる、あの「カレールーで作りました。別に特別なことは何もしていません」的なやつなのだが、残念なことにオーストラリアでは(タスマニアでは)スパイスで作るインディアン・カレーの方が日本のカレーライスより遥かに安上がりなのだ。






f0137354_18545654.jpg







インド人に会うたび「君の家ではどうやってカレーを作るの?」と必ず聞いてみる。
殆どの人はかなり熱を込めて彼らの家庭の味(彼らのおふくろの味)インディアン・カリーの作り方を教えてくれる。
彼らは本当に毎日カリーを食べているのだ。
ジンジャー、ガーリック、ターマリック、コリアンダーパウダー、ソルト、トマト(ホールトマトの缶)、カレーパウダー、ホットチリパウダー、オニオン、これさえあればあとはどうにでもなる。
肉があればチキンでもビーフでもラムでもよし、野菜と豆類だけでもよし、なんでもござれだ。
僕はサフランライスを使わず、オーストラリア産のミディアムグレインホワイトライス(標準的な白米)かブラウンライス(玄米)にカリーをかけ、プレインヨーグルトも添えて食べる。
一度つくると、ついつい食べ過ぎてしまう危険な食べ物だ。
子供たちがいないときは、翌日もカレーが続き、心なしか肌が黄色っぽくなっている気がする。
フライパンや鍋の周りが毎回見事に汚れてしまうのも困りものだ。
とくにターマリックは一度こびり付くとなかなかあの黄色い色がとれない。






f0137354_19214451.jpg




















にほんブログ村写真ブログに参戦中。
ハヤシもいいけど、カレーもね、と思った人はポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2011-05-24 20:01 | デジタル

<< previous page << ソーマの情熱 | MONA、今タスマニアで一番ク... >> next page >>