カテゴリ:未分類( 42 )

『ライフ・オブ・パイ』を観た



f0137354_20221982.jpg







映画『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』を観た。
なぜこの映画なのかというと、シオナが僕に勧めてくれたからだ。
最近観た映画の中では一番良かったと、車の助手席でシオナが教えてくれた。
その話の翌日、ネットを見ていて一つのニュースが目に入った。

台湾にオーバーステイしていたチェコ国籍の男が2日、最南端のビーチリゾート、墾丁から手製のいかだで日本を目指し“出航”したがすぐに流され、行政院海岸巡防署に保護された。男は強制送還される見通し。
昨年11月に観光で来台したというマーティンさん(39)は、3カ月の滞在期限はとうに過ぎてしまったが所持金を全て使い切り帰国のチケットが買えず、台湾各地を放浪していた。
そんな時にふと思い出したのが、台湾で観たアン・リー監督の最新映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」。少年とトラがボートで漂流するストーリーにヒントを得て、自分でいかだを作り日本に行こうと思い立った。(屏東 3日 中央社)







f0137354_20223189.jpg







39歳の男が真似したくなるようなストーリーなのか?
これはやっぱり、観るべきだ。
この映画のレイティングはG指定で、どんな小さな子供でも観ていい映画だ。
僕はこの映画をトラと少年の美しい友情物語&アドベンチャーくらいにしか思っていなかった。
とにかく、次回シオナと会った時、この映画の話題で花が咲けばいい、その程度の期待値だった。
しかし、実際に観てみると、、、あれ、面白い、、、。
特にシネマトグラフィの美しさ、CGのレベルの高さに驚愕。
そして、ラストシーンで、「なるほど、そういうことだったのか!」とさらに驚愕。
多くの伏線、メタファー、そして素晴らしい役者たち、とても上出来の映画だ。
この映画を見終わって、すぐに
ティム・バートン監督『Big Fish』(ビック・フィッシュ)を思い出した。






f0137354_20231012.jpg







この映画、僕のお気に入りだ。
共通点はなんだろう?
それはたぶん、僕たちは生きるために「おとぎ話」が必要だということだろうか?
僕たちが体験する辛い経験、ぱっとしない毎日、受け入れたくない事実、果たせなかった夢、それはどこにでもありがちなストーリーかもしれない。
でも、それを「おとぎ話」にできるかどうかは自分次第。
「つまらないか、楽しいか」なら、楽しい方がいい。
映画でも本でも絵でも写真でも、良い芸術、良い作品は最終的に生きる力となるものだと思う。
どんなに辛く悲惨な出来事を描いても、エンディングは「よし、明日も頑張ろっと」と思えるものでなければ作る意味が無いのではとすら思う。
ストーリーの内容が非現実的なものでも構わない。
その中から真実を見いだせる作品が好きだ。
大切なのは、受け入れることなんじゃないだろうか。

『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』はアン・リーという台湾出身の監督だ。
竹林の中を飛びながら戦う映画(悪い説明)『グリーン・デスティニー』や切なく美しいゲイの映画(これも悪い説明)『ブロークバック・マウンテン』を作った人だ。






f0137354_20225266.jpg







f0137354_20242622.jpg







そういえば『ブロークバック・マウンテン』もたまらなく綺麗なシネマトグラフィだった。
次は彼の映画『ラスト、コーション』が観たいなぁ。
あ、そういえば『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』では僕の友達、ミーアキャットもたくさん出てきます。
まだ観ていない方、オススメです!














f0137354_19333781.jpg







East Coast, near Bicheno Tasmania


















人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


ヨットで単独世界一周とかする人、本当に凄いよなぁ。憧れます。



私は「R-18」の映画しか見ません、と思った人もポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2013-06-11 19:59

巨大なネズミ







f0137354_20563136.jpg














ふとパソコンのモニターから目を離し部屋の壁を見ると、鮮やかな紫色の光に染まっていた。
椅子から立ち上がり、窓の外を見ると巨大なネズミがポッカリと浮かんでいる。
どちらかと言えばネコより犬的な人間の僕でさえ、このネズミちゃんには興奮した。


