<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

愛されてばかりいると












無機質な立体駐車場の中に車を停め、ドアをロックしたあと、ふと隣に駐車している車に目がいった。
灰色の空間に場違いなペイントが施されている車を見落とすほうが難しいだろう。
赤いハートのマークに女性の写真、表立った風俗産業とは縁のないタスマニアではほとんどお見かけしないタイプの営業車だ。
何のお店なのだろう、とこの派手な車の周りを僕は注意深く眺めてみた。










f0137354_22411166.jpg












でも、そこにある情報は「キャシー マイ スイートハート」「キャシー・テイラー」「キャシー」「キャシー」「キャシー マイ スイートハート」「コブラ」「キャシー マイ スイートハート」「キャシー マイ スイートハート」そんな文字の羅列ばかりだ。
やっと飲み込めた、これはただ単に、キャシーちゃんが大好きな男性が、ただ個人的に塗装を施した車であり、営業車でもなんでもないのだ。










f0137354_22413146.jpg













この車からはこの男がどれほどキャシーちゃんを愛しているのか、痛いほど伝わる。
というか、伝わりすぎちゃって、どう反応していいのか困ってしまうだけでなく、愛の伝え方についてついつい、様々なことを考えてしまう。










f0137354_22414614.jpg











これほどまでに愛されているキャシーちゃんがとるべき道は二つに一つだろう。
とことんこの男の愛に応えようとするか、もしくは、とことん逃げるかだ。
逃げるなら、本気で、できるだけ遠くまで逃げるべきだろう。
住んでいる家を出て、携帯電話も解約し、家族や親しい友人にもしばらくは自分の居場所を教えるべきでない。
エリザベスやバーバラみたいな少し地味めの名前に変えて生きた方が安全かもしれない。
とことん愛されてしまったら、その代償も高くつく。
すこしでもセクシーに見えるよう努力したせいかもしれないが、それは決して悪いことではない。
もしこれが、キャシーちゃんが望んでいない一方的な愛だったのなら、僕はキャシーちゃんに同情してしまう。










けれども、一方で、僕はこの男に憧れてしまう。
たまらなく好きだという思いを、人目も気にせず、こんなにおおっぴらに表現できる人生っていったいどんな感じなのだろう。
これが出来る人の人生は他のあらゆるシーンで自由なはずだ。
片側3車線の中央で信号待ちをしているとき、周りの車のドライバーたちの視線がキャシーの笑顔に吸い寄せられているのを感じて、この男はさぞかし満足気に鼻歌を歌いながらハンドルを叩いてリズムをとっていることだろう。
ひょっとすると彼のネクタイやトランクスもこのキャシー&♡がプリントされているかもしれない。
誰が何を言おうと気にせず、自分の好きな世界で生きていける男、僕は愛されるキャシーより、愛するこの男に憧れてしまう。













キャシーちゃんには僕の好きな井上陽水の「愛されてばかりいると」を贈りたい。

♫愛されてばかりいると 星になるよ ゆきすぎてばかりいると 空にゆくよ♬

こんな歌詞が思い浮かぶ井上陽水というひとは、ほんとうに凄い人だと思う。































にほんブログ村写真ブログに参戦中。
ゆきすぎてばかりいて、空にいってしまった経験がある人は、ポチッとよろしく!!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2011-02-28 22:54 | デジタル

シンデレラストーリー / プリンセス・メリー



2000年の9月16日、シドニー、ダーリングハーバーにある小さなパブでの運命の出会い。

不動産屋で働く一人の女性がそのパブでビールを飲んでいた。
彼女の名前はメリー、タスマニアの平凡な過程で生まれ育った女性だ。
父親はタスマニア大学の数学教授、母はすでに他界していた。
姉の一人は薬剤師、もう一人の姉は学校の先生、そして弟は地質学者をしている。
このパブにたまたま居合わせた笑顔が素敵な男性、フレデリックと意気投合した。
フレデリックはデンマーク人でシドニーオリンピックに出場する母国のヨットチームを応援するためにオーストラリアを訪れていた。
二人は電話番号を交換し、その日は別れた。
この男性、実はヨーロッパで一番古いロイヤルファミリーであるデンマークの皇室のフレデリック皇太子だったのだ。
フレデリック皇太子は翌日すぐにメリーに電話をし、二人の遠距離恋愛がはじまった。

2004年、デンマークのコペンハーゲンでロイヤルウェディングが執り行なわれ、メリー・ドナルドソンは正式にプリンセス・メリーとなった。
ちなみに彼女はオーストラリア史上初のプリンセスだ。
ロイヤルウェディングの日、オーストラリアではTVのチャンネルをどこに回してもこのウェディングを放映していた。
プリンセス・メリーがヴァージンロードに現われるのを待つフレデリック皇太子の顔にカメラがズームアップしたとき、彼の眼からは涙がこぼれ落ちそうだった。
これを見て僕はなぜだかもらい泣きしそうになり、このフレデリック皇太子という人はきっといい人に違いない、という根拠のない感情を抱いた。
プリンセス・メリー、タスマニア出身の有名人ナンバーワンかもしれない。

