平均睡眠時間




朝、目が覚め、寝ぼけ眼で目覚まし時計を見て驚いた。
あれ、10時間も寝ちゃった!
僕の平均睡眠時間は6時間、10時間睡眠というのは病気などで寝込んだことを除いては、ここ数年なかったと思う。
今週はずっと休みなしで働いているので、疲れがピークに達しているのだろう。

オーストラリアの人は、いや、この言い方はちょっと違う。
タスマニアの人は、このほうが正しい。
タスマニアの人はタップリと睡眠をとる、と断言しても間違いじゃないと思う。
僕は誰かと話をするとき一日の平均睡眠時間をたずねる癖がある。
タスマニアで生まれ育った人にそれを訊ねるとき、8時間を切るという答えをあまり聞いたことがない。
毎日10時間近く寝る人もざらにいる。
しかし、メインランド(シドニーやメルボルンなどのオーストラリア本土)からタスマニアに移り住んだ人は8時間を切る答えが多い。

ふと気になって、さきほどちょっとネットで調べてみた。
2006年のオーストラリアの国勢調査によると国民の平均睡眠時間は8時間31分で1997年と比較すると5分も減ってしまったと嘆いていた。
8時間31分、これってちょっと多すぎないか、、、?
2012年の新聞The Ageにおいて睡眠時間を取り上げた記事では14歳から70歳までの1500人を対象にした調査によると、平均睡眠時間は7時間だと言っている。
あれ、国勢調査とぜんぜん違うじゃない!
こんなのタスマニアじゃありえない!
もう少し調べると、オーストラリアのナショナル・スリープ・リサーチ・プロジェクトというサイトに辿り着いた。
このプロジェクトの調査によると男が平均7時間59分で女が平均8時間3分、そしてオーストラリア人の平均睡眠時間は8時間1分ということになる。
うん、やっと納得。
ちなみに、ブリスベンなどの都市があるクイーンズランド州は7時間56分、シドニーがあるニューサウスウェールズは7時間58分でメルボルンがあるヴィクトリア州は8時間5分だ。
では、オーストラリアで一番ぐぅ〜ぐぅ〜と寝ている州はどこだろう?
アボリジニの人たちが多く住むノーザンテリトリーが8時間16分、我がタスマニアは8時間14分、続いてアデレードがあるサウスオーストラリアが8時間10分だ。

さて、日本はどうなのだろう?
2010年のNHK国民生活時間調査によると日本人の平均睡眠時間は7時間14分。
10代 男 7時間36分 女 7時間38分
20代 男 7時間18分 女 7時間24分
30代 男 7時間11分 女 7時間00分
40代 男 6時間43分 女 6時間28分
50代 男 6時間58分 女 6時間45分

女性のほうが睡眠時間が少ない。
これはオーストラリアと逆だ。

僕もそうだけど、もっと毎日ゆっくり寝ていてもいいのではないか?
そうそう、ゆっくり寝るというと朝寝坊をイメージするかもしれないが、オーストラリア人の朝はや早い。
つまり、彼らは早くにベッドに潜り込むのだ。
夜の8時、9時にはもうベッドに入っている友人が沢山いる。
え、日本じゃまだ仕事している時間?
早く帰って、奥さんとベッドの中で手をつなぎましょう。













ちなみに、ナショナル・スリープ・リサーチ・プロジェクトによると、不眠の記録は18日間で21時間40分ということ。ほとんどの時間をロッキングチェアで過ごしたらしい。


















f0137354_121983.jpg













ああ、いい加減、綺麗なビーチに行ってブランケットにくるまって、波の音を聞きながら昼寝がしたいなぁ。

























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


寝る子は育つ、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-09-23 12:05 |

<< previous page << 靴の話のつもりが、、、 | ヒストリック・サイト >> next page >>