同じアホなら撮らなきゃそん、そん




写真の仕事をしているとイベントものを撮って欲しいという依頼が意外と多い。
イベントものといってもスポーツ、音楽、祭り、パーティ、結婚式、大規模、小規模、野外、屋内と色々だ。
依頼する側は簡単な仕事という認識を持っているようだが、僕はイベントものの写真はフォトグラファーのスキルがもろに出てしまうごまかしのきかない撮影だと思っている。
一発勝負、演出不可、撮影対象が多い、撮影場所が広い、自然光が当てに出来ない、ベストポジションを確保できない、などなど頭の痛い問題が山積みだ。
こういった問題をいかに瞬時に解決するか、このスキルがイベント撮影には求められる。
アマチュアの方々もお祭りや結婚式の撮影でそういうことは経験積みだと思う。
イベント撮影で最も大切なことは言うまでもなく事前に撮影の許可を取り、撮影のためのベストポジションを確保することだが、撮影許可証は必ずしもいい写真を撮るためのパスポートになるわけじゃない。
何度もこの阿波おどりを撮影しているベテランの人たちはベストな場所を熟知しているだろうが、同じ動きをすれば似たような写真になってしまう。
許可証を持っていても、いなくても、自分の撮りたいイメージを手に入れるためのポジションを確保することがイベント撮影のポイントだろう。

野外のお祭り系の撮影にフラッシュは欠かせない。
最近、デジタルカメラの性能が驚くほど向上し、ちょっと前じゃ信じられないISO(感度)を使った撮影が可能になっている。
でも、これはフラッシュの撮影が不必要になるということではない。
フラッシュを使った表現は動きや躍動感を表す表現に不可欠だ。
そしてこれがなかなか難しい。
野外で動く被写体を表現する時、フラッシュを効果的に使える環境は被写体にあたる場明かりが少なく、被写体を取り巻く環境の場明かりが出来るだけ明るい場所だ。
その環境ではフラッシュの光が被写体をしっかりとフリーズ(止める)させ、なおかつ周りの光が被写体を綺麗に取り囲んでくれる。
田舎町のお祭りの照明や街灯などがない環境で写真を撮るとき、日が沈んだ直後から真っ暗になる前がフラッシュを使うゴールデンタイムだろう。
阿波おどりが繰り広げられた徳島市内は予想以上に暗かった。
もちろん照明設備が整った会場はかなり明るいのだが、僕が撮りたかった阿波おどりはそういう場所で踊られるものではない。

先に言い訳をしておきたいのだが、阿波おどりのベストショットは仕事用なのでブログではお見せできない。
それでも今日お見せする写真で徳島の阿波おどりの雰囲気を少しは感じてもらえると思う。
阿波おどり、見ていると自然に身体が動く。
もしカメラを持っていなかったら、僕もフラフラになるまで踊っていたに違いない。
季節外れの阿波おどり写真、ちょっと枚数が多いけれど我慢して見てちょーだい。











f0137354_6562087.jpg







f0137354_6564973.jpg







f0137354_6571855.jpg







f0137354_6575495.jpg







f0137354_659552.jpg







f0137354_6594427.jpg







f0137354_704215.jpg







f0137354_7131100.jpg







f0137354_72031.jpg







f0137354_724673.jpg







f0137354_75087.jpg







f0137354_754184.jpg







f0137354_76841.jpg







f0137354_77262.jpg







f0137354_772945.jpg







f0137354_775477.jpg







f0137354_784721.jpg







f0137354_792041.jpg













ranking bannerいつかフラッシュ講座をお願いします、と思った人はポチッとよろしく!







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2008-11-23 07:22 | デジタル

<< previous page << 最後の最後で一枚撮れた | 阿波おどりが近づく >> next page >>