モノクロームな気持ち




写真をはじめた当初、僕にとって写真とは、モノクロフィルムを使って撮られた被写体が印画紙の上で再現さたものの事を指していた。
カラーフィルムをカメラに入れて撮るときは、「仕事だから仕方ない」と自分に言い聞かせるほど、モノクロにこだわっていた。
デジタルになって暗室を失い、写真をプリントしなくなると同時に、僕にとっての写真はカラーに変わりつつあった。
データの上ではカラーで出来上がっているものをモノクロに変換するのは、フェアじゃない、ズルしている、本物じゃない、という罪悪感がつきまとう。
最近、友人とライカのモノクロ専用機(デジタル)について話し合い、盛り上がった。
友人は「どうしてそんなモノが必要なんだ?」というが、僕にはなんとなくわかる気がする。
モノクロフィルムをカメラに入れたとたん、頭の中や被写体を見る眼はモノクロになる。
僕がデジタルで撮るとき、モノクロを撮る気分になれないのは、実際にとっている絵がカラーだという気持ちが拭えないからであって、それゆえ、物を見る眼や頭の中もモノクロになりきれない。
ライカのモノクロ専用機を使うとき、頭の中も、自分の目も、モノクロになるであろうことは容易に想像できる。(かといって、簡単に買えるカメラではない)
そう、モノクロフィルムをカメラに入れる感覚に限り無く近い気がするのだ。


カラーで撮影するときは、当たり前だが色の効果を考える。
被写体のフォルムがよくても、そこで起こっている出来事が面白くても、何かを想像力を後押しするような魅力が漂っていても、色がバラバラだと絵として成立しない。
せっかく合格ラインのすぐそこまで来ている被写体なのに、色が悪いという理由でボツになることが多々あるのだ。
カラーは常に現実的でなければ最後までたどり着けない。
しかし、モノクロはそうではない。
そもそも被写体がモノクロで表現される時点で、そこからは現実的要素が欠落する。
一度、頭の中が現実から離れると、あとは楽だ。
自分の夢の世界をただ漂えばいい。
空と地面の露出の違い、極端なコントラスト、潰れてしまったアンダーなエリア、故意に付け加えた粗い粒子、それが自分の夢の世界に近ければ、なんでもあり。
ハイライトからシャドーまでのトーンがしっかり出ているとかなんとか、そんな教科書的な考え方をモノクロの表現に当てはめてはいけない。
モノクロは限りなくマスターベーションで、エゴイスティックで、説明を排除しているほうが魅力的だ。
最近、写真に対する気持ちがモノクロームに向かっている。
理屈じゃなくて、感じる写真が欲しくてたまらない。
心に触れない写真など、いくら撮っても意味が無い。 












f0137354_12153260.jpg













f0137354_1215479.jpg













f0137354_1216056.jpg













f0137354_12161138.jpg













f0137354_12161934.jpg

























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


昨日まで赤、赤、赤って騒いでいたじゃない、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-07-24 12:19 | デジタル

<< previous page << 夏の記憶はモノクロームで | 赤いダットサン >> next page >>