緑のドア



タスマニアの夏は短い。
ここ南半球の1月は真夏だが、それでも僕の住むホバートの1月の最高気温の平均は25.8度、最低気温の平均は17.2度とちょうど北海道の夏のように涼しい。
北海道で生まれ育った人間は実は寒さに弱く(暑さにも弱い)、タスマニアでの生活はこの時期を除いてほとんど寒さに震えている気がする。
だからこそ、部屋の中でTシャツで過ごせるこの時期を堪能しなければならない。
仕事が夜にあるときは、朝から夕方まで玄関のドアも家中の窓も開けっ放しにする。
そうすると部屋の中を夏の緑の匂いを含んだ風が爽やかに流れる。
近くの小学校のグランドで遊ぶ子供たちの声や、近所の誰かがピアノのスケールを練習する(間違いなく初心者)ぎこちない音も夏のそよ風と共に部屋へ流れこみ、しばし僕を満たしてくれる。
風が吹き込む玄関のドアも、庭の緑の反射を全身に受け、心なしか幸せそうだ。









f0137354_805627.jpg


















久しぶりに「人気ブログランキング」参戦。
目標は1位だ。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


1位1位1位1位1位1位1位、言い続ければ夢は叶うものだと多くの人たちが説いてます。只今4位



あなたは夏かもしれないけれど、こっちは真冬で大変なんだから!と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2012-01-05 08:13 | デジタル

<< previous page << 女心とタスマニアの空 | ソーマの頭痛 >> next page >>