<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

永住権はドラゴンへの道




Kojiはプロの料理人だ。
彼は僕の近所に住んでいて、僕は彼の家に時々遊びにいく。
僕はあまり人の家に遊びに行くほうじゃないので、これはきわめて珍しいケースだ。
僕も彼もブルース・リーが好きという共通の話題もあることはあるが、Kojiと会えば会話の80%がオージーには理解してもらえないディープなエロ話なので、貧乏暇なしの僕としてはどちらかというと避けて通りたいところ。
それでも彼からお誘いの電話があると熱い電灯に向かって飛んでいく蛾のように彼の家に行ってしまうのは、思わず目がハート型になってしまいそうなおいしいプロの料理を僕にご馳走してくれるからだ。






f0137354_773327.jpg







f0137354_775134.jpg







日本へ向かうシンガポールエアラインの飛行機の中で前の座席に付いている小さな画面で見ることが出来る最新の映画に目もくれず、面白過ぎて睡眠を取る気になれない 横山秀夫氏の「クライマーズ・ハイ」を貪るように読んでいるとき、その日がKojiの誕生日であることを突然思い出した。
2年前のKojiの誕生日、彼の写真を撮ってあげると約束したことも同時に思い出してしまった。
僕は親しい友人の依頼でも無料で写真を撮ることをしない。
それは写真を撮るのが僕の仕事だし、僕が友人のフォトグラファーに僕と子供たちの撮影を頼むときだって絶対にお金を払う。
と偉そうなことを言いながら、プロの料理人のKojiには無料で美味しいものをたくさん食べさせてもらっているので、プロの技術にはプロの技術でお返しをするべきだと前々から思っていたのだ。






f0137354_710896.jpg







Kojiは5年ほど前にオッパイの大きくて美人なオーストラリアの恋人と共に関西方面からタスマニアにやって来た。
やがてその彼女と別れ、異国の地で独ぼっちになってしまう。
この経験は僕もしているので(汗)彼の気持ちは痛いほど分かった。
日本では芸術大学の大学院を卒業している彼だが、この牛と羊がいっぱいのタスマニアで彼の専門分野を活かせる仕事などあるはずがない。
海外生活で英語がペラペラになって、帰国後はハイクラスでファッショナブルな生活をする将来を描いてオーストラリアに来たのだ、テレビドラマの英語も理解できないうちにおちおち日本に帰るわけにはいかない。
彼はそのとき通っていた語学学校のコースを終えると、オーストラリアで仕事にありつき、ビザを取れる可能性が比較的高い料理の専門学校で勉強をすることにした。
早朝や学校の授業がないときはオーストラリア人が経営する寿司屋で責任ある仕事をこなし、そこで得たお金を学費や食材、調理器具などにあてた。
タスマニアに風俗がないのが幸いしたと僕は思っている。
Koji曰く、日本では何をやっても自分で生きているという実感が持てなかったという。
怪しいセールスマンもしたし、夜は酔っぱらっていることが多かった。
お腹のまわりには贅肉がたぷたぷと付いていたが、エクササイズをするより、テレビやパソコンの画面の前で多くの時間を過ごすのが心地よかったタイプの男だ。






f0137354_7115547.jpg







f0137354_7122621.jpg







f0137354_7124924.jpg







f0137354_7131562.jpg







f0137354_7142654.jpg








日本じゃ通用しないからオーストラリアに来た、という人に時々会う。
海外で生きるということは(学生じゃなく仕事をして)日本の10倍大変だ。
本気で怒るし、本気で泣きたくなることがたくさんある。
語学で他の人より劣っている以上、そのマイナスを上回る強い武器を持っていなければならない。
コミュニケーションも高い能力が求められる。
日本じゃ通用しないから、、、といってオーストラリアに来た人間の99%はここでめった打ちにされて、ろくに英語も話せないまま肩を落として日本に帰り、日本では少しだけ知っているオーストラリア英語のスラングを使い、海外に住んでいたことを強調する。
僕が初めて会った頃のKojiと今の彼はまるで別人だ。(エロは変わらない)
しっかりとした目的を持ち、毎日プールで身体を鍛え、僕のような貧乏人に施しを与えることを覚えた。
めった打ちにされて、たくさん泣きを見て、そしてタフな人間になった一例だ。
この日、彼はついにパーマネント・レジデンシー(永住権)を正式に手に入れた。
僕のようにオーストラリア人と結婚して簡単にオーストラリアの永住権を手に入れてしまった人間を除いて、自分の実力でこれを手に入れるのは本当に大変なことだ。
普段、関西人特有の口の悪さで(関西の方、ごめんなさい。彼がそういうイメージを僕に植え付けました)僕をけちょん、けちょんに言う彼を褒めるのは癪に障るが、永住権までの長い道のり、本当に頑張ったね、と小声で彼に言ってやりたい。






f0137354_716772.jpg













ranking banner自分の力で道を切り開くのは楽じゃないけど楽しいよね、と思った人はポチッとよろしく!







