底辺の底辺




今回は絶対に気を付けるぞ!と固く心に誓い日本にやって来たが、やっぱりやっちゃいました、体重5.4キロ増。
どうやったら1ヶ月半やそこらでそんなに体重が増えるのだろうと不思議でたまりません。
日本に来るたび毎回5キロ以上体重が増えてしまう。
スーパーで北海道産の人気の米である「ゆめぴりか」2キロ袋を両手に持ち、これよりも重い脂肪が一気に僕の身体に付いたのかと思うと、心もかなり重くなる。
よし、今日から食べ物に気を付けるぞ!と思っても、夜誰かと会えば居酒屋へ行くことになるし、目の前に美味しそうな焼き鳥やほっけの開き、刺身盛り合わせや豚の角煮がならんでしまうと、もう理性を抑えることが出来ない。仕方ないよね。
今、実家に戻っている歩き人の妹もどうやら僕と同じで、運動不足&食べ過ぎに悩んでいる。
一日に1時間、2時間の散歩をすればかなり違うはずなのだが、空からは雪、地面は氷と長時間歩くには向かない環境だ。
そんな訳で僕たち兄妹は思い切ってコナミというスポーツクラブに入会した。
久しぶりの日本のスポーツクラブはまるで高齢者やお母さんたちの社交場。
圧倒的に女性が多く、男性は全体の20~30%ほどしかいないのではないか。
スポーツクラブのスタジオでは様々なクラスが行われている。
てはじめに妹と二人でヨガのクラスに参加してみようということになった。
スタジオにはもうすでにたくさんの人たちが集まっていた。
ほとんどが女性で高齢の方もちらほらいる。
「あまり動かないから身体が冷えるかも。ダウンジャケット着て参加しようか」などと妹と話していたが、はじまって15分も経つと全身から汗だらだら、おまけにほとんどのポーズをまともにとることが出来ない。身体の柔軟性がなさ過ぎるのだ。
そして、腹筋や背筋など体中の筋力を使うポーズもまったく皆についていけない。
女性たちの柔軟性、筋力の強さには本当に驚いた。
僕は何日間か全身が筋肉痛。
それでも、その後、様々なクラスに挑戦してみたが、どれもまともについていけないのだ。
僕の身体はいったいどうなっているのだ、、、。
今日はプールを利用したが、ものすごく混んでいた。
どのレーンも人、また人。
男性は僕の他にたった二人、あとは皆平均年齢55歳以上(と思われる)の女性たちだ。
やれやれこんな時間に来るんじゃなかったな、と僕は独りごちる。
このスポーツクラブではナンバーワンだと聞いている若い水泳のインストラクターがプールに入るとプールにいた女性たちのほとんどが磁石に吸い寄せられる砂鉄のように彼を取り囲んだ。
いや、メッカ巡礼であの黒いカアバを取り囲みぐるぐるとまわるイスラム教徒のようでもある。
どうやら彼の水泳のクラスがはじまるらしい。
それにしてもこの参加者の数、大人気のクラスだ。
若いインストラクターが「じゃ、ウォーミングアップでクロール200メートルからはじめましょう」と言ったとたん、あの平均年齢60歳以上(あ、年齢が上がった)のおばさまがたがプールの2レーンを使って一斉に泳ぎはじめる。
それはまるでトライアスロンの大会の水泳部門の様子をヘリコプターからの映像で見ているような大迫力だった。
僕も例のへなちょこクロールで隣のレーンを泳いでみたが、まったく彼女たちに追いつけない。
なぜだ、なぜ彼女たちは全てにおいて僕を上回るのだ!
別に勝ち負けの問題ではないが、このスポーツクラブの中で僕の体力は底辺の底辺だということを痛いほど思い知らされ、なんだかとっても凹んでいる今日この頃だ。













f0137354_23423315.jpg













f0137354_23424143.jpg













f0137354_23424973.jpg













f0137354_23425784.jpg













f0137354_234394.jpg













f0137354_23432073.jpg









写真は札幌のスナップ、テキストとは無関係です。
















人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


がんばれ、がんばれ、ブログランキング、Go, go ブログランキング!



どんな年齢でも継続している人はやはり凄い、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-12-11 23:48 | デジタル

<< previous page << さっぽろ100人ポートレイト ... | さっぽろ100人ポートレイト ... >> next page >>