心理テストなどで一枚の絵が渡され、その中に何が見えるか問われるタイプのものがあるが、僕には山にしか見えない絵が、ある人には顔に見えたりすることがある。
確かに、そう言われると顔にも見える。
この雲を見て僕はなんの迷いも疑いもなくネズミが浮かんでいると思ったが、このブログを見てくれている人の中には、えっ、いったい何処にネズミがいるの?と思う人もきっといるのだろう。


先入観という言葉は英語で「Prejudice」という。
Pre (前もって) Judge(判断する)するということだ。
この年齢になると、それなりの数の人に会い、それなりの経験をするので、しっかりと話をする前や、きちんとした説明を受ける前に自分なりの判断をくだすことが多くなる。
しかし、一見賢い大人の行為だと勝手に思っているこの手の判断が、人間関係でも、仕事でも、写真でも、自分の可能性に大きな制限を自らかけてしまっているということに気がつかなければならない。
できれば「Without Prejudice」虚心平気(何のわだかまりもない素直な心で物事にのぞむこと。また、そのさま)で世の中を渡って行きたいものだ。
法律の世界で「Without Prejudice」という言い回しは(法律の権利を毀損せずに、実体的効果をもつことなく)という大変便利なフレーズでもあるらしい。
何かのアドバイスや話し合い、提案を記した文章のはじめや最後に小さくこのフレーズを入れておくと、後で責められることがない。
女性の相談相手になるときは「Without Prejudice」とプリントされたTシャツを着てでかけよう。


あ、雲の写真から、なんでこんな話になっちゃうの、、、?





















人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


本ブログの内容については全て「Without Prejudice」です。笑



女性から相談を受けたときは、ほとんどの場合嫌われてその場を去ることになります、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-09-02 21:10

お気に入りの一枚#1



写真をやる中でどんな写真を目指すのか、その具体的目標を持つことは大切だと思う。
最初はお気に入りの写真家を見つけ、その作風に近づこうと努力するだろうが、最終的に向かうのはやはり自分が何を本当に欲しているかという一番分りやすそうで実は最も難しいターゲットだろう。
その目標を見つけるヒントはどこにあるのだろう?
寝ている間に写真の女神が枕元に現れ、額縁に入ったまだ見ぬ一枚を見せてくれるだろうか?
自分の目指す写真を見つけるヒントは、自分のとった写真の中にあると思う。
誰の写真だろうと、写真には撮影者がもともと持っている美の核心、嗜好、心の住処が宿っていると思う。
子供の頃、なぜだか分からないけれど好きな玩具、好きな場所、友達、好きな文房具があったはず。
僕は子供の頃、家の近所にあった孵化場(フカジョウ)で一人時間を過ごすのが好きだった。
そこはほとんど人が来ることなく、藤の蔦で出来たトンネル、無数の大きな樹、池、秘密の隠れ家になるようなロケーションで溢れている札幌の中の隠れたオアシスだった。
大切な友達と大きな樹の下にタイムカプセルを埋めたこともあるし、女の子からはじめて手編みのマフラーをプレゼントされたのもその孵化場だった。
なぜその場所が好きだったのか、子供だったから一度も考えたことはない。
磁石のように惹きつけられ、どうしょうもなく心やすらぐ場所なのだ。
2008年に札幌へ帰ったとき、同じやすらぎを求め何十年ぶりに孵化場を訪れたが、そこは跡形もなくなり、代わりに無愛想で大きなマンションが立っていた。
ああ、僕のタイムカプセル、、、。

極々たまに、自分の写真の中にあの孵化場で味わった感覚に近いものにめぐり逢う時がある。
それは撮るときに分かるし、撮ったものをあとで見るともっと明確にわかる。
ただ分からないのはその感覚の正体と、その感覚が湧き上がる理由だ。
もう子供ではないし、写真で何かを表現しようと思っている人間なのだから、その写真に自分の心が引き寄せられる理由を探らなくてはならない。
「なんとなく」では何時まで経っても同じものは撮れない。
僕にとって写真は楽しくもあるが、同時に苦行でもあるのはその何かを求めるからだ。