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2008-09-30 07:21 | 人・ストーリー

愛する人の寝顔







f0137354_7525769.jpg







愛する人の寝顔を見るのが好きだ。
人はお互いの顔を見るとき、たとえ言葉を交わさなくても自分の気持ちを伝えようとしたり、もしくは相手の気分を知ろうとあらゆる神経が働く。
寝ている者の顔にはそれがない。
愛する人の無防備なその顔を、いつまでも、いつまでも、心ゆくまで眺めることが出来るときは、まさに至福の時間だと思う。
いつも身近にいて、見慣れているはずの子供たちの顔をしげしげと眺めると、色々な思いがわき上がる。






f0137354_7552519.jpg







f0137354_7554481.jpg







f0137354_756124.jpg







人生の中で、まだ何一つ誇れることを成し遂げていないし、写真、写真と騒いでいるのにまだ一枚たりとも満足のいく絵を撮ったことのない僕が唯一100%疑いなく、心から自分の人生に満足できることは、子供たちを手に入れたことだろう。
彼らの父親になれたことに僕は心から感謝している。
誰に?
無神論者だが神様かもしれないし、別れてしまったが前の奥さんかもしれないし、僕がこの世に存在している理由を作ったご先祖様かもしれない。
しかし、彼らを手に入れたことと引替えに僕は人生で最も恐れることを背中に背負ってしまった。
僕はいつだって考える、そんなこと考えたってしかたがないのだがついつい考える、もし彼らを失ったらどうしようと。
テレビや新聞で子供たちを失うニュースを見るたび僕は思う、この子の親はこれからどうやって生きていくのだろう、この苦しみからどうやって這い上がるのだろうと。
僕には想像を絶する。
もし自分の命と引替えに僕の子供たちの命を救えるのなら、僕はためらいなく、喜んで自分を差し出す。
車を運転しながら、海岸を歩きながら、信じていない神様や、もうこの世にはいない父親やおじいちゃん、おばあちゃんに心の中でお願いする、どんな辛いことだって僕は引き受けるから、どうかこの子たちを全ての悪から、全ての災難から、全ての病気から守ってくださいと。







もう何時間も前からシオナはすやすやと眠っている。
彼女の笑顔を飽きることなくかなり長い時間僕は眺めていた。
どうしてなのか分からないけど、突然彼女は目を開いた、そして「ダディ、、、アイラブユー」と言って寝返りをうち、またすやすやと眠った。






f0137354_80506.jpg







f0137354_81983.jpg







f0137354_813579.jpg







f0137354_815378.jpg







f0137354_821580.jpg







f0137354_8233100.jpg













ranking banner今回の話は2枚だけで語れたんじゃないの?と思った人もポチッとよろしく!







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2008-09-28 08:18 | ソーマとシオナ

5週間会えなくなるよ




僕が日本へ旅立つ2日前、子供たちは僕にポテトグラタンを作ってくれた。
日本での滞在は5週間の予定だったので、しばらく会えない僕のために彼らなりに何かをしたかったのだろう。

ソーマは何をやるときも真剣だ。






f0137354_2214748.jpg







そしてシオナは何をやるときも遊び心を忘れない。






f0137354_2232689.jpg







というより、作業中に遊んでしまうのでソーマは少し不機嫌になる。
何をやるときも基本的にソーマがシオナに指示を出し、シオナも割と素直に兄の言うことに従う。
こういう役割分担のようなものを学べるのが兄妹のいい所だ。






f0137354_2244753.jpg







f0137354_2251328.jpg







f0137354_2253146.jpg







ソーマは何かをやった後、僕が何も言わなくても一人で後片付けをする。
子供なのにちょっと神経質すぎるんじゃないか?と彼らの母親で、僕の前の奥さんに意見をすると、僕の遺伝子を100%を受け継いだからそういう性格になったのだ、と言われそれ以上その話題に触れるのはやめにした。






