縄跳びをする姉妹




強い日差しの下で写真を撮っていると、それが生命感あふれた被写体であっても、どこか白昼夢を見ているような現実味を伴わない感覚に陥る時がある。
色濃くコンクリートに映しだされた女の子の影をじっと見つめていると、女の子とは微妙に、注意深く、気付かれないように、別の動きをしてしているのではないかと思う時がある。
そういう精神状態でシャッターを切った写真には、やはりどことなく不思議な雰囲気が漂っている気がするのだが、たぶん、そんな気がするのは撮ったときの状態を知っている本人だけかもしれない。
撮っているときはどんなにトランスでもエモーショナルな状態でも構わないと思うが、撮った写真を選択するときは、「思い入れと客観視」という正反対な状態の狭間で上手くバランスをとらなくてはいけない。












f0137354_21241267.jpg













f0137354_21242540.jpg









縄跳びをする姉妹

















人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


今年は日本の暑い夏の影をしっかりと写真に収めよう、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-08-08 21:29 | デジタル

<< previous page << ストリートフォトとストリートアート | 黒猫のニュートラルな視線 >> next page >>