今日の一枚は僕のお気に入りだ。
曇り空のほとんど人のいないビーチ。
草むらの向こうで男の子が二人遊んでいるのを見たとき、孵化場の感覚が寒気を感じたときのように身体の中を走った。
全体の色、男の子のポジョションとグリーンの服、ボールの位置、前景の草の配分、空気感、求めるものがそこにあった。
シャッターを切った瞬間も手応えがあった。
こういう写真は人々から支持されるかどうかを考えてはいけない。
ウケる写真を100枚撮るより、自分の分身のような一枚を手に入れる喜びの方が遥かに大きい。
写真は道だ。












f0137354_1954051.jpg


























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


家の中でアグブーツを履いて、タイツを履いて、ダウンジャケットを着て、ヒーターを26度にして、それでも手がかじかむ7月のタスマニア。皆様のポチッで温めて。



う〜ん、私にはこの写真が何なのか分からない、、、と思った人もポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-07-03 19:12

ストームに襲われるホバート・シティ



最近、タスマニアではどしゃ降りの雨が続いていた。
そんなとき、外で仕事をするのはキツイが家の中から空模様を眺めている分には子供のようにわくわくした気分になる。
雨の予感をタップリと含んだ湿った空気、見る見るうちに暗くなる空、どこか遠くの方からゴロゴロと雷の音が小さく聞こえてくる。
やがて雷神が巨大な如雨露(じょうろ)を持ってホバートの街に水を振りまくかのように、激しい雨に街が襲われる。
真っ白な稲光が連続して起こり、窓ガラスを震わす大音響がホバートの街に響き渡る。
そんな様子を飽きることなく眺められる雨の日が、割と好きだったりする。











f0137354_18212940.jpg




















目標は1位だ。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


本日も2位です。これはもう淡々といくしかないです。皆さんはがんがん応援してください!笑



雨の日は家の中でじっとしていても罪悪感を感じずにすむから好きだ、と思ったひきこもりの人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!






by somashiona | 2012-01-21 18:38

あなたはビル・ヘンソンの写真に賛成、それとも反対?




アメリカで写真といえばいまだにアンセルアダムスの写真を多くの人が思い出す。
写真にさほど興味のないアメリカ人にとって彼は写真の代名詞だ。
写真にさほど興味のない日本人に木村伊兵衛や森山大道と言ってもぜいぜい時代劇の役者か何かだと思うかも知れないが、篠山紀信やアラーキーの名前を聞いてプロレスラーや政治家を思い浮かべる人は少ないだろう。
タスマニアで写真が好きだと言えば写真に興味のないほとんどの人たちはピーター・ドンブロンスキーというタスマニアの伝説的写真家の話をはじめる。
では写真に興味のない一般的オーストラリア人にとってアンセルアダムスや篠山紀信にあたる人は誰だろうか?
それはきっとビル・ヘンソンではないだろうか。