f0137354_2271367.jpg







f0137354_228152.jpg







f0137354_2283868.jpg







ソーマは大真面目でシオナの足の裏にくっついたジャガイモの皮をブラシで落そうとするが、シオナはくすぐったくて身体をよじる。






数日後に迫るシオナの誕生日、僕はタスマニアにいない。
今年のシオナへのプレゼントは彼女が自分で選ぶことにした。
玩具屋、デパート、アートショップなどを何度も行ったり来たりするのは骨が折れるが、玩具を見て思わずにんまりと顔がニヤけるシオナを見ていると、今日はとことん付きあおうと腹を決めないわけにはいかなくなる。






f0137354_22103788.jpg







彼女が納得するものを見つけるまで、僕はちは永遠と街の中心部を歩いた。
ガールフレンドが出来たときこの経験が活きるのだからもう少し我慢しなさい、とソーマに言うと、ガールフレンドなんかいらない、と彼はぼそっと言った。
僕は欲しいけど。







少し早めのささやかなお誕生日会を、僕とソーマとシオナの3人でした。
色々と作った料理の中でも淡い色のポテトグラタンが格別に燦然と輝いていた。
シオナのリクエストで買ったチーズケーキにローソクを立て、願い事をしてから彼女は火を吹き消した。
子供の願い事はいつだって必ず叶うもの。
新しい5Dが欲しい、という僕の願い事とは美しさの次元が違う。
静かなお誕生会は思いのほか幸せに満ちあふれていた。
ソーマも絶えず幸せそうな笑顔を浮かべていた。
派手なバースデイパーティより、意外とこういう地味な誕生日が心に残ったりするものかもしれない。






f0137354_22123376.jpg







彼らと5週間会えないだけなのに、僕は妙にセンチメンタルな気持ちになっていた。
子供たちも僕と同じ気持ちだったことは、彼らのいつもとほんの少しだけ違う仕草や言葉のはしはしから痛いほど僕に伝わってきた。












ranking banner子供が作ってくれたごちそうは5つ星レストランよりも美味いよね、と思う人はポチッとよろしく!







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2008-09-26 22:29 | ソーマとシオナ

敗者復活戦




負け戦の翌日、朝から僕は不機嫌だった。
前日のことがまだ胸の中でもやもやしていた。
何本かのメールを書かなくてはいけなかったが、不機嫌な時に書くメールは負のオーラが出てしまうもの、この日は必要最低限にとどめて、事務処理的仕事に没頭することにした。
夕方から親友のギャビーと夕食の約束をしいた。
こんな日は申し訳ないが親友たちが僕の憂さ晴らしの生け贄になる。
さんざん愚痴って胸のもやもやを晴らそうと、僕は勝手に決めていた。


夕方、彼女を迎えに彼女の家に行った。
彼女はマウントウェリントンの麓の見晴らしのいい場所に住んでいる。
この日はもの凄い強風だった。
レストランに行く時間まで彼女のリビングで話をしているとすっかり外は暗くなりはじめた。
空があまりにも異様な色をしていたのでベランダに出てもっと外の風景が見やすい位置に移動した。
僕は自分の目を疑った。
一瞬、ホバートの街が大火災に遭っているように見えたからだ。
昨日僕がまわった地域の日は消し止められたが、ブッシュファイアーが他の地域に飛び火したのだ。

オーストラリアで数あるブッシュファイアーの被害の中でも最悪だったのは1967年タスマニア、ホバート周辺2,642平方キロメートルを焼き付くし、62人の命を奪い、7千人以上の人たちが家を失った「ブラック・チューズデイ」だ。その当時の凄まじい話は本やドキュメンタリーで何度も見ている。
今まさに、あの惨事が再び起こるのか、、、身体に鳥肌が立った。
レストランの予約の時間が近づいているがこの光景を見た僕はあからさまに落ち着きがなくなっている。
昨日何が起こったかギャビーには既に話をしていたので、彼女も僕の気持ちを察しているようだ。
「マナブ、車に機材は積んでいるの?」
「うん、必要なものは全てある」
「じゃあ、予約はキャンセルね」
「悪いね、ギャビー。せっかくだから僕と一緒に来る?」

僕たちはすぐに車に乗り込み、タイヤを鳴らしてマウントウェリントンの頂上へと向かった。
昨日の敗因の大きな原因は目の前で繰り広げられる迫力のある消火活動を撮りたいという考えに固執しすぎたせいで全景を撮ろうとしなかったことだ。
今山の上から火災を見て僕はインパクと受けた。
今日はその印象をそのまま撮ろう。
一番見晴らしのいい場所はホバートの街を見下ろすマウントウェリントンの頂上に違いない。


