<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

恐怖体験の続報





あ、そう、そう、ハンスマンにやられて僕が死んでしまったと思っている人もいるようなので、恐怖体験の続報をしようと思う。

ハンスマンが潜む車を運転し家に帰った後、僕は3日間車を運転しなかった。
家にたどり着いた日は夜だったので何も手を打たなかったが、翌日僕は殺虫剤を手に恐る恐る車のドアを開けた。ドアを開けたとたん頭に落ちてくるなんてことがあったら気絶する可能性が高いので、かなり注意してドアを開けた。
車内を見渡したが奴の姿はどこにもない。
運転席に座ると肉眼では見えなかったクモの巣が僕の腕に巻き付いた。
その瞬間、全身に鳥肌が立つ。

以前アップしたブログのコメント欄に「写真撮らなかったんですか?シャッターチャンスだったのに」と言うような意見がちらほらあったが、あなたたち、ぜーんぜんわかってなーい!
夜、車を運転しているときに車内で蛇を発見したらビビるでしょう!
それが毒ベビじゃないと分かったとしてもビビるでしょう!
ハンスマンはそれくらいのインパクトがあるのー!
僕的にはハンスマンが出てくるよりは蛇の方がまだましのー。
以前ブログにアップしたハンスマンの写真をもう念のためもう一度載せておく。
こんなものが出てきて平気なのは外国ではスパイダーマン、日本ではOIKAWAさんくらいなもんだ。

さて、話は戻るが一日に3回車内に殺虫剤を撒き、車の中に入るとはやり見えないクモの巣が体に巻き付く。
しかし、奴の姿は見えない。
僕には分かっている、奴は精神的に僕を追いつめようとしているのだ。
そうやって姿は見せず、僕に引っかかるようにクモの巣だけを残し、「最後に勝つのは俺様だ」と脅迫まがいのメッセージ僕に送りつけているのだ。
畜生、負けるものか!
ハンスマンの姿は見えないが予想に反し他の虫たちの死骸をちらほら発見した。
車の中にこんなにたくさん虫がいたなんて、、、。
思いがけなかったのはドアミラーの中にかれこれ2年以上住み込んでいたクモくんの死骸だ。
僕のドアミラーには必ずクモの巣が張っていた。洗車をしても2、3時間後にはもうクモの巣が張っていた。
ミラーの隙間に木の枝を入れかき回してみたり、洗車の水圧の高いスプレーをドアミラーの隙間にこれでもかっ!というくらいかけるのだが、やはりしっかりクモの巣が張る。
今回のハンスマン退治の際、ドアミラーの隙間に殺虫剤を吹きかけてみたのだが、心の中では「どうせ翌日にはまたクモの巣が張っているに違いない」と決めつけていた。
しかし、2日目の朝、ドアミラーの隙間にはそこからもがき出ようと上半身だけ出したクモくんが息絶えていた。
ドアミラーのクモの巣は邪魔だったが、なんといっても2年間の付き合いだ、情も移るというものだ。
死骸となったクモくんを見て目頭が熱くなった後、「これというのもあいつのせいだ!」とハンスマンへの憎しみを僕はいっそう強めた。

3日目も発見できず、4日目はどうしても車を運転して行かなければならない場所があったので、また体を石にして殺虫剤臭い車を運転した。

週末、子供たちとキャンプに出かけたが彼らにはハンスマンのことを言わなかった。キャンプ地までの長いドライブ、ハンスマンに怯えて車中で時間を過ごすのは酷というものだ。
キャンプ場で車の中からガスボンベを取り出したとき、ハンスマンがくっ付いていたので僕は30cmほど飛び上がった。
しかし、奴は既に死んでいた。後ろの席の足下に置いたガスボンベの下敷きになってしまったに違いない。
思わぬ勝利に僕は思わず笑い声を上げた。
子供たちが「どうしたの、ダディ?」と聞いたとき、僕は「なんでもない」と答えた。
僕がどれだけハンスマンにビビってたか、子供たちには知られたくなかった。










f0137354_21174359.jpg









f0137354_2118211.jpg









f0137354_21182097.jpg


















にほんブログ村写真ブログに参戦中。
こんなの出てきたら私だって気絶する、と思った人はポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2010-03-25 21:24 | デジタル

