家に来るネコ





最近、やたらと目が逢ってしまう奴がいる。
僕の家のまわりに出没するネコだ。










f0137354_19254067.jpg











初めの頃は窓から夕陽が沈む様子を見ている時など、眼下で時々うろちょろしているネコがいるな、くらいの認知度だったが、最近は少し違う。










f0137354_19261459.jpg











f0137354_192642100.jpg











f0137354_1927658.jpg











玄関のドアの横に椅子を一脚おいている。
靴の紐をしばったり、買い物袋をいったん置いたり、まあ、あってもなくてもいいようなピンクのマイチェア(my chair)だ。
仕事が終わり、無防備で玄関のドアに近づくと黒い物体が突然僕の目の前で飛び上がり、ギャオ〜と奇声を上げる。
僕はネコの奇声より大きな声を出して玄関の階段を踏み外しそうになる。
昼間でも驚くが、夜中だとなおさらビビる。
どうやら、僕のピンクのマイチェアがネコくんのくつろぎのユアチェア(your chair)になりつつあるようだ。
彼は(彼女かも)いつでもその椅子にいる。










f0137354_19284830.jpg











f0137354_1929611.jpg











f0137354_19292896.jpg











正直言って、僕は猫が苦手だ。
エドガー・アラン・ポーの小説「黒猫」を読んだことがあるだろうか?
子供の頃、ネコにまつわる怖い話をさんざん聞かされたせいか、「猫:化猫、怨念、呪い、不吉な予感」のような連鎖が頭の中にある。
ネコを見つけるとすぐにしゃがみ込み、「おいで、おいで」と呼びかけての指を舐められるシーンをたまたま見るが、そのたびに「こいつは10分前に軒下で血の滴るネズミを口に加えていたに違いない」と僕は考えてしまう。(猫好きの方、ごめんなさいねー)










f0137354_1930021.jpg











f0137354_19303070.jpg











f0137354_19304937.jpg











f0137354_1931742.jpg











それなのに、家に来るネコの出現頻度は日増しに多くなっている。
以前は僕を見ると一目散にどこかへ逃げてしまったが、最近は2、3メートル程逃げると一度立ち止まり、僕にガンを飛ばすようになった。(いや、見つめているだけかもしれないが)
朝、コーヒーを淹れているとき、窓の外から僕を観察していたりすることもある。
(おい、ネコくん、僕にもプライバシーってもんがあるんだ!)










f0137354_1931501.jpg











f0137354_19321383.jpg











ネコの写真を好んで撮る人はたくさんいる。
たしかに、被写体としてもネコは魅力的なのかもしれない。
「ねこのあくび」というとても素敵なブログもあるが、僕がネコを撮るときは、あくびどころか、いつでもバリバリのガンの飛ばし合い、睨み合い、ここがアフリカでネコがもしライオンだったら、この後僕は食べられているだろう。
ポートレイトでは、撮り手の心の状態や、態度が被写体にとても反映される。
ある意味、僕が撮っているネコくんのポートレイト(というよりパパラッチ写真)も僕の心の状態が素直に反映されていると言えなくもない。
余談だが、このネコを見かけるようになって以来、あの「幸せを運ぶ白い鳩」の姿をまったく見かけていない。(猫好きの方、怒らないでねー)










f0137354_19331941.jpg











f0137354_19334276.jpg











f0137354_19345553.jpg











f0137354_19352923.jpg











f0137354_19355966.jpg











f0137354_19363474.jpg






















人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


あらっ、2位の座も危ない!でも、こればっかりは、僕の努力じゃどうしようもありません。皆様のポチッにかかっています。よろしくねー!



ネコ好きの私としては今回の記事にポチッとするわけにはいきません、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-02-26 19:43 | デジタル

<< previous page << 納得いかない、、、 | ノースホバートの夜 >> next page >>