イースターホリデーはブッシュウォーキングさ! その1 


今年のイースターホリデーは3月21日にはじまり、多くの人は3月25日に終わる。多くの人はと言う意味は、25日に関しては一応国民の祝日なのだが、それはどんな産業に従事しているかによる。例えば学校や金融機関、官庁関係で働いている人は休みだが、レストランや公共の交通機関などのサービス業で働いている人たちにとっては祝日ではなく普通の日なのだ。
こういう例だけでなく、オーストラリアでは州によって祝日が違う場合もあるので、カレンダーの祝日を信じ、朝ベッドでゴロゴロしていると職場から電話がかかってきてドヤされる可能性がある。


写真の仕事は人々が休みの時に限って忙しくなるのだが、今年のイースター期間中は何もしない、と心に強く誓っていた。
今年のイースターは子供たちも一緒ではない。
まるまる自分だけの時間だ。
毎年必ずキャンプや旅行に出かけるが、今年僕がやりたかったことは、ひきこもり、だ。
誰にも会わず、家の中でゴロゴロしたかった。
好きな本を読み、映画を見る。
普段食べないスナック類を頬ばり、マカデミアナッツのアイスクリームに溺れる。目が恍惚となる。


しかし、そんな予定はいつだってことごとく崩れていくのだ。
いい機会なのでLightroomの使い方を覚えよう。
いい機会なのでパソコンや外付けハードドライブの写真を整理しよう。
いい機会なので部屋を掃除しよう。
いい機会なので、、、。
最近、平均睡眠時間が5時間を切っていたので、この期間中はたっぷり寝ようと思っていたのに、結局1時間普段より多く寝ているだけ。
目の下はいつもゴルゴ13に出てくる悪い人たちみたいだ。
ゆっくり、のんびり過ごすのも、強い意志が必要なのだ。
これではいけないと思い、友人に電話しブッシュウォーキングを計画した。


一緒にブッシュウォーキングへ出かけたのはここタスマニアでパーマネントヴィザを所有し、オーストラリア人の妻を持ち、日本語がしゃべれない子供たちと暮らす貴重な日本人男性二人。年は違うが一人の誕生日は僕と同じ、もう一人は一日違い。
『タスマニア4月同盟』のメンバーだ。
目指すはマウントフィールド・ナショナルパーク。
朝5時に起き(寝たのは夜中の1時)(涙)、バックパックに地図、雨具、防寒具、ビスケット、フルーツ、昼ご飯、ミューズリーバー(ピーナッツバー)、ヘッドライト、薬、替えのソックスとアウトドア用のアンダーウェア、水1ℓにコーヒー500ml、帽子、登山靴、そしてカメラ1台にシグマの17−70mm一本。三脚はなし(根性もなし)。


7時に彼らと合流し、車中は久々の日本語でぺちゃくちゃと話が盛り上がった。
途中でコーヒーブレイクあり、結局登山開始は10時半。


マウントフィールドの西へのコースを行けるところまで行ってみよう、という大雑把な計画。


楽しいブッシュウォーキングのはじまりだ。












f0137354_1618616.jpg







f0137354_16183695.jpg







f0137354_1618599.jpg







f0137354_16192178.jpg







f0137354_16194039.jpg







f0137354_1620061.jpg







f0137354_16204590.jpg







f0137354_16211385.jpg







f0137354_16213470.jpg







f0137354_16215811.jpg







f0137354_16221859.jpg







f0137354_16224078.jpg











ranking bannerマナブさん、風景写真はやめといたほうがいいよ、と思っている人はそっと胸の中に、、、。
でも、ポチッは忘れず。








このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2008-03-25 16:33 | デジタル

<< previous page << イースターホリデーはブッシュウ... | シングルマザー 最終回 >> next page >>