ホバート・スナップショット Vol.1

写真、と一口に言ってもそこには色々な分野がある。
僕がLAで写真を学んでいた時に撮っていたのは日本人観光客の写真。
東京ではいわゆるスポーツ写真。
そして今は新聞・雑誌等の報道系とポートレイトが多い。
どれも面白いし、どれも難しい。

でも、僕が一番情熱を燃やしている分野の写真は、スナップショット、だと思う。

カメラを持って街にくり出す。
街といっても人口約19万人のホバート。
日本と比べると、あまり人が歩いていないし、カメラを持って目を光らせていると、目立ちすぎる。
光が悪い、周りに車が多すぎる、背景がごちゃごちゃし過ぎ、などなど思い通りにスナップショットが撮れない言い訳は山ほどある。
でも、自分にいつも言い聞かせていることは、きちんとアンテナを立て、人々の姿やそれを取り巻く状況、光や影を観察し、そして何よりも自分の心が何に反応するのか、に対して敏感に、そして素直でいればいいスナップショットが撮れるはずだ、ということ。
更に付け加えるなら、写真撮影の技術。
これが向上すればするほど狙った獲物を捕らえる確率が上がる。
僕は自分の写真に行詰りを感じたり、写真ならではの行為に飢えると、スナップを撮りに街へくり出す。
街は写真の道場だ。

毎日見ているこの小さなホバートの街も自分のスナップショットを通してみると、新しい発見がある。
いつも観光案内や雑誌、パンフレットでみる街の写真というのは、笑顔溢れる人々が買い物袋を一杯にして毎日がクリスマス状態のオーラを放っているタイプの物だ。
それが悪いわけではないけれど、それは街の本当の姿からはかけ離れていると思う。
街は浮気をしている夫やムカつく上司を思い、もしくは銀行の残高や出すぎたお腹を考え、顔を歪めている人たちで溢れている。
そしてその顔がその時代を反映する顔だ。
写真の大切な使命の一つは、記録、であるはずだ。
もし、今僕たちが住む街の素顔を誰も記録しなかったとしたら、50年後、100年後、人々はかつての街の空気をどう知り得るのだろうか?
観光案内やお役所に委託された写真家がモデルさんを使って撮った写真を信じろというのだろうか?

どこの街でもその街の活気を醸し出すのは若い女性たちの笑顔やおしゃべり、そしてファッションだったりするが、ここホバートの街のムードを造り上げているのは、お年を召した人々ではないか、とうい気がしてならない。
決して否定的な意味で言っているのではなく、彼らの存在がこの街をしっとりと、重みのある落ち着いた印象にしている、ということだ。
僕はお年を召した人々が幸せそうに見える街は、いい街であるに違いない、といつも直感的に思ってしまう。
ここホバートはまさにそういった意味で、いい街だ。

f0137354_14243427.jpg



f0137354_14245716.jpg



f0137354_14251939.jpg



f0137354_14254199.jpg



f0137354_1426274.jpg



f0137354_14262458.jpg



f0137354_14264443.jpg



f0137354_14271952.jpg



f0137354_14273981.jpg



f0137354_1428371.jpg

by somashiona | 2007-03-19 14:57

<< previous page << トニー・ブル | ボブ・ブラウン >> next page >>