本日のお散歩撮って出し写真




やらなくてはいけない課題を明日の金曜日までに終わらせようと鉄の意志で2週間朝から晩まで取り組んだが結局90%までしか達成できないという結論に達した。
世界ぐずぐずだらだら協会タスマニア支部会長の座をいい加減降りたいと自分にムチ打ったが、名誉会長になるまで続ける羽目になりそうだ。
人から言われたことならともかく、自分で決めたことをやり遂げられないのはとても、とても気分が悪い。
2週間、ほとんど座りっ放しだったせか元々悪い腰が痛みはじめている。
立っても、座っても、横になっても腰からお尻、そして左足の側面にかけてズキズキと嫌な痛みが走り、治まらない。
ちょうど友人が同じ問題を抱えドクターに会った。
ドクターからのアドバイスは「じっとしているな、出来るだけ歩け」だったそうだ。昔だったら「家でじっとしていろ」というアドバイスだったろうに、医学もやはり変化しているらしい。

腰がいたく座り続けられないので今日は久しぶりに散歩をすることにした。
エクササイズではなく気分転換が目的だったのでカメラを持って家のすぐ近くの林を歩いた。
土曜日の撮影まで体の一部になって欲しい新しいカメラと新しいレンズ、まだ使い慣れていない。
機材に不安を持って撮影すると必ずへまをやらかす。
なんとかしなければ。

2週間ブログを更新しなかったが、これは僕の精神衛生上よくない。
いつのまにかブログに吐き出す行為がちょっとしたストレス解消になっているようだ。
写真だけアップするのであればほんの数分で済むことなのだが、何か書かないことには気持ちがすっきりしないのだ。
やはり言葉の力は偉大だ。

今日撮ったばかりのお散歩写真をアップしよう。
考えなくてはいけないこと、解決しなくてはいけないことで頭の中が渦巻いていたとしても、カメラを持って外を歩けば3秒ほどでスイッチが入り、自分の世界を泳ぎ回れる。
写真って、本当にいいよなぁ。













f0137354_2132444.jpg











f0137354_2135172.jpg











f0137354_2141696.jpg











f0137354_2144189.jpg











f0137354_215471.jpg











f0137354_2152857.jpg











f0137354_2155711.jpg











f0137354_216259.jpg











f0137354_2164810.jpg











f0137354_2171351.jpg











f0137354_2174034.jpg











f0137354_218766.jpg











f0137354_2183192.jpg












*コメントの返事遅くなって、皆さんごめんね〜!











にほんブログ村写真ブログに参戦中。
お散歩のときは地味な写真撮ってるんだねー、と思った人もポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2010-03-25 21:16 | デジタル

恐怖体験





日曜の夜、子供たちを彼らの母親の元に届ける。
ハグとキスをたくさんして、また次の週末に楽しい時間を過ごす約束をしてから、僕は自分の家に向かって車を走らす。
時速100km/hで運転して約40分のドライブ。
土曜、日曜と精一杯子供たちと付き合うので心も体もヘトヘト、この家へのドライブは毎回睡魔との戦いだ。
この夜もブギーボードのつけが早くもまわっていたようで、すれ違う車のほとんどないタスマニアの夜道で何度もハンドルを握りしめながら眠りに落ちそうになった。
仕方がないので、一度車から降りて写真を撮ることにした。
もう辺りはかなり暗く、ダークブルーの空の中でオレンジ色の夕日が最後の頑張りを見せているところだった。
三脚も手ぶれ補正レンズもなかったが、目を覚ますことを目的に数枚撮った。
フォトグラファーは写真を撮るとすぐに体のスイッチがオンになる。
たった数枚の撮影ですっかり頭が冴えた。(単純)

再び車に乗って運転を始めた。
ブリッジウォーターからブルッカーハイウェイに入り、ホバートへ向かう。
時速100km/hの道路だ。
ブルッカーハイウェイに入ってすぐにフロントガラスの上を何か黒い物体が横切るのが見えた。
かなり大きかったのでワイパーに挟まっていた木の枝か葉っぱが動いたのだろうと思った。
しかし、その物体は右へ左へと移動を繰り返す。
僕はその物体をよぉ~く見てみた。
うわ~、ハンスマンだ!
ハンスマンは体に毛をまとう巨大なクモでフロントガラスにくっ付いていたのは僕の手のひらより少し小さいくらいのサイズ。
ハンスマンだと分かった瞬間体中に鳥肌が立つのを感じた。
慌ててワイパーを動かした。
きゅ、きゅ、きゅ、ワイパーは右へ左へと行ったり来たりするがなぜかハンスマンは同じ場所に留まったまま、、、。
ウォシャー液を出すと時速100km/hで運転しているので水は勢いよく後方へ飛び散るがハンスマンは同じ場所に留まったまま、、、。