f0137354_2162215.jpg







f0137354_2183350.jpg







f0137354_2172719.jpg





3点ともにビル・ヘンソン
















写真家としてオーストラリアではすでに揺るぎない名声を収めているビル・ヘンソンだが昨年シドニーの個展で彼は地雷を踏んでしまった。
思春期の少年少女(12歳から16歳以下)を被写体にしたヌード写真が児童保護団体から猛烈なクレームを受け、写真展のオープニング直前に作品が警察に押収されてしまったのだ。
ケビン・ラッド首相もビル・ヘンソンの作品に対してかなり強い批判のコメントを出し、これはオーストラリア中の論争の的になった。
美しい少年少女の写真はアートか児童ポルノか?
以前紹介したゲイ・レズビアンのパレード、マルディグラが人びとに受け入れられるこの自由な国においてビル・ヘンソンの写真展がこれほどまでの論争になったことは僕にはとても驚きだった。
自由、自由と言うが、これがひとたび子供の問題になるとオージーたちは極端にナーバスになる。
学校でも公園でも子供たちを守ろうとするルールはかなり厳しい。
僕も子供を持つ親、こういう動きには大いに賛成だ。
こういうことに関して厳しいのは基本的に大切なことだと思う、基本的には。
日本で起こる登校、下校時の痛ましい事件・事故をオーストラリア人が耳にするたび彼らは素朴な疑問を持つ。
どうして親が子供たちを送り迎えしないのかと。
ほとんどの先進国では子供を学校に送り迎えするか、スクールバスを使って登下校するのが常識だ。
それは登校、下校時が危険だからだ。
日本ではすでに多くの事件事故が起こっているにも関わらずこういう基本的なことが見直されない。
これは本当に不思議だ。
話は写真に戻るが、子供の写真の扱いに対する学校や親たちの反応が過剰ではないかと思うことがしばしばある。
子供を守ることに関して厳しいのは賛成だとさっき言っていたじゃないか、と突っ込む人もいると思うがこういうことへの過剰なルールは物事の本質を見る目や感覚を奪ってしまう危険性があるような気がするのだ。
子供たちが関わる写真の仕事は制限が多すぎてなかなか思うようなものが撮れない。
卒業式や運動会で自分の子供すら撮影禁止の学校も出始めているらしい。
子供たちの顔が一切出ない学校のホームページ、子供たちの顔が出ない公園の写真、僕たちは将来写真で子供たちの姿を見ることができなくなるかもしれない。
西欧の宗教画などでは全裸の天使が空を舞い、噴水に小便小僧がオシッコを流すが、たぶん近い将来ユニクロのTシャツと短パン姿で空を舞うキューピットや便器に座る大便小僧しか僕たちは目にすることが出来なくなるだろう。

子供たちを暗闇から見つめ、牙を剥く獣が世の中に増えすぎていたとしても裸イコール悪という公式を僕たちは作るべきではない。
男も、女も、子供たちも、年寄りも、裸には語り尽くせないストーリーがあり、性別、年齢、体型に関わらず美しい。
子供たちを守るという強い決意と全てを覆い隠してしまわないというきわどい判断の狭間で僕たちは上手くバランスをとりながら生きていかなければいけない時代に突入しているようだ。

で、あなたはビル・ヘンソンの写真に賛成、それとも反対?













f0137354_21174311.jpg





テキストとは関係ないけど、ソーマとシオナ@キングストンビーチ








ビル・ヘンソンの写真をもっと見たい人はこちらで












ranking banner私は、、、えぇ〜っと、えぇ〜っと、、、考えがまとまらない人もポチッとよろしく!







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2009-03-30 21:19

タスマニア冬の風景#5

北海道で生まれ育った僕にとって、暖房とは灯油を燃やすというイメージに直結する。
幼い頃、学校で石炭ストーブを使っていた記憶がかすかにある。
石炭ストーブの周りには鉄の柵のようなものがあって、休み時間雪に埋もれたグランドでクラスメートと遊んだ後、皆のぬれた手袋や帽子がストーブの柵にぶら下げられ、そこから湯気が上がっていた。


タスマニアの暖房は、おそらくまだ木が主流だと思う。
冬になると長さ30〜40cm直径20〜30cmに切られた丸太が小型トラックの荷台に満載され道路の路肩に止めてあるのをよく目にする。
そのくらいの量だと大体200ドル前後の値札が荷台に表示されているはずだ。
このトラック一杯の丸太、以前住んでた家では1ヶ月半で全て消費した。
冬期間中、タスマニアの人たちが皆、毎日この勢いで木を燃やしていると考えると、ちょっと恐ろしい気がする。
世界の暖房燃料の80%以上はまだこの木に依存しているらしいので、冬になると世界中で凄まじい量の木が灰になっているということだ。


今僕が住んでいる狭いフラットでは電気ストーブを使っている。
僕は寒がりなので朝起きたらすぐにこのストーブのスイッチをオンにし、家にいる限りは寝る前までオフにすることはない。
家の中ではアウトドア用の温かいソックスをはき、常時フリースを着ている。
(北海道の冬、家の中ではTシャツだった)
時にはダウンベストを着て、毛糸の帽子をかぶることもあるが、それでも歯をカチカチならし、震えているときがある。


