<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

あなたはビル・ヘンソンの写真に賛成、それとも反対?




アメリカで写真といえばいまだにアンセルアダムスの写真を多くの人が思い出す。
写真にさほど興味のないアメリカ人にとって彼は写真の代名詞だ。
写真にさほど興味のない日本人に木村伊兵衛や森山大道と言ってもぜいぜい時代劇の役者か何かだと思うかも知れないが、篠山紀信やアラーキーの名前を聞いてプロレスラーや政治家を思い浮かべる人は少ないだろう。
タスマニアで写真が好きだと言えば写真に興味のないほとんどの人たちはピーター・ドンブロンスキーというタスマニアの伝説的写真家の話をはじめる。
では写真に興味のない一般的オーストラリア人にとってアンセルアダムスや篠山紀信にあたる人は誰だろうか?
それはきっとビル・ヘンソンではないだろうか。







f0137354_2162215.jpg







f0137354_2183350.jpg







f0137354_2172719.jpg





3点ともにビル・ヘンソン
















写真家としてオーストラリアではすでに揺るぎない名声を収めているビル・ヘンソンだが昨年シドニーの個展で彼は地雷を踏んでしまった。
思春期の少年少女(12歳から16歳以下)を被写体にしたヌード写真が児童保護団体から猛烈なクレームを受け、写真展のオープニング直前に作品が警察に押収されてしまったのだ。
ケビン・ラッド首相もビル・ヘンソンの作品に対してかなり強い批判のコメントを出し、これはオーストラリア中の論争の的になった。
美しい少年少女の写真はアートか児童ポルノか?
以前紹介したゲイ・レズビアンのパレード、マルディグラが人びとに受け入れられるこの自由な国においてビル・ヘンソンの写真展がこれほどまでの論争になったことは僕にはとても驚きだった。
自由、自由と言うが、これがひとたび子供の問題になるとオージーたちは極端にナーバスになる。
学校でも公園でも子供たちを守ろうとするルールはかなり厳しい。
僕も子供を持つ親、こういう動きには大いに賛成だ。
こういうことに関して厳しいのは基本的に大切なことだと思う、基本的には。
日本で起こる登校、下校時の痛ましい事件・事故をオーストラリア人が耳にするたび彼らは素朴な疑問を持つ。
どうして親が子供たちを送り迎えしないのかと。
ほとんどの先進国では子供を学校に送り迎えするか、スクールバスを使って登下校するのが常識だ。
それは登校、下校時が危険だからだ。
日本ではすでに多くの事件事故が起こっているにも関わらずこういう基本的なことが見直されない。
これは本当に不思議だ。
話は写真に戻るが、子供の写真の扱いに対する学校や親たちの反応が過剰ではないかと思うことがしばしばある。
子供を守ることに関して厳しいのは賛成だとさっき言っていたじゃないか、と突っ込む人もいると思うがこういうことへの過剰なルールは物事の本質を見る目や感覚を奪ってしまう危険性があるような気がするのだ。
子供たちが関わる写真の仕事は制限が多すぎてなかなか思うようなものが撮れない。
卒業式や運動会で自分の子供すら撮影禁止の学校も出始めているらしい。
子供たちの顔が一切出ない学校のホームページ、子供たちの顔が出ない公園の写真、僕たちは将来写真で子供たちの姿を見ることができなくなるかもしれない。
西欧の宗教画などでは全裸の天使が空を舞い、噴水に小便小僧がオシッコを流すが、たぶん近い将来ユニクロのTシャツと短パン姿で空を舞うキューピットや便器に座る大便小僧しか僕たちは目にすることが出来なくなるだろう。

子供たちを暗闇から見つめ、牙を剥く獣が世の中に増えすぎていたとしても裸イコール悪という公式を僕たちは作るべきではない。
男も、女も、子供たちも、年寄りも、裸には語り尽くせないストーリーがあり、性別、年齢、体型に関わらず美しい。
子供たちを守るという強い決意と全てを覆い隠してしまわないというきわどい判断の狭間で僕たちは上手くバランスをとりながら生きていかなければいけない時代に突入しているようだ。

で、あなたはビル・ヘンソンの写真に賛成、それとも反対?













f0137354_21174311.jpg





テキストとは関係ないけど、ソーマとシオナ@キングストンビーチ








ビル・ヘンソンの写真をもっと見たい人はこちらで












ranking banner私は、、、えぇ〜っと、えぇ〜っと、、、考えがまとまらない人もポチッとよろしく!







