ダイヤモンドは永遠の輝き



クリスマスが近づくホバート。
街はそわそわと落ち着かない。
すれ違う人たちの顔には笑みがこぼれ、両手には買い物袋がぶら下がる。
ふだんはスナップショットを撮るのが難しい静かな街なのだが、こういう時期は比較的撮り易い。
みな恋人のこと、家族のことで頭がいっぱい。
他人のことなど気にしていられない。
ましてはカメラを持って獲物を求めている男のことなど。

ジュエリーショップのショウウィンドウに一人の女性が張り付いていた。
近づいてみると、顔は真剣そのもの。
彼女、完全に自分の世界に入っていた。
趣味に没頭する時の男性の顔と、買い物に没頭する時の女性のそれはとても似たのもがある。
両者とも年齢を超えて、少年、少女の面影がそこにある。
そして、その瞬間、僕には彼らが美しく、愛おしくさえ思える。

セール期間中の張り紙に囲まれた彼女。
この買い物は、ふだん贅沢を許さない自分への贈り物だと、僕は確信した。





ranking banner ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします!







f0137354_9482676.jpg

Hobart, Tasmania




このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2007-05-18 09:52 | B&W Print

<< previous page << 牧草地の一本の道で | アルトリコーダーの音が聞こえる >> next page >>