「マナブ、普段からそういう運転している訳じゃないわよね?」
山の頂上へ向かって僕はラリードライバーのような運転をしていた。
頂上へ着き車のドアを開けた瞬間、な、なんと凄まじい強風に煽られ、70度くらいの角度にしか開かない車のドアが130度くらいまで開いてしまった。
車の中に入り込んだもの凄い勢いの風は渦を巻き、驚いてお互いの顔を見つめ合っているギャビーの髪の毛はブッシュファイアーの炎のように天井へ向かって逆立っていた。
ドアを直そうと思って車の外へ出た僕は、文字通り風に吹き飛ばされた。
立っていられないほどの強風、こんな経験初めてだ。
車のドアに身体を押し付け、力づくで押し戻したがドアはもうきちんと閉まらない。
車の中にあったロープをぐるぐる巻きにし、ドアが車から外れないよう応急処置をした。
車から三脚を出し、カメラに70-200mmf2.8のレンズを付けるのだが、三脚の上でカメラがブンブン動いているのが目に見えて分かる。
彼女と二人掛かりで三脚にしがみつき、連続で100枚くらい切った。
止まっている絵があることを神に祈るのみだ。


昨日仕事を依頼してくれたジ・エイジのデスクに電話をした。
「一日遅くなりましたが、今日は凄いのが撮れました」
胸の中のもやもやは、やっとどこかへ消えてくれた。






f0137354_09093.jpg









注)このときのギャラはドアの修理代で消えました。






ranking banner運も実力のうち、と言ってくれる人はポチッとよろしく!







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2008-09-24 00:24 | 仕事

「撮れなかった」は負け戦




携帯電話がなって目が覚めた。
時計は午後1時過ぎ。
クライアントに収めるDVDディスクの処理を徹夜でし、ベッドに潜り込んだのは朝の7時頃だった。
電話越しの相手の声は聞き慣れない声だ。
いや、ただ単にまだ寝起きで頭がまったく回転していないだけ。
英語力が乏しい僕のような人間は電話での会話が何よりも嫌いだ。
いつも相手の表情やジェスチャーから会話の内容を推測しているため、顔が見えない相手だと得意の想像力が働かないのだ。
「マナブ、もし可能ならすぐに撮りにいって欲しいんだ、、、」
「あっ、はい、え〜っと、大丈夫です。すぐに撮りにいきます。で、何を、、、?」
「君の住んでいる辺りが凄い山火事になっているという情報なんだが、君は大丈夫なのかい?」
くん、くん、くん、、、そういえばなんだか焦げ臭い、、、。
まだ半分しか開かない目を擦りながらカーテンを開けると、まぶしくて外が見えない。
いや、眩しいからではなく、煙で外が見えないのだ。
まずい、、、寝ているうちに周りが大変なことになっている。
「はい、確かに外は凄い煙です。さっそく撮りにいきます。あ、ところで写真はいつものようにピクトリアル・デスクに送ればいいんですか?」
僕は時々仕事をしているオーストラリアの全国紙ジ・オーストラリアンの編集の人と話をしているつもりでいた。
しかし、この電話はオーストラリアの全国紙ジ・エイジからだった。
オーストラリアのメディアは大きく二つに分かれる。
一つはジ・オーストラリアンなどのマードック系。
そしてもう一つはジ・エイジを代表とするケリー・パッカー系だ。
ジ・エイジからの仕事の依頼は初めてだった。
心臓がバクバクし始め、眠気はどこかへ吹っ飛んだ。