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2009-03-30 21:19

いくつになったら大人になるの?




オーストラリアで十代の少年少女と話をしていていつも感じることがある。
それは彼らがマチュアー(mature)だということだ。
マチュアーというのは「大人びた」とか「円熟した」「熟年の」というような意味だが、彼らを見ていると日本語で「大人びた」というよりも「マチュアー」という響きがピッタリくる。

一方、日本に帰国するたびに感じることは大人たちの幼稚さだ。
世界の中でこれほど言動、嗜好、価値観に大人らしさを感じない国民はいないのではないかと思うことがある。
マチュアーの反意語はイマチュアー(immature)、「子供じみた」という意味合いではチャイルディッシュ(childish)だが僕にとってこの場合、「幼稚」という日本語がピッタリくる。

悲しいことに日本ではテレビが日本人の価値観を作っているようだ。
どこのチャンネルを回してもお笑い芸人が番組を占拠し、政治や国際問題を語っている国など世界じゅうどこを探してもなかなかないだろう。
海外に住んでいるとこういうことが異常に感じる。
外国人が僕に真剣に質問する。
「マナブ、どうして日本では高級なスーツを着たビジネスマンが携帯電話にオモチャを付けてるの?」
「どうしてニュースや天気予報でぬいぐるみやマスコットが出てくるの?」
お願い、僕に聞かないで、、、。

東京に住んでいた時、あらゆる分野のフリーランスの人たちと働いた。
僕もそうだが学校を出て、どこかの会社に就職して、そしてフリーランスになるというステップを踏む人が多い。
その人たちに「いつフリーでやっていく決断をしたのか?」という質問をするとどういう訳かほぼ全員が27歳前後と答えた。
27歳。
社会に出てから仕事や人間関係で揉まれ、先輩や上司の生活を見て将来の自分を想像し、社会人、仕事人としての自信がつきはじめる頃。
きっとこのくらいの年齢になってからはじめて自分の将来を現実的に見ることが出来るのではないか。
日本の成人式は27歳で、という法律を作ってはどうか?
「お酒と煙草は27歳から!」そうなると成人式で暴れるお子様はいなくなるだろう。
どうすればマチュアーな少年少女を日本の中で増やすことが出来るか?
それは子供を育てる大人がマチュアーになるしかない。
どうすればマチュアーな大人になれるか?
自分のことも含めてなかなかいい答えが見つからない。
いったい、僕たちはいくつになったら大人になるの?








f0137354_928144.jpg







f0137354_9294187.jpg







f0137354_9314134.jpg







f0137354_9325612.jpg







f0137354_9321588.jpg







f0137354_933661.jpg







f0137354_935445.jpg













ranking bannerそう言うお前が一番幼稚だ!と怒った人もポチッとよろしく!







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2009-03-28 09:42 | ソーマとシオナ

おやすみ前の読書は美しい




一日の終わりにベッドの上でお気に入りの本を読む時間は至福の時間だ。

そして、それをするのが素敵な女性なら、本を読む彼女を眺める男性にとってもそれは至福の時間。

彼女の視線は文字を追う作業に集中している。

それをいいことに、つま先から頭のてっぺんまでタングステンライトで照らされた美しい姿をゆっくりと観察する。









f0137354_12575924.jpg









話しかけたい衝動を抑え、とにかく眺める。

きれいな風景も、きれいな身体も、目の前にあるものが本当に美しいと、それをたたえる言葉はなかなか頭に浮かばない。

だから僕たちは写真を撮る。

そしてそのときの感動を自分だけのものにせず、誰かに伝えようとする。

眠りに落ちた彼女の姿をフレームに収めた後は、夢の中で至福の時間の続きを味わおう。








f0137354_12565011.jpg

















ranking bannerそんな時間までカメラを手にするのはヤメた方がいい、と思った人もポチッとよろしく!







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2009-03-22 13:00 | デジタル

身軽な旅行!?そんなのムリ、ムリ!



