サラレナイ



昨日のクラッシック音楽の話しの続きのようになってしまうが、僕が音楽に目覚めたのは小学校3、4年のとき。
前にもブログで書いたことがあるが、大好きな従姉妹のお姉ちゃんたちが聞いていた、当時世界的大ブームを巻き起こしていたベイ・シティ・ローラーズというイギリスのアイドルロックグループの音楽に心を鷲掴みされた。
従姉妹のお姉ちゃんたちが僕のためにベイ・シティ・ローラーズのベスト盤を作って、カセットテープに録音してくれたのだ。
それ以来、音楽は僕を虜にしたし、僕にとっての音楽とは洋楽のことを指していた。
何度も何度も繰り返し聴いていたので歌詞は音で覚えてしまう。


エス エー ティユアー ディエワイ ナイ 
キーポンデエンスィトゥーズロックンローオンサラレナイサラレナイ

S. A. T. U. R. D. A. Y. Night
Keep on dancing to the rock and roll on Saturday night Saturday night



小学校の頃、英語の歌詞を調べようという考えは頭に浮かばなかったが、音的には耳で聞こえたとおり言う方が本物の英語に近い。笑
今でもSaturday(土曜日)と英語で書くときは100%、この歌と共に綴る。
彼らのLPレコード(何のことですか?と聞かないように)を生まれて初めて買ったとき、それぞれの歌の訳詞を読んでみて、今まで音だけでイメージしていた歌の内容と近かったり、あまりにもかけ離れていたりと、喜んだり、驚いたりした。
歌詞の内容が分かったとたん、一曲一曲がさらに身近なものになり、自分の中に深く入ってくるのを感じた。
クラッシック音楽の曲のストーリーを理解し聴くということは、きっとそういうことなんだろう。
洋楽が好きな日本人でも歌の歌詞に関してはあまり関心がないという人が多いと思うが、いつも不思議に思うのだが、ビートルズのファン(日本人の)はビートルズの曲のほとんどの歌詞を英語と訳詞版で覚えていることが多いに驚く。
ビートルズのファンは彼らの曲を英語でしっかりと歌えるのだ。
彼らの中にビートルズの曲がどんなに深く染み込んでいるのかうかがい知れる。
マイケルジャクソンのファンのどれだけの人がマイケルの曲を訳詞を記憶し、英語で歌えるだろう?
僕もマイケル・ジャクソンは大好きなのだけど、歌詞を全部憶えている曲はひとつもない。(これは僕だけの話か?)
話は少し変わるが、海外で住むようになってから日本で使っていたカタカナ英語の意味が突然わかって驚くことがある。
例えば、オーストラリアでシーチキンくだいさい、というと言われた人の頭の上にはたくさん?????が浮かぶ。海の鶏肉????と。
こちらではTuna Can (ツナ缶)だ。
コンビーフはCorned Beefで通じるが、Cornedが塩漬けという意味だと分かってから、なぜか手を出さなくなった。
僕の苦手な分野だが野球ひとつとってもそこで使われている英語をよくよく考えるとかなり面白い。
キャッチャーミット(受ける人の手袋)
バッター(こん棒人間)
ランナー(走る人)
ファール(禁じ手、圏外球)
スチール(盗み)
ボール(タマ)
バント(頭(角)で突く、ぶつかる)
セーフ(安全)
ピッチャー投げた!こん棒人間、打った!圏外球。受ける人、手袋の下でピッチャーにサイン送っています。あ、走る人が盗みを働きました、安全です!
英語が母国語の人は、どういう気持で野球を見るのだろうか?

明日のサラレナイト(Saturday night)は仕事だ。
あ〜あ、旅に出たいなぁ。











f0137354_10484015.jpg











f0137354_1049240.jpg












本日の写真もテキストとは無関係です。
土曜の夜、はじけることが出来ない人のための、心落ち着く写真にしました。













サタデーナイト / ベイ・シティ・ローラーズ





















人気ブログランキング」参戦中。
まだまだ本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


2位になったり、3位になったり。皆さん、ポチッとしてくれてありがとね!



英語で歌える曲が10曲以上あると自慢できる人も、エービーシーディーイーエフジーというアルファベットの唄しか歌えない、と思った人もポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-03-09 10:58 | デジタル

<< previous page << 今を生きる | 浄められた僕 >> next page >>