ベッドのシーツの下はもちろん電気毛布。
つい最近までは湯たんぽも一緒に使っていた。
湯たんぽ、皆さん知っているだろうか?
厚いゴム製で出来た氷枕のような袋状の物の中に熱湯を注入し、さらにそれを毛がふさふさした厚手の生地で出来た巾着のような袋に入れ、ベッドに入れる寝る。(とても悪い説明文)
僕はこの湯たんぽを毎晩抱きしめて寝ていたのだが、ある日、強く抱きしめすぎたのか、低温火傷を負い、身体に水ぶくれが出来たのをきっかけに、辛い別れを味わった。
この湯たんぽ、タスマニアでは人気の商品で、子供からお年寄りまで愛用者が多い。
僕の子供たちはこの湯たんぽを巾着ではなく、毛がふさふさしたワンちゃんや猫ちゃんのぬいぐるみのような袋に入れて毎晩抱きしめている。
「次はゾウさんのぬいぐるみにしようかなぁ」と僕の家でホットチョコレートをすする友人に言うと「君はね、違うものを抱きしめて寝ることをそろそろ真剣に考えるべきだよ」と彼は真顔で僕に答えた。


あ〜あ、だから冬は嫌なんだ。











f0137354_21433720.jpg











f0137354_2144181.jpg





Mt Wellington Pinnacle, Tasmania










ranking banner人生、冬ばかりで春が来ない人もいるのよ、と思った人はポチッとよろしく!







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2008-07-27 22:02

ピーターとモーラッグの作品展 #2







さあ、お待たせ、ピーターとモーラッグの作品展!
まずはモーラッグの絵から。
あなたもタスマニアの森に迷い込んでちょーだい。








f0137354_1827442.jpg











f0137354_18281580.jpg











f0137354_18284843.jpg











f0137354_18291285.jpg











f0137354_1829495.jpg











f0137354_18305745.jpg













写真ブログで絵画鑑賞もたまにはいいでしょ。
日本語でも英語でも、ご意見、ご感想をよろしくね!




ranking banner想像力って素敵だぁ〜、と思った人はポチッとペインティング!







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2008-05-17 18:55

写真モードに変身!




僕の場合、写真を撮るときは写真撮るモードに変身する必要がある。

会計帳簿をつけながら、どうして今月は残高がこれだけなの?と首をひねっているとき、キャンプの前日にソファーに寝転がって明日の天気予報を見ているとき、子供たちに包丁の使い方を教えているとき、どれも真剣で集中しているのだが、写真モードのときの僕とはまったく違う。

本郷タケシや一文字隼人がショッカーと戦う前は、周りに誰もいなくても「変身っ!」と声に出して言い、それから腕を回して飛び上がるように、僕も「違う人」になる必要があるのだ。
(何の話しか分からない人、一番古い「仮面ライダー」を観てください)

僕の知り合いの素晴らしい写心をとる写真家はいつも頭にオレンジのヘッドランプを付けて撮影している。きっとあのランプが彼にとって写真モードに変身する為の道具なのだろうし、有名な風景写真家の方が撮影の時にはいつもバンダナをしているのも、もしかするとそれがその人にとっての写真モードの証なのかもしれない。
奈良で鹿の着ぐるみを着て撮影しているあの人は、もう完全に変身してしまっている。







午前3時30分、ベッドから抜け出し、熱いシャワーを浴びる。
写真機材と入れたてのエスプレッソを車に詰込み、闇の中へと走らせる。
車内では音楽をかけず、ラジオのスウィッチもオフだ。
昨夜からの雨がまだ続いている。
フロントガラスに当たる雨の音がBGMだ。
おおざっぱな方向だけを決め、あとはヘッドライトが照らし出す路面をひたすら凝視する。