今、どんよりとした鉛色の雲とジェットエンジンの音に包まれたメルボルン・インターナショナルエアポートの建物の中にあるハドソンというカフェでラテを飲みながら飛行機の離着陸を眺めている。
海外への旅行はどうしても待ち時間が長くなるが僕はこの時間が嫌いじゃない。
色々楽しみ方はあるが僕が楽しみにしているのはなんと言っても読書。
腰を据えて読めなかった本を数冊、ここぞとばかりにカメラバックに詰め込む。
僕たち仕事で写真を撮る人間にとって撮影旅行とは胸を締め付けられる選択との格闘だ。
通常、機内持ち込みのバックが7kg、そしてチェックイン(預ける)するバックは20kgまでが限度だ。
昔は荷物の重さの制限はさほど厳しくなかったが最近では1kgでも越えるとスピード違反をしたドライバーのような怒りのぶつけどころがない思いを味わう。
フィルム時代は海外の取材でもEos-1Nが3台、28㎜、35㎜、50㎜、85㎜、70−200㎜、サンパックのフラッシュ3台、バッテリーパック2台、フィルムはタングステン、デイライト合わせて100本以上持って行った。
今はズームレンズをメインで使っているがあの頃は単レンズを信じていたので必然的に荷物が多くなった。空港ではフィルムのx線の器械の前で毎回すったもんだする。
デジタルになってから僕が取材旅行に持っていくカメラ機材は一見少なくなったような気がするが、実はそうでもない。
パソコン機器が付随してくるからだ。
例えば今日はEos30Dと40Dの2台のボディ。キャノンの17−55㎜と70−200㎜にシグマの17−70ミリ。シグマのレンズはキャノンのレンズに何かあったときの保険用と接写等のマクロを使うため。スピードライトが2台とバッテリーパックにトランスミッター。
ライトスタンド1本と傘。カメラのためのバッテリーが7個、フラッシュのための充電要電池が28本にもちろん各々のバッテリーチャージャー。
コンパクトフラッシュが10枚。パソコンはPowerBookG4でこれがけっこう大きく重い。500GBの外付けハードドライブ、USBハブ、カードリーダー、マウス、それらにつかう各種コードに日本、オーストラリアのコンセントの形状を変えるアダプター。ブロアー、レンズペーパー、シャワーキャップ、ビニール袋、ハンドタオル、輪ゴム、パーマセル、油性のペン、メモ帳、ボールペン、名刺、ニューロフェンプラス(頭痛薬)、予備の眼鏡、、、、。
今挙げたものは全て必須だ。
家を出る前は本当に全て準備したか心配になる。
今日は家を出る直前にパスポートを持っていないことに気がつき、焦った。
持って行きたいものは山ほどあるが少しでも荷物を減らすためにボールペンの一本、下着の一枚まで考えてしまう。
(冗談ではありません)
身軽な旅行がしたいなぁ、、、と思う時もあるがカメラ機材を持たない旅行など考えられないし、カメラを持てないのなら旅行など行きたくないと言っても言い過ぎじゃないかもしれない。
カメラを持たないで旅行をするのは下着をはかないでミニスカートで歩くときの女性の心境に似ているかもしれない。
(すみません、まったく的を得ていません)

この辺で話は戻るが、そんな厳しい選択をして荷物を減らしたカメラバックの中に割と重ための本を数冊詰め込む自分に「これだけは、これから頑張る自分へのご褒美ということで許してください」と小声で囁く。
人間、楽しみがなければ辛いことを乗り切れません。












