タスマニア冬の風景#9




「タスマニア、冬の光はどこにある?」
リッチモンドの町で僕はそう呟いた。
観光名所と呼ばれるところでポストカードになるような撮影ポジションは「なるほどなぁ」と納得してしまう説得力がある。
しかし、自分にとっていい写真となる被写体は絵柄がいい、光がいい、というだけでは物足りない。
何か自分とシンクロするものを感じ、それが心のひだに染込んでくる被写体にレンズを向けたい。


レンガ造りの古い家になぜか引き寄せられた。
周りを見渡し、裏庭に入った。
綺麗な庭などなく、伸び放題の雑草に冬の光が差し込んでいた。
思わず微笑み、僕はシャッターを切った。






f0137354_2291348.jpg





Richmond, Tasmania






ranking banner人がどう思うかよりも、自分がどう感じるかを大切にして、シャッターを切りたい、と思った人はポチッとよろしく!







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2008-08-19 22:23 | デジタル

<< previous page << 幸福の鼻血 | タスマニア冬の風景#8 >> next page >>