窓辺で子供たちと




崩してしまった体調が戻らぬまま週末を迎えた。
ここ数日冷たい雨が執拗に降り続き、それは終息に向かうどころか勢いを増している。
土曜の朝に子供たちを迎えに行き、途中で食料品を買った。
僕はどういうわけか服を着ている状態で濡れることが死ぬほど嫌いだ。
黒板に爪を立ててキ、キ、キィ〜ッと音を立てられると身体をよじってしまうのと同じレベルで、床屋で髪に水のスプレーをされたり、雨で首筋に雨滴が落ちると、身がよじれる。
僕の妹も同じタイプらしく、たぶん御先祖様で水攻めの拷問にあった人がいるに違いないと、僕は睨んでいる。
雨合羽のフードをしっかり被り、子供たちにももちろん買い物袋を分担して持ってもらいながら、水たまりにスニーカーが嵌らないよう雨の中を急ぎ足で移動する。
子供たちと過ごす週末は朝、昼、晩とできるだけ美味しい物をたくさん作りタイと思っている。
バターや砂糖の制限は考えず、とことん食べることにしている。
日本で食べたモスバーガーの照り焼きチキンバーガーに感銘を受けた子供たちのために、この日の昼食は照り焼きチキンとキャロットスープにキャベツのサラダを作った。
食後、ソーマが日本で撮った写真のスライドショーで盛り上がる予定だったが、頭痛に耐えられず僕はベッドに沈没。
子供たちがいるにもかかわらず、寝室に閉じこもり、死んだように寝てしまった。


目が覚めるとすでに夕方の6時半。
まだ頭はガンガンし、吐き気がする。
夕食は子供たちに作ってもらうことにした。
この日のヘッドシェフはシオナ。
シオナお気に入りのシェフ、ジェイミー・オリヴァーのレシピでミートボール・スパゲティだ。
YouTubeで作り方を確認し、メモを取る。
僕は出来上がりの写真を撮る気力もなく、食後にソーマのスライドショーを3人で鑑賞してから、またベッドに潜り込む。








f0137354_18283520.jpg









f0137354_1829760.jpg









f0137354_18293038.jpg









f0137354_18295571.jpg









f0137354_1830222.jpg












翌朝の日曜日、僕は8時半に起きた。
子供たちの相手をきちんとしてあげられないことを彼らに詫びると、「全然平気だよ!」とニッコリ。
それもそのはず、時間制限無くそれぞれ自分のパソコンで朝から二人ゲームに没頭しているのだから。
この朝は雨だけでなく、強風が吹き荒れていた。
窓の外は、朝なのにまるで一日の終わりが近づいているかのような暗さだ。
キッチンで3人揃って朝食を食べた後リビングに戻ると、外は雨に混じって雪が降りはじめていた。

「Look, look, it's snow outside!」(見て、見て、外は雪だよ!)と僕。
寒い冬とはいえども、ホバートの街の中で雪が舞い散るのを見れるのは年に数回あるかないかだ。
札幌育ちの僕でも、ここで雪が降るのを見ると少し興奮する。
僕たち3人は並んで窓辺に立ち、冷たい窓に手を当てて、灰色の空から落ちる雪や雨をしばらく眺めた。

「ダディ、これはSnow(雪)じゃなくてSleet(スリート)だよ」とソーマが朝のニュースに出てくる気象予報士のような顔で言う。

「え、なんだって?Sleep(スリープ)?」と僕。

「Sleep(寝る)してばかりなのは今週のダディのことで、僕が言っているのはSleet。あのね、雪と雨の中間くらいの奴で、シャーベット状の奴だよ」ソーマの視線はまだ空から落ちてくるスリートを追いかけている。

「ああ、なるほど、みぞれのことか!」とやっと理解する僕。

シオナは窓を開けて手に当たってはとけるスリート(みぞれ)を楽しんでいる。
そのとき、ゴ、ゴ、ゴォーというものすごい音がして建物全体が揺れた。
外からはバキバキ、家の中はミシミシと音がして、そして突然また静かになった。
ほんの1、2秒間のことだったろうが、それはまるで透明な色をした巨大な人物がこの建物に肩から体当たりをし、建物を貫通したあと、走り去ったような感覚だった。
ものすごい大きな強風の塊がぶつかって、去っていっただけだろうが、あまりの音と衝撃で、一瞬僕たちは何が起こったか分からず、目を皿のように大きく見開いてしばらくお互いを見つめ合っていた。

「こんなの初めてだね、、、」とソーマ。

「すっごく怖かった、、、」とシオナ。

「地震かと思った、、、」と僕。

「また来るかな、、、今度来たら家壊れるかもね、、、」とソーマがちょっと心配そう。

僕たちは3人、窓辺で外を見ながら寒さのこと、天気のこと、自然災害のこと、学校のこと、ゲームのことなどを話し合い、そのうちにまた襲ってくるかもしれない風のことは忘れた。

こういう会話、こういう時間がとけてしまわず、いつまでも結晶のように記憶の片隅に引っかかっていればいいのに、と思いながら僕はコーヒーを飲んで、空と彼らの顔を交互に見つめた。










f0137354_18304654.jpg









f0137354_1831792.jpg









f0137354_18313159.jpg









f0137354_18333094.jpg











シオナが見ていたYouTubeはこれ。
最近は毎週末ジェイミー・オリヴァーくんのレシピでなにか作っている僕たち。
彼のレシピは美味しいだけでなく、彼の話す言葉や身のこなしがまたいい。

















にほんブログ村写真ブログに参戦中。
美味しいものと楽しい会話があれば、それで幸せ、と思った人はポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2011-07-10 18:46 | ソーマとシオナ

<< previous page << ヨハンの朝 | シェフィールド、冬の朝 >> next page >>