f0137354_2395272.jpg







f0137354_23112411.jpg













注)このテキストは4日前に空港で書きました。
写真はテキストと無関係ですが、飛行機に乗るといつも一瞬テロのことが頭によぎる。
そんな訳でオサマ関係の写真でした。












ranking banner「カメラを持たない旅行なんて、クリープを入れないコーヒーのようだ」遠藤周作






遠藤周作はそんなこと言ってない!と思った人も、なんのこっちゃかさっぱり分からん!と思った人もポチッとだばだぁ〜、だばだぁ〜、あぁ〜、、、。








このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2009-03-15 23:28 | デジタル

シドニー ゲイ&レズビアン マルディグラ2009




先週末はシドニーで過ごした。
去年に続き今年も世界最大のゲイ&レズビアンの祭典であるシドニー・マルディグラ2009を撮るためだ。
この祭典は約3週間にわたって行なわれるが最終日のパレードがなんといってもこの祭典の華。
シドニーのシティ中心部が完全封鎖され、このパレードを一目見ようと世界中から60万人以上の人びとがここに集まる。
今から31年前、このパレードがはじめて行なわれた時、逮捕者が出た。
当時の警察や国家権力が社会のマイノリティである彼らに振るった暴力は半端じゃなかったらしい。
だが今や、このパレードはシドニー市はもちろん、オーストラリアという国家が国をあげて応援する一大イベントとなった。
昨年はじめてこのイベントを撮った時、僕は言葉では言い表わせないような感動を味わった。
マイノリティといわれるゲイ、レズビアン、バイセクシャル、トランスセクシャルたちが街にあふれ、胸を張って歩き、抱き合い、キスしあう姿を見ているとまるで新世界に自分が迷い込んだ錯覚に陥る。
そして次に自由であることの喜びが身体の底から沸き上がる。
どんなことにおいても好き嫌いは人それぞれある。
価値観も人それぞれ違う。
しかし僕たちは自分の好き嫌いや価値観を他者に押し付ける訳にはいかない。
道徳や倫理、時には宗教観を全面に押し出し、一方的な法律を作って「こうあるべきだ」と人びとに強要し、それにならわない人を排除しようとする動きほど醜いものはないと思う。
受け入れることの素晴らしさ、マルディグラはそれをストレートに教えてくれる。
31年前、ゲイやレズビアンを迫害した国家権力のもとで働く警察官や政治家、宗教団体のゲイやレズビアンが胸を張ってシドニーのど真ん中を行進し、人びとがその勇気を称える。
これがオーストラリアの大きさだ。
これがオーストラリアの懐の深さだ。
東京のど真ん中でこれができるか?
石原さんがこれに協力するか?
人びとは愛をもって彼らに手を振るか?
これから僕たちを取り巻く厳しい時代を生き延びるには経済力以上にこういったハートが必要なのではないか?
マルディグラを経験した後、僕は以前よりもオーストラリアが好きになった。
この国で生きていけて自分は幸せだ。
”Thank you Australia”












f0137354_2236194.jpg







ミスター オーストラリアのクマさんたちも






f0137354_22365366.jpg







こう見えてもとってもシャイなエンジェルも






f0137354_22373252.jpg







顔は恐いけど持っているものは可愛い悪魔さんも






f0137354_22391955.jpg







口づけを交わす少年たちも






f0137354_22382863.jpg







口づけを交わす女性たちも






f0137354_22384654.jpg







口づけを交わすおじさんたちも






f0137354_2240734.jpg







お尻を撮られて喜ぶ人も






f0137354_22402768.jpg







お尻を叩かれて喜ぶ人も






f0137354_2242279.jpg







お尻を叩いて喜ぶ人も






f0137354_22423534.jpg







自分のパフォーマンスに酔っちゃう人も






f0137354_22425885.jpg







パフォーマンスに酔わされた人も






f0137354_22431893.jpg







熱狂するボーイズも






f0137354_22445291.jpg







熱狂するガールズも






f0137354_22435537.jpg







熱狂するキッズも






f0137354_2244162.jpg







熱狂しても乱れないポリスも






f0137354_22443878.jpg







みんな、みんな "THANK YOU AUSTRALIA"













ranking banner私もお尻を叩かれてみたいと思った人も、私はお尻を叩いてみたいと思った人も、ポチッとビシッ!あ、あぁ〜ん、、、。







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2009-03-09 22:54 | 仕事

週刊文春デヴュー!




赤く咲くのはケシの花
白く咲くのは百合の花
どう咲きゃいいのさこの私
夢は夜ひらく

(『圭子の夢は夜ひらく』作詞:石坂まさを)


3月5日発売の週刊文春を買ってください、見てください!
トラベルジャーナリストの寺田直子さんとタスマニアのケシを追いかけた記事がグラビアで掲載されています。(されているはず)
どの写真がどう使われているのか、撮った本人がまだ知らないので教えてください!

この話は近いうちにまたします。
お楽しみに!






f0137354_2013455.jpg













ranking bannerよっしゃ〜、これから本屋だ!ちょっと待ったァ〜、キヨスクの方が早いわ〜!と言ってくれる人はポチッとはよろしく!