僕は本当に震え上がった、ハンスマンは車の外ではなく、僕のすぐ目の前の車内にいるのだ!
すぐに車を止めようとするのだがブルッカーハイウェイはタスマニアのくせして意外と交通量が多く、車を止めるタイミングが見つからない。
しかも2車線道路の路肩には車を止めるスペースがほとんどない。
僕は完全に動揺した。
ハンスマンは助手席側のフロントガラスへ移動し、そこで留まっている。
僕の運転席の周りには彼をつぶせるちり紙や布などない。
手で彼を獲るなんて僕には問題外の選択だ。
車内のライトを付けた、黒いシルエットだったハンスマンの姿がハッキリと浮かび上がる。
そんなものを見るとなおさらビビるのだが、車の中でこいつを見失うことの方が怖い。
車の速度を徐々に落とすと、イライラした車たちが僕をどんどん追い抜いていくが、後続車のヘッドライトが絶え間なく近づいてくるので僕は車を止められない。
情けない話だが体が震える。
やっと車一台がなんとか止めれるスペースに車を止めた。
ガードレールと今にも車が接触しそう。
ハンスマンは再び運転席側のフロントガラスに移動してきた。
僕は車からすぐに出たいのだが、バックミラーには後続車のライトがまた近づいてくる。
ここでドアを開けたら大事故だ。
ハンスマンは僕の目の前でピタッと止まった。
まさに目の前だ。
このとき彼の目が僕を見据え、「ふっ、ふっ、ふっ、根性無しの人間どもよ。お前のそのビビった間抜け面、仲間たちにも見せてやりてーよ」と言ったのは間違いないと思う。
僕が下手に動いて奴が膝の上に落ちたり、天井を移動して頭の上に来ようものなら僕は間違いなく気絶する。
この時は短パンにTシャツだったが僕は無意識におしっこを我慢している女の子のように両膝をきつく閉じ、薄着で寒い土地に来てしまった観光客がよくやるように右手でTシャツの襟裳のをたぐり寄せ隙間がまったく出来ないようにしていた。
目は一秒ごとにバックミラーに映る後続車のヘッドライトとハンスマンの間を移動する。
いつもこんなことをしていると視力が回復するかもしれない。
後続車のヘッドライトが見えなくなると僕は転げ落ちるようにドアの外へ出た。
ハンスマンは振動でまたフロントガラスの中央へ移動した。
車の後ろ後ろの席にキッチンペーパーがある、急いでハッチバックのドアを開け、キッチンペーパーをボクサーのグローブのように手に巻き付けハンスマンのいる車内のフロントガラスに近寄るのだが、どうしても車の中で彼をやっつける勇気が出ない。
間違って奴がフロントガラスから落ちたときには、一気に僕の体を駆け上がるだろう。
それは勘弁だ。
キッチンペーパーを左手に巻き付け直し、車の外から僕の腕だけを車内に伸ばしハンスマンをやっつける作戦でいくことにした。
運良く彼も再び運転席側のフロントガラスに移動しつつある。
車の外のフロントガラスから彼の位置を確認しながらゆっくりと僕のキッチンペーパーを巻いた左手を彼に近づける。
そして、一気に彼を覆う。
手のひらにキッチンペーパーをとおして彼がうごめくのを感じる。
先ほどまでなめた態度を取っていた奴はかなり焦ったらしくもの凄い勢いでもがきまわる。
そして彼の毛むくじゃらな手足が僕のキッチンペーパーからはみ出た指に絡み付いた。
恐怖で僕は飛び上がり、次の瞬間にはもう奴の姿はどこにもなかった。
車の集団が後方からまた近づいてくる。
僕はすぐに車のドアを閉め、ガードレールに体を貼付ける。
車の集団が途切れるとまたドアを開け奴を探すのだが車の中が暗すぎてまったく見つからない。
彼の姿が見えないからと言って彼がどこかに潜んでいる車に再び乗り込み、運転する勇気など僕はない。
そうこうしているうちにポリスが赤とブルーのライトをキラキラさせて僕の車の後ろに止まった。
僕は健全な市民だが警察が近寄ってくるといつも逃げ出したくなる心境にかられる。
警察学校を出てからまだ5年以内だろう、と思える若いポリスオフィサーが用心深く僕に近づいてきた。