機材を持って外に出ると驚いた。
僕の家から数100メートルの林がゴウゴウと燃えている。
いや、この辺だけじゃない、かなり広範囲の山火事だ。
さっそく火が上がっている方向へ車で向かうのだがすぐに道路封鎖のため前に進めなくなる。
道路に立つポリスや消防士に事情を説明し封鎖されている先へ進もうとしたのだが絶対に僕を中へ入れてくれない。
車に引き返し、最寄りの消防署へ向かった。
この地域一帯の消火活動のメイン司令室があるはずだし、そこには僕に撮影許可を出してくれる責任者がいるはずだ。
責任者を見つけ話をしたが、やはり消火活動の現場へ行く許可は出なかった。
ブッシュファイアー(山火事)が多いオーストラリアでは火災現場に関して数々の規制がある。封鎖されている地域へ入るためにはたとえメディアの人間であっても資格が必要になる。野次馬が消防士の横でピースサインを出して写真に納まるなんてコトはあり得ないのだ。
この資格は消防署が行なうセミナーに参加し、特殊な訓練を受け、専門知識を学び、テストにパスすることによって得られる資格だ。
その資格を得るとヘルメット、防護服、そして消火活動の現場に入れるパスがもらえる。
テレビで消防士が消火活動をしている映像を撮っている人、リポーター、記者、メディアのフォトグラファーたち、この人たちはすべてこのパスを持っている 。
ジ・エイジのエディターに火災現場を撮りにいくと僕は言った。
彼はもちろん僕がこの消火活動の現場に入れるパスをもっているものだと思ったであろう。
まずい、、、撮ると言ったのに、、、責任が、、、。
こうなったらゲリラ作戦しかない。






f0137354_13444712.jpg







既に消火活動が終わり、まだ黒い地面から煙が上がっている林からこっそりと火災現場に近づく作戦に出た。
ワークブーツをはいて出かけたが足の裏に熱が伝わる。
靴が溶けてしまわないか心配だった。






f0137354_13465897.jpg







家が焼けてしまう災難から危うく逃れた人に話を聞き写真を撮るが、火が上がっている絵でないと使われるはずがない。


時間は刻々と過ぎ、焦りはじめる。
そして消防士に見つかり、しこたま怒られ、僕は再びロープの外へ出されてしまう。


ロープの周りで右往左往するが気持ちが焦る一方でろくな絵などまったく撮れない。
新聞の締め切りは通常午後7時前後。
特ダネや重大な出来事に関しては午後11時くらいまで延ばすことが出来る。






f0137354_1349746.jpg







夜の暗闇にまぎれて炎が上がる方向へと林の中から再度潜入を試みた。
煙と熱風に包まれ目からは絶えず涙が流れ、喉が痛む。
炎が舞う道路に出ることが出来た。
日常的に使っている道路なのにその姿はいまや地獄絵だ。
僕の周りに火の粉が舞い、時折炎のかたまりが悪魔の手のように僕を捕まえようとする。
僕は腕時計を見た。
もう夜の7時を回っている。
よほどインパクトのある写真を手に入れない限りもう僕の写真が使われる可能性はない、、、悔しくて、情けなくて、自分に猛烈な怒りを感じた。
そして、突然怖くなった。
どうやってここから抜け出そう、、、?
僕を包む火の粉はさらに激しく吹き荒れる。
まるで冬の北海道の地吹雪のようだ。






f0137354_1351182.jpg







大きな木が轟音とともに何度も倒れ落ちる。
まずい、ひょっとしてひょっとすると、これは本当にマズい、、、。






f0137354_13522388.jpg








炎の中からヘッドライト光が一筋見えた。
見回りにきた消防署のジープだった。
またまたしこたま怒られ、安全地帯に戻った僕は煙が上がる方向を振り向き燃せず、まっすぐ家に帰った。


午後11時少し前、納得のいかない写真を20枚ほど新聞社のピクトリアルに送った後、バスルームで鏡に映る自分の顔を見た。
すすだらけで真っ黒の不機嫌な男の醜い顔が見えた。
シャワーを浴びながらも撮れなかった自分に対する怒りが収まらない。
どんな状況でも受けた仕事はきちんとこなすのがモットーだ。
この仕事をしている人間は「撮れなかった」という言葉だけは決して吐いてはいけない。
くたくたに疲れた身体をくの字に曲げてベッドに横たわったが「負け戦」という惨めな気持ちに苛まれ、眠りにつけぬまま夜明けを迎えた。













ranking bannerくやちぃ〜、と言いながら布団にくるまったことのある人はポチッとよろしく!







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2008-09-22 13:56 | 仕事

削除のお知らせ



削除のお知らせ

シリーズでアップした「被写体、ヨダマサヤという男」は削除しました。
最終回でのオチに向けて重ためのテキストと写真を数回にわたりアップしましたが、最終回の記事をアップできなくなったため、これまでの記事が中途半端なものになり、伝えたかったヨダさんの本当の魅力(僕が感じた)を伝えることができなくなってしまったからです。

記事を楽しみにしてくれていた皆さん、ごめんなさいね。

撮影に協力してくれたヨダさん、ありがとう。

マナブ

by somashiona | 2008-09-22 13:40 | 人・ストーリー

<< previous page | next page >>