しばらくすると、空にだんだんと青味が差してくる。
周りの景色がうっすらと見えてくると、途端に写真モード用のアンテナが動き出す。この日の朝日がどんなものかはまだ分からないが、朝のほんの短いゴージャスな瞬間に心がときめく何かをファインダーの中から覗いていたい。

車をゆっくりと走らせながら辺りの様子をうかがっているとき、たくさんの言葉やストーリーが頭の中を駆け巡る。その駆け巡ったものが感動的であったとき、僕ははじめて写真モードに変身できる。


変身しても見た目は同じなのだが、頭の中と、僕の目はまったく前と違う。
一度変身してしまうと、見るもの全てが感動的に見えるのだ。
とくに見慣れた、何の変哲もない日常的なものが突然光って見える。
これを僕は「感動フィルター」と呼ぶのだが、このフィルターを通してものを見ると足下の石ころ、雑草、頭上の電線、道路標識、もう全てが僕の撮る写真の中になくてはならない大切なキャストのように思える。
肉体的精神的にも顕著な変化が現れる。
体温が上がり、脈拍も上がる。
寒がりな僕だが、この時は寒さなど感じず、恐がりな僕だが、この時はどんなものにも向かっていける。
同時に精神的にはかなりエモーショナルになり、涙腺はゆるゆるだ。
シャッターを切る瞬間がある種のオーガズムだと思ってもらってもいいだろう。(あっ、失礼!)
たぶんある種のドラッグを体内で自己生産している状態なのかも知れない。
子供の頃、具合が悪くなって母親と病院に行くと、きまって「うぅ〜ん、自家中毒ですねぇ、、、」とお医者さんに言われたものだが、これもある意味、大人の自家中毒かもしれない。






f0137354_16371691.jpg







雨上がりの、もう何十回も車を走らせ一度も止まったことのない道路の路肩に車を寄せ、路面に反射する朝日に目を潤ませる。
眩しいからじゃない。
まるで生まれてはじめて朝日を見た人のように、「美しい、、、」と呟きながらシャッターを切る。






f0137354_1638226.jpg







そうかと思えば道端のフェンスからしたたる雨の滴を見て、なぜだか「もののあはれ」を感じてしまう。
「Oh, what a wonderful world、、、」頭の中はルイ・アームストロングだ。
「素晴らしい、、、」と呟きながらシャッターを切る。






f0137354_1639678.jpg







サッカーグラントにひっそりと立つサッカーゴールなどを見た時には、もう人ごととは思えない。「君はいつだって、そんなふうに一人で立ち続けているんだね、、、」と自分にまつわるあらゆる状況を無理矢理サッカーゴールにオーバーラップさせ「いいんだよ、それで、、、」と呟きながらシャッターを切る。


写真モードと感動フィルターさえあれば、被写体を選ばない。
ただ大切なことは一人で行動すること。
このトリップ状態を身近な人が見てしまうと、もう二度と会ってくれない可能性がある。

「こいつ、バカなこと言ってやがる」と思っているあなた。
あなたにも写真モードが必ずあるはず。
いい写真が撮れたときの精神状態をよぉ〜く思い出してみてほしい。
その状態を撮影のたびに、意図的に作れるようになれば、それはもう、写真モード!
さあ、声に出して言ってみよう「へぇ〜んしん、とぉ〜っ!」


(どてっ!)








ranking banner私も変身を体験したい、と思った人は、さあ、恥ずかしがらないで!声に出して言ってみよう!「へぇ〜んしん、ポチッ!」







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2007-12-04 16:55

完璧なる雲を求めて 最終回 ーーー 画家、フィリップ・ウルフハーゲン 







f0137354_1615138.jpg







ウルフハーゲンが作品を制作する工程を見ていると、彼の芸術をより一層理解できる。






f0137354_16165914.jpg







毎朝、必ずこのスタジオにやって来て仕事をする。
週6日、5時間が基本ルールだ。
仕事中、ヘンデル、ベートーベン、そしてブリテンなどクラッシクを中心にした彼のお気に入りの音楽がスタジオ内に流れる。