「サー、なにかトラブルでも?」

「ああ、お巡りさん、いいところに来てくれた。懐中電灯貸してくれるかな。実はね、、、」

ポリスオフィサーの黒く重たい懐中電灯を借りてしばらく探したがまったく見つからない。
その間、若いポリスオフィサーは他の車が僕の車に衝突しないように赤いライトを振って僕を守ってくれたが、10分後くらいに申し訳なさそうな声で僕に言った。

「サー、これ以上は無駄だと思います。彼らは一度隠れたらもうなかなか出てこないでしょう。あなたの出来ることは2つ、一つはRACT(日本のJAFみたいな会社)に頼んでこの車をどこか安全な場所へ牽引してもらうこと。もう一つはこの車を運転して家に帰ること。あのですね、僕の知っている限りハンスマンは見た目こそ怖いですが何もしてこない相手に攻撃はしませんし、噛まれたとしても毒はありません


僕は免許証携帯の確認も2年前から張り替えていない(違法)車の税金のステッカーも確認しない、若く優しいポリスオフィサーにお礼を言って車を運転して家に帰ることにした。

この場所から僕の家までの約30分のドライブ、両肩は上に上がりっきりで、ハンドルも手のひらではなく3本の指で握ったままだった。
奴が僕のすね毛を握りしめ足をよじ登ってきても、突然ポトンと頭の上に落ち首筋を歩いてきても、僕は絶対に奴を無視し続けるぞ、という強い信念を持って30分石のように固まって運転した。

結局奴は出てこなかった。
翌日の月曜、そして火曜と車を使わず、殺虫剤を車の中にまいたが、奴の死体はまだ発見できずにいる。
くそぉ~、舐めたまねしやがって、覚えてやがれ、ハンスマン!












f0137354_1322717.jpg









f0137354_1324879.jpg







眠気覚ましに撮った写真
ダーウェントリバー、タスマニア










にほんブログ村写真ブログに参戦中。
だから、もっと短い話に出来ないの?と思った人もポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2010-03-09 13:16 | デジタル

週末は海でブギウギ





夏が終わり、いよいよ秋らしくなるタスマニア。
こんな時期になってから僕と子供たちの親子3人は海での遊びにかなり夢中になっている。
高い波がたくさん来るけれど遠浅でなので安心して子供たちを遊ばせれるビーチを見つけてしまったからだ。
いや、見つけたのではなく以前一度行ったことがあるが、そこでちょっとした事故に遭ってしまい、それ以来トラウマとなって近寄れなかったビーチなのだ。
(この事故の話はいずれまた)
タスマニアの冷たい海の水、思い切ってその中に飛び込み、波にもみくちゃにされると寒さを忘れるだけでなく、日常のごちゃごちゃもすっかりどこかへ消えてしまう。
この感覚、病み付きになりそう。








f0137354_1332236.jpg









f0137354_13322462.jpg









今週末は友人からブギーボード(ボディボード)と子供たちのウェットスーツを借りてこのお気に入りのビーチにくり出した。
ウェットスーツと着れば寒さとはまったく無縁だ。
実は僕、ブギーボードは今回がまったくの初体験。
子供たちもほとんど初体験。
そんな訳で僕たち親子は、心ウキウキ、ワクワク。(東京ブギウギ、知ってる?)








f0137354_13333336.jpg









海の中は海藻や藻でびっしりだったが、そんなのへっちゃら。
よっしゃ、頑張りましょ!








f0137354_13345419.jpg









でも、、、あれ、波はどこ?








f0137354_13355080.jpg









きたぁ〜〜〜〜っ、いけぇ〜〜〜〜っ、ゴー、ゴー!!!








f0137354_13364051.jpg









おぉぉぉ〜〜〜、いきなりロングライド!








f0137354_13374590.jpg









ダディ、たのしぃ〜〜〜!








f0137354_133837100.jpg









どんどんいくぞ〜〜〜〜!
うりゃ〜〜〜!








f0137354_13392534.jpg









ばしゃ、ばしゃ〜〜〜、キックだ、キックだ〜〜〜〜!








