あぁ〜あ、ギャビーが行っちゃったよ




親友のギャビーが南アメリカへ行ってしまった。
来年の1月まで帰ってこない。
半分は仕事で半分は彼女の冒険の旅だ。
某有名ガイドブックの南アメリカ版を担当することになった彼女、取材と写真撮影をかねて、一人南アメリカを隅から隅へと飛び回る。
彼女にとってスパニッシュを話すのは御手の物。
写真がちょっと心配だと行っていたが彼女の腕ならば絶対に大丈夫。

僕が心配なのは彼女の個人的な冒険のほうだ。
チリの山の中を1200km、一人マウンテンバイクで走破するのだ。
バイクを一人でバラバラにし、また組み立てる練習、折れたスポーク、切れたチェーンの直し方、彼女が自信のなかったメカニカル的な知識を出発までに習得した。
ほぼ全行程でテント生活になる。
水の浄水器、炊事道具、テント、雨具、パソコン、カメラ機材等々、全て彼女のマウンテンバイクに付けるとオートバイくらいの重さになる。
同じことを自分ができるか、と考えると、僕は尻込みしてしまう。
健康状態、治安、天候、考えれば考えるほど尻込みしてしまう。
ギャビーには頭が下がる。


考えてみると、彼女と会うときはいつだって建物の外だ。
お互いに忙しいので、2時間マウンテンバイクで山を走ろうとか、2時間ビーチを歩こうだとか、いつもそうやって僕たちは自分のエクササイズも兼ねて、会い、話しをする。
話はそれるが、タスマニアでは夫婦揃って歩いている人をよく見かける。身体を動かしながら話しをすると話題がポジティブな方向に展開するからなんだよ、と僕の友人が教えてくれたことがある。
なるほど、夫婦の複雑な問題を話し合うとき、夜タングステンライトに照らされたキッチンのテーブルで、差し向かいになって話し合えば、問題はますます深刻になるかもしれない。
彼女と歩きながら、もしくはバイクに乗りながらの話題はいつだってチャレンジだ。
たまにはエッチな話しもするが、ほとんどが前向きで、夢があって、やるべき意義のあることに向かって挑戦する話しだ。
そして彼女が話した事柄は数ヶ月後に必ず実行される。
しかし彼女にはチャレンジしたいことが両手の指で足りないほどあるので、話題は尽きないのだ。
そういう人と普段話しをしていると、かなりの影響を受けてしまう。
不満を抱えたまま現状から動かなかったり、他者からの不条理な批判をいちいち気にしたり、ましては太っていく自分に対して何も手を打たず、自己嫌悪に陥りながら毎日を過ごすなんてことは許せなくなってしまう。
目指すべきゴールがないと生きている心地がしないのだ。

そんな彼女からの刺激を4ヶ月も受けずにいるのは非常に危険だ。
するずるとだらしない毎日に足首を握られそうな気がする。
4ヶ月後、彼女は僕がどれだけのことを成し遂げたのか聞くだろう。
「ブログやってた」「で、それから?」「、、、、。」
こんな会話は避けたいものだ。


彼女、出発前にフリーランスとしての彼女の仕事に関するウェブサイトを立ち上げた。
彼女の過去の仕事や素敵な写真も見ることができる。
時間があったらぜひ覗いて欲しい。
ウェブサイトの名前は「gabi mocatta」
写真はこちらで




f0137354_1544242.jpg



自然の中に入るといつでもハッピーなギャビー。
でも、彼女が走ると追いつけない。




f0137354_1545727.jpg



お互いに写真が好きなのでお散歩中も気が抜けない。
撮りたいものを見つけるとお互いに相手のカメラを奪ってでも撮る。
でもその後は見ないので、撮った時点で満足するようだ。
ギャビーが撮った花。




f0137354_155149.jpg



僕は僕で夕日をパチリ。
モニターを見せてとせがむ彼女に「ちょっとあっち行っててよ!今いいところなんだからさ!」とすぐに自分の世界に入ってしまう僕。




f0137354_1553431.jpg



チリへの出発前日。
ボーイフレンドと一緒にバイクの最終チェックと荷物の梱包に大忙しだった。
「お引っ越しですか?」と聞きたくなるほどの荷物の量。
ボーイフレンドの彼はアウトドアの達人。
バイクに乗らせるとプロ並みの早さだ。
そんな彼も「あぁ〜あ、寂しくなるなぁ〜」と子供のように何度もため息をついていた。
元気を出すんだ、オーストラリア男児!











ranking bannerギャビー、スゴいなぁ〜、でも気をつけてね、と思った人はポチッとよろしく!リ、リ、リィ〜ン







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2007-10-17 15:37 | デジタル

<< previous page << ストーミーボーイ | 反応する写真 >> next page >>