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2009-03-04 20:14 | 仕事

ミモちゃん、初登場で怒っちゃってます!



今日はミモちゃんの大好物、餃子の日。
ママはミモちゃんが楽しくお手伝いできるように餃子作りの準備をしました。






f0137354_1902437.jpg







でもこの日、ミモちゃんはお手伝いよりも見たいテレビ番組のことで頭が一杯。






f0137354_192538.jpg







ママに聞こえないくらいの小さな声で文句を言いながら餃子を作っているうちに本当に不機嫌になってしまいました。






f0137354_1933265.jpg







文句の声がだんだん大きくなり、不機嫌な態度がエスカレートしてしまうと、とうとうママから退場を命じられました。






f0137354_1943725.jpg







ママもミモちゃんの不機嫌につられ、カンカンに怒りながら一人で黙々と餃子を作りました。
本当はミモちゃんと楽しく一緒に餃子作りをする予定だったのに、、、。
ママは餃子作りの手を止めたかと思うと突然椅子から立ち上がり、ミモちゃんの部屋へ向かいました。






f0137354_1973349.jpg







部屋ではミモちゃんもまだ怒ったまま何をすることも出来ずにベッドの上に座っていました。
ママはミモちゃんと同じ視線になる位置まで腰を下げて、ミモちゃんがとった態度について話し合おうとしました。






f0137354_1973732.jpg







でもミモちゃんがママの質問に答えず、さっきよりももっと怒りだしたのでママは「もういい!」と言ってミモちゃんの部屋から出て行きました。






f0137354_1993954.jpg







ママが部屋から出て行った後もミモちゃんは身動きせず、ただベッドの端に垂れ下がったバックのヒモを見つめ、ひたすらそれを引っ張り続けるだけ。






f0137354_19103376.jpg







しばらくしてミモちゃんはやっと少しだけベッドから動きだし、宝物のビー玉が入った缶を手にしました。
缶を右に傾けて、左に傾け、そしてまた右に傾けるたびにビー玉はガラガラと音を立てて缶の中を転がり続けます。
ミモちゃんの瞳は相変わらず一点を見つめたまま。
壁にかかっているママが描いたミモちゃんの絵は楽しそうに笑っているのに。






f0137354_19101734.jpg







ミモちゃんに近づいて、そぉ〜と顔を覗き込むと缶の中のビー玉と同じくらいキラキラ光った大粒の涙がミモちゃんの鼻をつたっていました。






f0137354_19113415.jpg







涙が鼻の上をつたう時、少しむず痒くなることをたくさん泣いたことのある人は知っています。






f0137354_19122819.jpg







カメラを持って顔のすぐ前まで近づいてきたマナブちゃんに気がつき、我に返ったミモちゃんはもの凄く怒ってマナブちゃんを睨みつけました。
せっかく収まりかけた怒りがまたぶり返したようです。






f0137354_1913409.jpg







いつもはマナブちゃんを見つけると「遊ぼ〜っ!」と言って足にしがみつくミモちゃんもこの時はマナブちゃんに背中を向けたまま一言も口をきいてくれません。
打つ手がないと悟ったマナブちゃんはミモちゃんの部屋から退場しました。






f0137354_19143086.jpg







30分くらい経ってから「ミモちゃん、ごはんできたよ。美味しそうな餃子だよ」とミモちゃんの部屋の外から小声で話しかけると、少し間を置いてからミモちゃんの部屋のカーテンがちょっとだけ開きました。






f0137354_19153077.jpg







夕食のテーブルへつくとママもミモちゃんも不機嫌になったことや、怒ってしまったことなどまるでなかったかのように熱々の餃子を口をほくほくさせて食べはじめました。
先ほどのことにはお互い一言も触れず、熱々の餃子を食べて仲直りです。
ママの笑顔を見たミモちゃんは美味しい餃子を頬張りながらいつものハッピーミモちゃんに戻りました。






f0137354_19162254.jpg







ブログ初登場で怒っちゃったミモちゃんはこれから「タスマニアで生きる人たち」のレギュラーメンバーとして度々登場する予定です。
みんな、よろしくね!













ranking banner怒っちゃった顔がまた可愛いぃ〜!と思った人はポチッとよろしく!







このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!
ranking banner

by somashiona | 2009-03-03 19:31 | 仕事

<< previous page | next page >>