タスマニアからメリー・クリスマス



今日はクリスマス・イヴ。
ほとんどの人たちはクリスマス・ホリデーの真っ最中。
日本の正月のように、ここオーストラリアでも今日、明日はどんちゃん騒ぎをするのではなく家族が集まり、クリスマス・ランチやディナーを共にしプレゼントを交換する。
僕のように計画性なく道楽にじゃんじゃんお金を使ってしまう男は、人々が幸せを噛みしめるときに、歯を食いしばって働かなくてはならない。
今年は友人たちからのクリスマス・パーティのお誘いも全て断った。
一に仕事、二に仕事。
せめて子供たちと何かしようと思い、彼らの予定を聞くと、「ダディ、クリスマスは稼ぎ時だから頑張って働いたほうがいいよ」と言われガァ〜んときた。
よし、わかった、ダディは働くぞ!


明日のクリスマスに子供たちと2時間くらい会う時間がとれた。
クリスマス・プレゼントを届けに行く。
キャンプなどで使うヘッドランプ、そして海で使うボディボードをソーマとシオナに一つずつ買った。
そしてさらに、シオナにGIANT(ジャイヤント)のマウンテンバイク(値段の高さにダディ、泣いてしまいました)。
ソーマには彼が前から欲しがっていた僕のEOS 30Dとシグマの17-70mm f2.8-4.5DC Macroをあげることにした。
親の僕が言うのもちょっと手前味噌だが、ソーマの描いた絵を見るたびに彼の構図力、見たものを切り取る力に驚く。
彼はたぶんナチュラルな構図のセンスがある。
それに加えて彼は数字に強い。
アンセル・アダムスをはじめ多くの写真家が言っているが、写真は数学的要素が強く、数字に強い人は写真が上手くなるのが早いらしいのだ。
彼に写真家になってほしいとは思わないが、写真がくれる素晴らしい体験をぜひ彼にも味わって欲しい。
ちなみに僕は世の中で数学が一番嫌いです。涙


EOS 30Dの話は前にしたが、このシグマのレンズも予想に反して随分使った。
このレンズ、奈良の硬派な写真家ナチュレアさんに勧められて購入した。
日本からこのレンズをタスマニアに運んでくれたのはシグマは絶対に使わない運び屋写真家のAさんだ。
キャノンの純正レンズに比べるとかなり安いこのレンズ、仕事ではなく、プライベートのスナップショットで使い倒そうとお気楽に考えて使い始めたのだが、そのサイズや描写力、f2.8が使え、おまけにマクロもいけるというマルチな才能に惚れてしまい、雑誌や新聞の仕事でもかなり使った。
弱点といえばオートフォーカスの遅さくらいだったが、ピントはマニュアルで使っていたのでさほど問題ではなかった。
ブログをやっているといろんな人から撮影のテクニックや機材についての質問のメールが来るが、「オススメのレンズは?」と聞かれると必ずこのレンズの名前をあげた。
僕の妹からはじまって、少なくても6人以上はこのレンズを購入した。
シグマさん、クリスマス・プレゼント、待ってます。


今日、仕事が終わった後、沢山の思い出といい写真を僕にくれたEOS 30Dにシグマをつけて夜のホバートの住宅街を車で流した。
家族が集うタスマニアのクリスマスの家々、その雰囲気を撮りたかったからだ。
ほんの一時間ほどだったが、30Dとシグマくんにいいお別れの挨拶ができた。
明日はソーマの手の中だ。
いいかソーマ、傑作を撮るんだぞ!

メリー・クリスマス!












f0137354_2134027.jpg











f0137354_21354048.jpg











f0137354_21355743.jpg











f0137354_21361513.jpg











f0137354_21363238.jpg











f0137354_21371923.jpg











f0137354_21374186.jpg











f0137354_21375988.jpg











f0137354_21382056.jpg
















久しぶりに「人気ブログランキング」参戦。
目標は10位以内だ。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



おっ、あらっ、只今12位

目標の10位以内まであと少し!



私の家の玄関にも光るトナカイが欲しい、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!








by somashiona | 2011-12-24 21:51 | デジタル

<< previous page << ミモちゃんとズーズーちゃん | 何でも顔になっちゃう >> next page >>