はじめてのネクタイ



タスマニアでは日本の幼稚園に当たるキンダ(キンダガーデン)の後から義務教育がはじまる。
プレップで1年間ウォーミングアップをし、ブライマリースクール(小学校)に6年、そしてハイスクール(日本の中学から高一まで)に4年、それからカレッジ(日本の高二から高三)の2年を経て義務教育が終わる。満6歳から17歳までが義務教育期間だ。
ソーマは今12歳、プライマリースクールを終え、来週からハイスクールに通う。
彼が通っていたプライマリースクールは国公立だったが運良くオーストラリアの中でも素晴らしい学校として評判が高いところだった。
しかし、彼の住むエリアで納得のできるハイスクールがなかったので、車で30分ほど離れたところにある私立の学校に通うことになった。
彼が今まで通っていたプライマリスクールは全校生徒がお互いの名前を知り、学年を超えて学習や様々な行事を行っていたので、学校がまるで大家族のようだった。
プライマリースクールからずっと一緒だった友達と別れ、誰も知っている人のいない学校に来週から通うソーマは、彼としては珍しく、少しナーバスになっている様子。
先週末、ソーマが僕にこう訊ねた「ねえダディ、この週末、いつでもいいからネクタイの結び方を教えてくれる?」
「え、なんだお前、就職活動でもするのか?まだちょっと早いんじゃない?」とトボけたダディ。
「違うよ、今度の学校の制服はネクタイをしなきゃ駄目なんだ。ネクタイをしてジャケットを着て、フォーマルな行事があるときはロングソックスにショートパンツ、それと黒い革靴も履かなきゃダメなんだよ」とソーマ。
「よしわかった、プレーンノット、ダブルノット、ウィンザーノットにセミウィンザーノット、全部教えてやるから、まかしとき!」年に5回くらいしかネクタイをしないダディが得意げにいう。
「やめてよダディ、一種類だけでいいんだってば!そんなにたくさん覚えられないよ!」とソーマは少し心配そう。

翌朝、まだ寝起きのソーマに白いシャツとネクタイを貸し、さっそく特訓開始。
髪の毛は逆立ち、ズボンはまだパジャマのままだが、まあいい。
息子の肩越しに座り、何度かネクタイをゆっくり締めて見せる。
もちろん、一番簡単で基本形のプレーンノット。
エクボを付けるのも忘れてはならない。
メンズクラブ(雑誌)見ながら何度も練習したよなぁ、、、。
僕たちのネクタイ特訓風景をシオナが写真に収めている。
寝ぼけ顔のダディやソーマと違い、シオナは朝早くから僕たちのために、朝食のホットケーキを一人せっせと作ってくれていたので、おめめパッチリだ。
シオナにとってもネクタイは未知なので、興味津々だったが、すぐに飽きて、窓から差し込む光で一人遊びをはじめた。
ソーマ、何度やっても上手くいかない。
バスルームに移動して、大きめの鏡に向かい何度もネクタイを結んではほどく。
白いシャツにネクタイの息子の姿を見ていると、なんだか不思議な気分だ。
スニーカーは27.5cmでも小さく、身長もすでに僕より明らかに高い。
最近口の周りの産毛も心なしか濃く、目付きが以前よりきつく、声もかすれはじめている。
こいつ、いきなり大人になってきている。
ああ、、、急ぐな、急ぐなってば、、、。

「ソーマ、いいこと教えてやろうか?折り紙を折る、あの感覚でやればいいんだよ」と僕がいうと、突然顔色が明るくなり「あっ、そっか、そういうことか、なんとなく言っている意味わかるよ」とするすると良いノットを作り始めた。

この子はこれからの長い人生で今後幾度となくネクタイを締めるだろう。
今日がその最初の日だ。
子供たちのはじめてに立ち会うとき、親としての責任を再確認させられる。




















f0137354_19102892.jpg











f0137354_19104470.jpg











f0137354_19105869.jpg











f0137354_1911144.jpg











f0137354_19124038.jpg











f0137354_1913710.jpg











f0137354_19132341.jpg











f0137354_19133882.jpg











f0137354_19135944.jpg











f0137354_19141412.jpg











f0137354_19142915.jpg























久しぶりに「人気ブログランキング」参戦。
目標は1位だ。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


おっ、おっ、お、お、お〜〜〜〜ぬぅあんと〜〜〜1位じゃないですか〜〜〜〜!!!!
 確か、(米女優の)シャーリー・マクレーンが何度もアカデミー賞にノミネートされた末にようやく取ったとき、『私がもらって当然だと思う』と言ってたらしいが、だいたいそういう感じです、、、な〜んて冗談、冗談、ヤッホー、イェ〜い、アチョー、ぬはは〜、さあ、皆さんご一緒に、バンザーイ、バンザーイ、バンザーイ!マジで1位になっちゃいました。
いやぁ〜、うれしいなぁ〜。
あっ、またすぐに2位に戻るかもしれないから証拠写真、証拠写真。
これで思い残すことなくブログから足を洗うことができる、、、いや、いや、まだ続けます!
この後の夢は、、、え〜、まずブログが書籍化されて、それが日本でミリオンセラーになって世界各国で翻訳されて、あれよあれよという間に売上がハリーポッターを越えて、当然の流れで映画化されて、主演女優を演じたスカーレット・ヨハンソンと恋におちて、、、えっ、いい加減にしなさいって?すんません。
この1位、果たして寿命はどれくらいでしょう?
とにもかくにも、皆さん、本当に応援ありがとう。
この数週間、ブログを見てくれている皆さんと一体感を感じました。(この日本語正しいか?)
僕のブログを好んで見てくれる人は濃い人が多い、とずいぶん前から言われ続けていましたが、応援してくれた皆さん、あなたは正真正銘、濃い人の仲間入りです!
あなたの身体にはこてこての濃い血が流れています。
さあ、それを認め、濃い記事や写真にも眉をひそめず、これからもポチッとしましょう!
今後とも宜しくお願いします。チュ♡






f0137354_19173635.png











いい大人がはしゃぎ過ぎだと思った人もポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!








by somashiona | 2012-02-02 19:58 | ソーマとシオナ

<< previous page << パンケーキ・トゥエンティナイン | テレビ番組をめぐる戦い >> next page >>