f0137354_16181319.jpg







パレットの上にはハンドグランドオイルに蜜ろうを混ぜた絵の具の固まりが散らばっている。この調合が彼の作品に独特なムードを与える。この日、パレットの上には雲のベースになる色の絵の具がたくさんの小さな山を作っていた。その山のひとつをナイフですくい、素早くブレンドする。絵の具がもつ独特のきめを引き出せるまで、その行為は続く。彼の作業は全てにおいて驚くほどのスピードだ。ナイフを使って絵の具にラインや立体感を付けていく様子はまるで宝石の原石を削っているかのようであり、湧き出る感情を叩き付けているかのようでもある。






f0137354_16202675.jpg







f0137354_16205022.jpg







彼は作品を生み出すためのスケッチとしてカメラを使う。
使い込まれたマミヤ6x7が三脚に取り付けられ、スタジオの脇に置いてあった。






f0137354_16244554.jpg







彼の絵がキャンバスに描かれるにいたるまで、様々な思考のスケッチが彼の頭の中で繰り広げられ、それが日記のようにスケッチブックの中に記憶される。
思考のプロセスが記された彼の美しいハンドライティングと水彩でさらりと描かれたスケッチ。それだけでもう完全なアートだ。写真家ピーター・ビアードの日記を僕は思い出していた。






f0137354_16232744.jpg







仕事を始める彼。その顔つきは見る見るうちに苦悩の形相に変わった。
絵の具を混ぜる音、キャンバスの上にナイフを走らせる音、そして彼の息づかいがスタジオ内に流れる優雅なクラッシック音楽をかき消すかのように僕の耳に響いた。






f0137354_1627362.jpg







「僕はセオリーに乗っ取った方法で絵を描かない。作品制作のプロセスの中から沸き上がるものに忠実に従う、これがある意味、僕の方法論かもしれない」






f0137354_16282669.jpg







このプロセスこそが、彼の芸術の要であり、地獄の時間だ。






f0137354_16295715.jpg







僕は無言でファインダーから見える彼の姿を追い、シャッターを切り続けた。
おそらくファインダー越しでなければ作業する彼を至近距離から直視できなかったであろう。
真剣勝負する人間の鋭い気がひしひしと伝わってくるのだ。






f0137354_1631474.jpg







「創造のプロセスは僕にとって、それはもう、苦悩以外の何ものでもない。表現したいものの核心を得るため、何ヶ月も失意の時を過ごすことがある。そして、それはまるで中世の錬金術や魔術のように、突然目にはハッキリと見えない形で舞い降りて、収まるべき場所へおさまる。それは静寂さと統合性を兼ね備えたもので、あたかもずうっと前からそこに存在していたかのようにやって来るんだ。そして僕がそれを感じ取ったとき、やっといい絵が描けるって確信するんだ」






f0137354_1632162.jpg







彼と二人で歩いているとき、僕はちょっとくだらないと思える質問を彼にした。
今回の仕事とは関係のない個人的な質問だ。

彼は優秀な作家であり、同時に小さな子を持つ父親でもある。
スタジオ以外では夫として、父親として全力を尽くす人だ。
彼の創作の世界と現実の家庭生活は対極にあるような気が僕にはしたのだ。
どうやってバランスをとるのだろう、、、?

「人類の共通の感情、自然が発する未来へのメッセージに思いを馳せた1時間後に、僕は子供のおむつを取り替えなくてはいけないんだよ。でもそういう日常の繰り返しがあってこそ、僕たちは人間の普遍性やこの大自然について考えられるようになると思うんだ」

そう言って彼はまた雲を見上げた。






f0137354_16351642.jpg







仕事を終え、ホバートへ向かう車の中。
撮影をした僕も、インタヴューをしたギャビーも無言だった。
彼の思想や情熱に打ちのめされたからだ。
この日の経験が何か違った形で活かされる日が、いつの日かギャビーや僕にもやってくるだろう。
追い続ける人から、僕はいつだって大きな勇気をもらうのだ。






