シェアラー#1




羊の毛刈りのイメージは、やはり毛を刈る職人であるシェアラーだ。
彼らの集中力には恐れいった。
どんなに仲間たちが楽しいジョークで笑っていても、この二人のシェアラーだけは決して会話に加わることなく、懇々とひたすら毛を刈る。
ハンドピースと呼ばれるバリカンのような機械が常に唸りを上げているため、彼らは耳栓をしている。
なので周りの会話など、まったく耳に入らないのであろう。
一頭の毛を刈るのに、ものの数分しかかからない。
じっと見ていると面白いほどスムースに毛が刈り取られていく。
この日は二人で約300頭の羊の毛を刈った。
実は最後の一頭の毛を僕に刈らせてくれた。
彼らがとても簡単そうに安々と毛を刈るのを見ていたので、僕もそのつもりでバリカンを手にしたのだが、羊は思ったよりも重く、しかも、嫌だ、嫌だと動きまわる。
モコモコした毛の中にバリカンを入れるが、どこまでが毛で、どこからが皮膚なのかまったく分からず、特にお腹の周りなどは毛の中に何が隠れているのかまったく検討もつかない。
羊の皮膚を切り裂いてしまいそうで、かなりの恐怖だ。
男子の羊の大切なところを切り落とそうものなら、一生恨まれるに違いない。
そんな僕にバリカンを当てられている羊くん、僕の何倍も怖かっただろう。
僕のへっぴり腰を見て、皆は大笑いし、ウール・ローラーの女性が僕のカメラでその様子を激写してくれた。(その写真をここに載せるわけにはいかないが、、、)
結局、一頭の毛の1/3を刈るのに何十分もかかってしまった。










f0137354_22211730.jpg











f0137354_22213977.jpg











f0137354_22215842.jpg











f0137354_22221555.jpg











f0137354_22224786.jpg











f0137354_2223427.jpg











f0137354_22232036.jpg











一日で200頭以上の羊の毛を刈ることの出来るシェアラーを「ガン・シェアラー」(gun shearer)というらしい。
僕は写真を撮るとき、たくさんシャッターをきるので、ガン・フォトグラファー。(あ、関係ない)
羊を足の間にはさみ、中腰で毛を刈る体勢は半端じゃなくキツイ。
腰の悪い僕なら30分で激痛に襲われ、1時間で翌日から歩けないだろう。
羊の毛を刈るフロアーには天井から鉄の輪のようなものがぶら下がっている。
決して休憩中にブランコにして遊ぶためのものではない。
鉄の輪にはエキスパンダーのバネ(エキスパンダー、知らないか?)のようなものが取り付けられ、輪の中に体重をかけた身体が上下に動くようになっている。
しかし、この輪に体を預けても、腰がキツイことには変りない。
一日中この輪にぶら下がり、羊と格闘する彼らの額からは絶え間なく汗が滴り落ちる。
久しぶりに本物の男を見たような気がした。










f0137354_22233580.jpg











f0137354_22235456.jpg











f0137354_2224981.jpg











f0137354_22242591.jpg











つづく(To be continued)



















人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


ああ、ランキングのことなど、もう忘れてしまいたい、、、あっ、でも、ポチッとするのは忘れないで!



どうしてへっぴり腰で羊の毛を刈る写真を出さないんだ!と怒った人もポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-05-31 22:42 | デジタル

<< previous page << シェアラー#2 | 羊の毛刈り#2 >> next page >>