生理的に色と過ごす

生理的に色と過ごす






f0137354_15375277.jpg







朝焼けの中、土手に乗り捨てられた車の黄色が悲しかった。
約束の無い日の心は虚ろ。
車体についた傷をなぞると、場違いな血液が指先から滴り落ち、黄色いボディはマスカラを付けた女が泣いた顔になった。






f0137354_15384448.jpg







開園時間が終わった公園を一人歩いた。
嘘をつくのが上手い男が振りまいた光りの残り香を嗅ぎ、乾燥した年寄りの肌と同じ音を立てる枯れ草を踏みしめる。
ふと歩みを止め、足下に視線を落とすと、赤い花が一輪横たわっていた。
忘れかけていた女の顔が脳裏をよぎり、花に伸ばした手をポケットに突っ込んだ。






f0137354_1539339.jpg







街全体が寝息を立てている時間も、まだ歩き続けていた。
石畳の上に黒く長い影が伸びている。
目的の無い歩みはどこか足早。
電球の周りで円を描く蛾のように、ここより明るい場所へ吸い込まれる。
路地の奥で息を潜める青い光りと対峙した後、もうベッドにもぐり込もうと、静かに決めた。








ranking banner今日のルパンは浪花節じゃないけど、まっ、たまにはそういうのもいいか!と思った人はポチッとね!







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2007-09-17 15:58 | デジタル

<< previous page << タスマニアのゴルゴ13 | ビッグ・フォーティー、夢のフライト >> next page >>