不死身のポリスちゃん



レーシック手術をした人が術後必ずやること、それはサングラスを買うことじゃないだろうか。
メガネぽんち君たちの憧れは、レンズに度の入っていない普通のサングラスをかけること。
僕は調子にのって2本購入した。


オーストラリア人でメガネをかけている人は少ないが、サングラス人口は驚くほど高い。
ある日晴れた日のお昼ごろ、通りを歩いていて気がついた。
その通りを歩いていた20人ほど全員がサングラスをかけているのだ、僕と子供たちを除いて。
たぶん、特に珍しい光景ではないのだろうが、冷静に考えるとこれはなんだか凄い。
それで、僕は歩道に立ち止まり、走っている車のドライバーの何割くらいがサングラスをかけて運転しているのか数えてみた。
なんと、約8割がサングラスをかけているではないか!
日本のお昼過ぎ、ヒマがあったら同じことをやってみてほしい。
たぶん3割もサングラスをかけていないのでは。
長年メガネぽんち(この言葉、どこから出てきたのだろう?使っているのは僕だけ?)だった僕はサングラス歴があまり長くない。
度入りのサングラスは持っていたが、メガネをどこかにしまってからサングラスをかけるという作業は思った以上に面倒なものだ。
野外での長時間の撮影や、長時間のドライブ以外はサングラスをかけることがあまり無かった。
そんな訳で、サングラスの扱い方がまだ未熟なのか、しょっちゅう落としてしまう。
僕が気に入って使っているPOLICE(ポリス)とブランドのサングラス、もうすでに20回以上は落としているのだが、不思議と一度もレンズに傷をつけたことがない。
僕のポリスは不死身のポリス、とサングラスを落とすたびに、心のなかでポリスちゃんを誇らしく思った。
あ、ちなみになぜサングラスを落とすのかというと、写真を撮る時やお店の中に入るときサングラスを頭の上や帽子の上に乗せるのだが、その後、サングラスが頭の上にあることをすっかり忘れてしまい、帽子を脱いだ時や髪をかき上げた拍子に落としてしまうのだ。


今日のホバートはは恐ろしく強風だった。
それでも憎たらしいほど天気が良く、太陽がギラギラと空の上に輝いている。
薬屋さんを出たとたん、強風に煽られ、僕は1、2歩後ずさりした。
通りかかったおばさんが僕の後ろを指さして何かわめいている。
あんた、ギャーギャー、あっちよ、ギャーギャー、早く、早く、ギャーギャー。
何事かと思い後ろを振り向いてみると、黒く、小さな物体が歩道の上を右へ左へ向きを変えて移動している。
あっ、と思い、僕は自分の帽子の上に手を当ててみた。
ない、ない、ポリスちゃんがない、、、。
そして歩道の上をすでに6、7メートル移動した黒い物体が自分のサングラスだということに気づいた。
ポリスちゃん、今まで数々の災難をくぐり抜けてきた不死身のポリスちゃん、今回だって大丈夫に違いない、と思って路面から取り上げてみると、左右両方のレンズに傷が、、、しかも至るところに、、、ああ、不死身のポリスちゃんが、、、。
おばちゃんは僕のそばに寄ってきて、まったくなんていう風なのギャーギャー、私のうちのドアが風でねギャーギャー、タスマニアの春はいつだってこうなんだからギャーギャー。
おばちゃんの顔の1/3が黒く大きなサングラスで覆われていたので、僕のポリスちゃんの傷を残念に思ってくれているのか、それとも、たまたは話し相手が見つかり会話を楽しんでいるのか、真意の程は分からなかった。

まあ、とにかく、これからはもっと大切に使おう、ひみつのアッコちゃん、じゃなくて不死身のポリスちゃん。










f0137354_17565360.jpg

















色付きのサングラスをかけなくても
フィルターを使わなくても
フォトショップ等のソフトウェアを使わなくても
街中がこんな色に染まってしまうホバートの夕暮れ時。

毎日じゃないけどね。




















人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


私もメガネぽんちなのでサングラスには憧れる、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-10-04 18:14 | デジタル

<< previous page << レンズテストの行きつく先 | 写真とは摩訶不思議 >> next page >>