オーストラリアで朝食を



日本に住んでいる外国人で朝食に納豆を食べる奴を見ると、こいつ、しっかり日本に馴染んでいるなぁ、と思ってしまう。
パーティなどで話題が世界の食文化のことになると、日本を訪れたことがある人は忘れ難い納豆の体験談をよく持ち出す。
その匂い、ネバネバ、味がどんなにグロテスクだったか、この説明がはじまるとかなり盛り上がるし、日本人の僕も聞いていて思わず笑ってしまう。
それの逆ヴァージョンのように、オーストラリアに移民した人たちはベジマイの初体験を話しだし、これがまた盛り上がる。
ベジマイとはVegemite(ベジマイト)のことで、オーストラリアを代表する食品と言っても過言じゃない。
フィラデルフィアクリームチーズで有名なCRAFT社(クラフトフーズ社)から出ている。
ベジマイが日々の生活の中で登場するのはおそらく90%以上の確率で朝食時だろう。
こんがりと焼かれたトーストの横にベジマイの容器が置いてあると、ベジマイを知らない人はチョコレートのような甘いモノがその中に入っていて、それをパンに塗って食べるのだろう、という勝手な思い込みに陥り、ベジマイをタップリとトーストに塗りまくる。
そして、口の中に入れた瞬間に凍りつくのだ。
あまりの強烈な味にそれ以上噛むことも、ましてや飲み込むこともできず、招かれたお宅のテーブルで、もしくはB&Bのテーブルでお行儀の悪いのを承知の上で口の中からベジマイを吐き出すことになる。
大袈裟ではなく、何人もの人からこの話を聞いているし、何度かこの瞬間を目撃している。
その味はまるで赤味噌の中にパルメザンチーズ、ガルムマサラ、イカの塩辛をしっかり混ぜあわせ、湿気の多い日本の夏のテーブルの上に2週間置きっぱなしにしたような味だ。(すみません、想像力、表現力無さを感じます)
そんな味なのに、オーストラリアではかなり昔から(1923年以降)多くの人に愛され、オーストラリアの朝の食卓には欠かせない一品なのだ。

最初はベジマイの強烈な味に驚き、強い拒否反応を示した僕だったが、オーストラリアに移住してからかれこれ10年、今ではキッチンのピーナッツバターとブルーベリージャムの容器の横に堂々と並び、月のうち1、2度は朝食に登場する一品となった。
パン屋さんが作る焼き立ての美味しいパンの表面を少しだけトーストし、そこにバターをたっぷり塗り、サラッと(ここが大切、ほんの少しだけ)ベジマイを塗ると、これがなかなか美味しいのだ。










f0137354_1031877.jpg











f0137354_1034047.jpg












と、こんなにベジマイの話をした後にこんな事を言うのも何だが、オーストラリア人に「朝食は何を食べるの?」と聞いて返ってくる最も多い答えはウィートビィックス(Weet-Bix)だ。
これはサニタリウム社から出ている全粒小麦のビスケット型シリアルで、食物繊維、鉄分、ビタミンB1を多く含むとてもヘルシーな食品なのだ。
僕の両親がはじめてタスマニアを訪れたとき、朝起きてキッチンへ行くと彼らは苦虫でも潰したような顔をしている。
どうしたのか?と聞くと、朝早くに目覚めてしまい、お腹が空いていたので何かないかとキッチンを探したそうだ。
するとウィートビィックスが目に入ったので、さっそくそのままバリバリと食べてみた。
ビスケットのような甘さが口に広がるのを期待していたのだが、まるで小麦粉でも食べているような味にショックを受けたらしい。
僕も最初は同じことをしたので、笑ってしまった。
ウィートビックスは基本的に多くのシリアルと同じでミルクをかけて食べる。
僕はそれにバナナやイチゴ、それと必ずハチミツをタップリと入れて食べる。
手軽で健康的なので、忙しい朝にはかなり重宝するのだ。










f0137354_1035931.jpg











f0137354_1041822.jpg











ベジマイもウィートビックスも日本では馴染みのない食べ物だと思うが、機会があったら話のタネにぜひ挑戦して欲しい。










ベジマイが世界的に有名になったのはオーストラリアのバンド、メンアットワーク(バンドの名前が「作業中」かよ!)のダウンアンダーというヒット曲のためらしい。
ダウンアンダー(down under)とはイギリスから見て地球の反対側、そう、オーストラリアのことを指す。
この曲、ダウンアンダーの中の歌詞にこうある。

ブリュッセルである男からパンを買った
6フィート4インチもあるマッチョな奴だ
「ねえ、あんた、僕のお国の言葉、話せる?」って聞くと
奴はニヤリと笑ってベジマイのサンドイッチを僕にわたした
で、奴はこう言った
「俺はダウンアンダーからやって来た。そうビールを浴びるように飲んで、ゲロ吐くところさ」





ベジマイのTVコマーシャルもおまけで
























にほんブログ村写真ブログに参戦中。
わたしもベジマイで倒れたことがある、と呟いた人もポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2011-12-17 10:14 | デジタル

<< previous page << 撮り続ける者に写真の女神はほほえむ | ナイティ >> next page >>