リノリウムの海









撮影のためホバートの中心部にある一軒のパブを訪れた。
開店前の店内には1920年代アメリカのキャバレーで流れていたタイプの音楽が聞こえる。
リチャード・ギアの映画「シカゴ」のサントラだ。

薄暗い店内の奥では、この日のモデルになってくれるピチピチガールズたちがセクシーな衣装を身にまとい、踊りの振り付け確認のためか、床に置いた小さなカセットデッキから流れる「シカゴ」のサントラにあわせ、腰をくねくね回していた。
彼女達が腰を回すたび、衣装のスパンコールがタングステンのスポットライトに反射する。
彼女達に挨拶をしてすぐに、僕は撮影のポイントを探し始めた。

広い店内の向こう側を見ると、ビリヤードのテーブルが数台、光の下で浮き上がっている。
グリーンのビロードが美しかった。
ビリヤード台のグリーンは、どんなに騒がしいパブの中でも、不思議とある種の優しさと落ち着きを与えてくれるものだ。

リノリウムの床が月夜の海で揺れる海面のようにきらきらと光っていた。
よく見ると、一人の老婆がもくもくとモップがけをしている。
物音一つたてず、足跡一つ残さず、まるで宗教的儀式のように床の上でひらひらと舞う。
この夜は、ピチピチガールズをさしおいて、この老婆が僕の心を鷲掴みにした。







f0137354_12155127.jpg





Hobart, Tasmania






ranking banner僕も開店前のパブで写真を撮ってみたい、と思った人はポチッとよろしく!







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2008-08-24 12:32 | デジタル

<< previous page << 自分にとっての正しい撮り方 | 幸福の鼻血 >> next page >>