ゴッホには見えていた







僕は写真関係の機材やソフトウェアにはあまり感心がない方だけど、アドビシステムズのphotoshop lightroomだけは新しくなるたびに必ずアップグレードしている。
最近パブリックベータ版(完成品になる前の試作品を一般の人達が使ってもらいアドビ側としてはそこでどんな問題が発生するのかテストし、消費者側としてはアップグレード版の新機能を経験することが出来る)が公開されたのでさっそくダウンロードして使ってみた。
タスマニアでLightroom Adventureというイベントが開催されて以来、僕はLightroomというソフトウェアを使い続けている。
これを使ってからというもの、Photoshopをまったく使わなくなった。
Photoshopを使っていた頃はかなり写真に手を入れていたが、Lightroomになってからはその機能の制限のおかげもあって、あまり手を入れないナチュラルな写真に戻った。







f0137354_19145270.jpg













Lightroom 5の新機能の中で写真を暗転させセンサーに付いた埃を見つける機能が付いた。
窓の外を撮った写真を一枚適当に選び、暗転させてみると、なんとゴッホの絵が浮かび上がってくるではないか。












f0137354_1915668.jpg













これを見て、僕は心底感心してしまった、ああ、ゴッホには空や雲がちゃんとこう見えていたのだと。
たぶん、突き刺すように被写体を見続けると、肉眼では認識できないものすら見えてくるのだと、天才の能力に一人感動してしまった。
写真は観察力がとても大切だ。
もっともっと、しっかり見ないと、、、。












f0137354_19152794.jpg














ソーマがアプリコットの動画を送ってきた。
観てあげてくださーい!

「ここをクリック!」













人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


キャノンのソフトウェアDPPはまったく使っていない。Nikソフトウェア社のプラグイン Complete Collectionもグーグル社に買収されてから突然安くなり、お試し版を使ってみたが、Lightroomがあればそれで十分だというのが今のところの感想。



今日は何の話か分からなかった、と思った人もポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2013-04-21 19:32 | デジタル

<< previous page << 再会 | 笑顔は最良の薬 >> next page >>