おわり






帰りの様子は以前僕がブログでアップした「流れる雲を追いかけて」でどうぞ。









ranking banner画家もやっぱり大変なんだなぁ、と思った人はポチッと、うぅ〜ん、むむぅ〜、、、、(苦悩する音)。





一連のフィリップ・ウルフハーゲン氏の写真はアメリカ合衆国ワシントン州で行なわれる彼の個展のパンフレット用にベットギャラリー・ホバートの依頼で撮影したものです。

彼の作品に関する質問等はBETT Gallery HOBARTへお願いします。(もちろん英語で)

BETT Gallery HOBART
Email:dick@bettgallery.com.au
Web:www.bettgallery.com.au








このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2007-11-11 16:42

完璧なる雲を求めて#1ーーー画家、フィリップ・ウルフハーゲン








f0137354_1345676.jpg







「完璧な雲を求めて僕は一夏を過ごしたんだ」とフィリップ・ウルフハーゲンは言った。
まるで洞穴のような彼のスタジオ。
そこは作品制作に使われるアマニ(亜麻仁)と蜜ろうの嗅覚を刺激する匂い、そして創造する人間が放つエネルギーで満たされていた。
彼が語るとき、彼の目は窓の外の景色を漂い、さらにその視線は秋の深い青空に浮かぶ綿菓子のような雲を無意識に捕らえる。






f0137354_1363967.jpg







「僕はね、すぐそこまで近づいているのが分かるんだ。完璧な雲にね。でもまだ何かが違う。だから今も、完璧な雲を追い求めているんだよ」






f0137354_1375989.jpg







この日、窓の外には大小様々な雲がぽかりと浮かんでいたが、スタジオの中にもそれとほとんど同じ数の雲たちがキャンバスの中にしっかりとつなぎ止められていた。それらは全て次の個展の為に準備中の彼の新作ばかりだ。
「これは春に捕らえた雲」ウルフハーゲンはイーゼルに乗せられた作品のひとつを指差しそう言った。






f0137354_1391897.jpg







「でもね、まだ理想の雲とは言いがたい。すべては、学校帰りのスクールバスから降りる娘を待っていた時にはじまったのさ」と彼は呟くように言った。
「積乱雲の上に水平に広がった鉄床雲はあてもなく僕の前を彷徨っていたんだ。訳が分からずグズクズと文句を言う娘を引き連れて、僕たちのその雲を追いかけたんだよ」
ひと月後、彼のスタジオには雲のかたまりの写真が散乱し、明るく、蒸気のように立ちこめた雲と不吉な灰色の雲の束が、彼のキャンバスにたなびいていた。






f0137354_13111472.jpg







f0137354_13123864.jpg







不思議な夢物語のような話をする彼、けっしてただの空想にふけるアーティストではない。おそらくオーストラリアにおいて最も名の知られたアーティストの一人であり、特に風景画においては最先端をいく作家として多くの人から支持されている男だ。全ての作家にとって夢のような今の状況を彼は大いに楽しんでいる。
通常、彼の作品はギャラリーのドアが開く前にはもう売れてしまっている。彼の作品購入を待つ顧客リストには100人以上の名が連ねられているのだ。






f0137354_13141043.jpg







そして、それら全ての作品は意外にも、オーストラリアの果ての島、タスマニアの、さらにはその島においてでさえ僻地といえる町から生み出されている。だがその地こそ、彼のインスピレーションが沸き上がる地であり、ここ以上に美しい雲を見れる場所は他にはないのだ。






f0137354_1319288.jpg







つづく









ranking bannerフィリップの話し、もう少し聞いてみないなぁ、と思った人はポチッとブラッシュ!






先週はブログの更新がなかなかできませんでした。
それでも僕のプログを覗いてくれた方、おまけにポチッとまでしてくれた方、ありがとうございました。
今日からコメント欄を開けてみます。
やっぱりコメントのないブログはクリープを入れないコーヒーみたいなもんで(って古いCMの台詞だ!)味気なく感じます。
コメントの返事が遅くなる可能性大ですが、よかったらまた気軽にコメントしてください。
んじゃね。

今日は青空快晴、ぽかぽか陽気のタスマニアより。







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2007-11-11 13:37

<< previous page | next page >>