f0137354_13402597.jpg









ね、ね、見た?今の見たよね?ね?ね?








f0137354_13413693.jpg









最初は砂浜から撮っていたのに気がつけばカメラを持って沖へ、沖へと進むダディ、、、。
知らず知らずのうちに危険に向かうフォトグラファーの悲しい性。








f0137354_13424758.jpg









波と戦うソーマ。








f0137354_13434148.jpg









波に乗りながら余裕の笑顔を見せるシオナ。








f0137354_1344417.jpg









すぐ腹ぺこになるので食料を補給し








f0137354_13452830.jpg









すぐにまた、ゴー、ゴー、うりゃぁ〜〜〜っ、気合いだ〜!








f0137354_13461863.jpg









うひゃ〜〜〜っ、すべる、すべる〜〜〜!








f0137354_13472597.jpg









うわ〜っ、ぶつかるよぉ〜〜〜!








f0137354_13484884.jpg









あ、あ、あ〜〜〜、やべ〜〜〜、波が高い〜〜〜〜!








f0137354_13494556.jpg









ひぃぃぃ〜〜〜〜〜っ!








f0137354_13505729.jpg









ねえ、ねえ、ダディ、カメラ濡れてるよ。
(え?う、うわぁ〜、やっちゃった〜。顔が濡れているのは塩水か涙か区別がつかないダディ)








f0137354_13524247.jpg









だぁ〜〜〜〜〜っ!








f0137354_13533623.jpg









きゃ〜〜〜〜っ!








f0137354_13551394.jpg









あ〜〜〜〜っ、ダディ〜〜〜、ぶつかる〜〜〜!








f0137354_1356263.jpg









た、の、し〜〜〜〜〜〜〜〜、も〜〜〜〜う!
















結局、土曜、日曜の二日間、僕たちはほとんどの時間を海で過ごした。
水の中にいた時間は約7時間。
ウェットスーツを借りてよかった。
いつもならビーチへ行くと砂で遊びはじめるのが子供たちのお決まりのパターンだ。
その間僕はポットに入れたコーヒーを飲んだり、クッキーを食べながらお気に入りの本を読む。
これは僕にとって至福の時間。
僕が読んだ本の多くはページをめくると砂が落ちてくる。
その砂を指先に付けてみてはどこのビーチの砂だっけ、と記憶をたどる。
けれど、今週末はホテルニューハンプシャーを3ページ読んだだけだった。
カメラを手にした時間もたぶん合計で40分くらい。
おかげで月曜の今日は全身筋肉痛だ。
でも、気分は爽快!
来週末も海でブギウギしようっと!
















にほんブログ村写真ブログに参戦中。
楽しいときのテキストは擬音語がたくさんですね、と思った人もポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2010-03-08 14:23 | ソーマとシオナ

平和の証かも




僕の家のすぐそばに小学校がある。
暖かい夏の日の午前中に部屋の窓を開けると、爽やかな風とともに学校のグランドを走り回る子供たちの笑い声が聞こえてくる。
そんなときはキーボードを打つ手を止めてグランドを走る子供たちの姿を想像してみる。
まるで人間の声とは思えないような超高音の奇声を発する子供、お腹がよじれるくらい笑っている子供、たくさんの名前が叫ばれごちゃ混ぜになる。
平日の午前中に聞こえるこの雑音はなにか平和の証のように思える。

暖かい夏の日の午後は家のドアを開けて外へ出る。
30分も車を走らせば森の中、河原、海岸と、その日の気分次第でお好みの自然に包まれる。
そこに行けば人間の生活と関わる雑音から解放される。
風に吹かれ木々がざわめく音、太陽の光を受けてきらきら光る川の水が石にはじけてたてる音、波が引いた後無数の気泡がはじける音、そんな自然が作り出す音だけが聞こえる。    
平日の午後をそんな音に包まれて過ごすのもまた平和の証なでのはないかと思う。

平和の証を楽しんだ平日はまったく仕事が進展せず、自分は本当に怠け者なのだと「汝、己を知る」ことになる。
とても哲学的な一日だ。    












f0137354_7505687.jpg














にほんブログ村写真ブログに参戦中。
明日天気がよかったら、私も仕事休んで平和の証を確かめてみよう、と思った人はポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2010-03-02 07:54 | デジタル

<< previous page | next page >>