教会のマーケット




土曜日、朝の散歩で教会が運営するマーケットに顔を出してみた。
サウスホバートにあるその教会でマーケット(蚤の市)のようなことをやっているのは知っていたが、実際にそこを訪れたことはまだなかった。
ホバートの土曜日といえばサラマンカマーケットが有名で、観光客だけではなく、ローカルの人たちの楽しみでもある。
サラマンカマーケットは規模が大きく、歴史が古いだけあって、サラマンカプレイスに立ち並ぶストール(露店)はどれも皆かなり気合が入っている。






f0137354_20171345.jpg











f0137354_20172758.jpg











一方、僕が訪れた教会のマーケットは、一口で言うととてもゆるゆるな感じだった。
古着、手作りパンやケーキ、骨董品(というかガラクタ)花、古本などが狭い教会の敷地内や教会の中で売られているのだが、運営する教会のメンバーやボランティアは皆完全にリラックスムード。
出店している人たちは品物を売ることよりもおしゃべりを楽しんでいるように見える。
そこにいる人たちや漂う空気がとても平和なマーケットで、僕はすっかり気に入ってしまった。










f0137354_20173688.jpg











ガラクタコーナでは(失礼!)作者不明の素敵なヴィンテージ・ポートレイト(8ドル)の横にイギリスからナイトの称号を与えられすっかり貴族のような人にまだなる前の怖い顔をしたボブ・ゲルドフのモノクロ写真が30ドルで売られていたりする。
僕的にはヴィンテージ・ポートレイトの方が価値がありそうに見えるのだが、、、。










f0137354_20174632.jpg











古本のコーナーでは幸せだった頃のチャールズ皇太子とダイアナ妃が肩を抱き合う「ロイヤル・ウェディング」という写真集が本棚の上に立てかけられ、思わずクスっと笑ってしまった。
古本を出店している女性は無数の本に囲まれ一心不乱に読書にふけっていたが、その姿がなんだかとても素敵だった。
あるお年を召したご婦人が「まだ読んでいない本が家の中で山積みなのに、本を見るとついついまた買ってしまうのよねぇ、、、」と言うと、古本を出店している女性は「私も全く同じだわ。挙句の果てに、ここでこんなことをしてるのよ」と声高らに笑っていた。










f0137354_20175424.jpg
























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


ブログの更新、滞ってしまった、、、。もの事思うようには進まないものだ、、、。これからはテキスト無しで写真だけ投稿しようかなぁ〜。



骨董品、というかガラクタを見ると心が踊ります、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-12-01 20:24 | デジタル

<< previous page << ブルーのドレス | 海辺のコテージ >> next page >>