心頭滅却すれば火もまた涼し




僕は特に信仰を持っていないが聖域と呼ばれる場所を訪れるとやはり気持ちがすぅ〜と静まっていくのを感じる。
仏教徒の人もキリスト教の大聖堂などに入るとやはり同じ気持ちになるのではないだろうか。
しかし僕の場合、静まった気持ちは長く続かない。
聖域と呼ばれる場所はほとんどの場合フォトジェニックな場所だからだ。
もう何を見ても素敵に見えてどう撮っていいのか分からなくなる。
撮るべきものが見つからないとイライラし、撮るべきものが多すぎるとそわそわするのだ。
写真マニアは我がままでいけない。(僕だけ?)
こういう時はこれがもし仕事だったら自分はどうするだろうか、と趣味の撮影から故意に仕事モードへと変換する。
そうすると少しものが見えてくるのだが、写真から自由さと意外性という要素が減少し、こぢんまりとまとまった説明的に写真になってしまうという弱点を僕は持っている。
そういう弱点を打ち破っていかないと、自分が目指す次のステージへは登れない。
神社仏閣写真白帯の僕はナチュレアさんならこれをどう撮るだろうか、と時折考えながらファインダーを覗いてみる。
ふと我に返ると巨木の根元に跪き、首が折れそうな角度でファインダーを空に向けている自分に気がつき顔を赤らめる。
いけない!自分の目でものを見なければ、、、考えるな、、、感じろ、感じるんだ、マナブっち〜、、、。


こんな精神状態だったのでカメラを顔の前から下し、お地蔵さんの顔を眺めることにした。
そうしているうちに、心が静まりお地蔵さん一体、一体の顔が語る何かに心を奪われた。
このとき、暑さを忘れ、ヤブ蚊の攻撃も完全に忘れた。
それがまえにアップしたお地蔵さんの顔写真だ。
こういう状態を「心頭滅却すれば火もまた涼し」というのだろうか、、、と訳の分からないことを考え、むふふと一人笑ったあと、また写真を撮りはじめた。










f0137354_630575.jpg







f0137354_6312377.jpg







f0137354_6314796.jpg







f0137354_6322346.jpg







f0137354_633291.jpg







f0137354_6332679.jpg







f0137354_6335258.jpg







f0137354_6341520.jpg







f0137354_6345334.jpg







f0137354_6352029.jpg







f0137354_6354962.jpg







f0137354_6361425.jpg













ranking bannerたくさん写真を載せりゃいいってもんじゃないでしょ、と思った人もポチッっとよろしく!







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2008-11-14 06:46 | デジタル

<< previous page << いつかじっくり撮りたい、お遍路さん | マキちゃん、タスマニアで生きる... >> next page >>