鳥たちがいる秋の色 #1


日本なら、鈴虫の声が聞こえたり、空を舞うトンボを見ると、「ああ、もう秋だなぁ」としんみり思うが、ここタスマニアに住んでいると虫の声で季節を感じる日本人の繊細な感覚など忘れてしまう。
サマータイムが終わり、朝晩にヒーターのスイッチをオンにする頃になると、「くそっ、もう秋だ」と思う。
満喫しきれなかった夏に、未練タラタラだ。


ブロックリーエステイトでの撮影はニワトリやターキーたちの気配を常に視線の端や背後に感じながら行った。
おかげで、僕にとっての今年の秋のイメージは、少なくてもヒーターのスイッチなどではなく、ニワトリやターキーと共にある。


「ブロックリーエステイトの秋の色を撮ってほしい」という依頼だったが、指定された日程は秋の色を写し込むには少し遅すぎた。
3日間続いた暴風雨が秋の色をすっかり消し去ってしまったらしい。
どうしたものか、、、と最初はストーリーをはじめる手がかりが掴めず、三脚を肩に担いで黙々と歩いていたが、それでも、絨毯のように地面に広がる落ち葉や枯れた小枝を踏みしめるときの乾いた音が、僕の想像をゆっくりと膨らます手伝いをしてくれた。


秋というのは、静かに待ってさえいれば、必ず向かうから何かがやって来る季節だ。
















f0137354_1710481.jpg













f0137354_17102932.jpg













f0137354_17105122.jpg













f0137354_17111279.jpg













f0137354_1711318.jpg













f0137354_17115556.jpg













f0137354_17122066.jpg













f0137354_1713324.jpg













f0137354_17141629.jpg













f0137354_1714446.jpg













つづく (To be continued)


























Brockley Estate(ブロックリー・エステイト)のウェブサイトは「ここで」

























人気ブログランキング」参戦中。
まだまだ本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


うん、ランキングとの縁が少し戻ってきた。ポチッもそのまま継続してお願いします!



世の中、黙って待っていては何も手に入らないの!、と怒っている人もポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-05-17 17:27 | 仕事

<< previous page << 鳥たちがいる秋の色 #2 | ちょっと遅めの贅沢昼食編 >> next page >>