後ろ姿は撮らない?







f0137354_837628.jpg













小さな港にある桟橋を歩いていると親子が仲睦まじく釣りをしていた。
聞こえてくる会話から、二人がかなり真剣に、釣りに取り組んでいるのがわかる。
風になびくお父さんのポップなシャツにあるプリントの黄色、帽子の黄色、桟橋にペイントされた黄色、万が一に備えて着せられている子供のライフジャケットの赤、靴の赤、お父さんのショーツの赤、カバンの赤、そういったものが上手く揃っていると自然に目が引きつけられる。
子どもがいるのでお父さんに写真を撮る了解を得てから二人の表情を狙ったが、どう考えても最初に目に入った後ろ姿の印象の方が二人の表情より写真として勝る。










f0137354_8372818.jpg











f0137354_8374063.jpg














人を撮ることをメインに写真をやってきた僕としては、後姿の写真というものに少し抵抗がある。
なにか被写体から逃げている気がするからだ。
顔を出せないがゆえ後ろ姿になったり、モザイクをかけなければいけない写真なら、僕は最初から撮らないことにしている。(僕の個人的信条だ)
しかし、世の中には後ろ姿だからこそ説得力のある写真もたくさん存在する。
たとえば写真史に残る後姿の写真の名作は?と問われれば僕はユージン・スミスの一枚と






f0137354_8375497.jpg







マーティン・ムンカッチの一枚がすぐに頭に浮かぶ。






f0137354_838323.jpg







これらの写真の中の人物が正面を向いていたのなら、不朽の名作にはならなかっただろう。
人は写真の中に人物を見つけると、まずは表情に目が行く。
ポルノ雑誌の裸の写真ですら、読者はまず最初にモデルの顔をみるらしい。
写真の中に人物がいると、表情を見て、体の動きを見て、全体を見て、その写真の中の状況を理解しようと思うのだ。
表情のない後ろ姿の写真の魅力は、体の動きや置かれている環境からその人物の感情や置かれている状況を想像するところなのだろう。
ストーリーを読ませる写真というものをもっと積極的に撮りたい、とこの二人に出会ったときに思った。






















人気ブログランキング」参戦中。
目標の1位になったけど、まだまだ本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


本日もまだ1位。ありがたいねぇ〜。それもこれも今ポチッとしたあなたのおかげです。礼



わたしは後姿の写真を撮られると後頭部の薄い髪がバレてしまうので好きでない、と思った人もポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-02-09 08:46 | デジタル

<< previous page << 窓 | ティーンエイジャーの恋 >> next page >>