オーストラリアに住む未婚女性にとってプリンセス・メリーの話はまるでシンデレラ物語のようだった。
こんな事が本当に起こるなんて、、、と言って胸の前で両手を握る彼女たちの眼はもう完全にハート型。

プリンセス・メリーがタスマニアに帰省したとき、AP通信の仕事で彼女を撮影する機会を得た。
ボブ・ブラウンビル・モリソンに並び、タスマニアに住んでいるのだから一度は撮ってみたい人の一人だったので嬉しかった。
幼い長男を連れてボノロングワイルドパークと野生動物園を訪れた。
コアラがプリンセス・メリーに危うくオシッコをかけてしまいそうな場面があり、フレデリック皇太子は一瞬焦っていたが、さすがにタスマニアっ子のプリンセス・メリー、悠々と笑っていたのが印象的だった。
フレデリック皇太子はもう本当に優しそうな男性で、プリンセス・メリーは気品と芯の強さを感じさせる素敵な女性だった。










f0137354_8405355.jpg











f0137354_8411133.jpg











f0137354_8412919.jpg
















Royal Wedding Frederik & Mary




















にほんブログ村写真ブログに参戦中。
白馬に乗った王子様が突然目の前に現れ、私を抱きかかえ、どこか遠くへ連れて行ってくれるのを、いまでも心の片隅で祈っている、という人はポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2011-02-21 08:39 | 仕事

砂の城



先日、子供たちのいない久しぶりの休みだった。
昨年の12月から忙しさにかまけてほとんどエクササイズをしていない。
シャワーを浴びる前にバスルームの鏡に写った自分の体を眺める。
筋肉の落ちた細い肩、ブリーフにかぶさる脇腹の贅肉、46歳のゆるい身体がそこにある。
その場ですぐに腕立て伏せをする。
バスルームの冷たいタイルに顎が当たるまで身体を沈め、そしてまた持ち上げ。
25回くらいから腕が震え始め、30回でうめき声を上げて断念する。
そしてすぐに立ち上がり、もう一度鏡を見る。
心持ちお腹を引っ込めてみるが、46歳のゆるい体に変化はない。
プロレスラーたちの写真を撮る時、撮影前に彼らは同じことをやったものだ。
僕と違って彼らの身体は40、50回ほど腕立て伏せをすると目に見えて筋肉が盛り上がる。
体重計に乗ってみると苦労して8kg落とした体重が3kg増えている。
シャワーを浴びた後、アディダスのジャージを着て近所の山の中へ向かった。










f0137354_22511785.jpg











ウォーキングは30分を超えたくらいから徐々に瞑想の世界へ入っていく。
1時間を超えた頃になると今度は空想の世界に入る。
昨年の終わりくらいから僕はよく自分の人生について考えることが多い。
少し軌道修正すべきではないかと考えはじめている。
今まで自分は一所懸命に砂の城を作っていたのではないかという気が最近している。
大きくて高い城を作ろうと毎日毎日身の回りの穴を掘り、必死に砂をかき集めては手の平でパンパンと砂を叩き見た目のよい形を整えようとしていたのではないかという気がしてならない。
大きな砂の城は崩れやすく、おまけに城の周りは深い穴だらけ。










f0137354_2251369.jpg











利潤を追求してやまない企業活動を距離を置いてみていると同じことをしているのが手に取るようにわかる。
どんなに城を大きくしても結局は波や風に押し流されてまた元通りの砂浜になるのに、人々は駆り立てられ、せっせと穴を掘る。
穴を掘っている間、大切な事をたくさん見逃してしまう。
地球規模の環境問題もそうだ。
今地球は穴だらけ。
もし100年を僕たちの1年分として生きている人がいたら(100年で1歳、1000年で10歳)今を生きる僕たちの行為に対してどんな風に思うのだろう。
「おいおい君たち、君たちは覚えていないだろうけど、僕が20歳の頃のタスマニアはね、もっと木が生い茂っていて、きれいな水がそこらじゅうに流れていたんだよ。そんなに急いで全部を切り倒しちゃったら君たちの子供や孫たちの時代にはなんにも残っていないよ」みたいなことを100年で1歳の人に言われるとかなり説得力があると思う。










f0137354_22515212.jpg











僕は昔から年上の人たちから「どうして君はそんなに生き急ぐのか?」とよく聞かれる。
病気になって「自分はいつか本当に死んでしまうんだ」と知った時から、僕はなんだかいつも急いでいる。
なのに、自分のことは棚にあげておいて、いつも急いでいて落ち着かない人は好きではない。
電話しようと思うとき「邪魔するといけないからかけるのヤメといたほうがいいかなぁ」と考えてしまう人、二人きりでお茶していても心ここにあらずの人、そういう人と一緒にいると居心地が悪くなってしまうのだが「ひょっとするとまさに自分がそういう人なのでは?」と最近真剣に思うようになってきた。
これはいけない。
人生の終りに近づいている老人たちは僕たちの世代の生き方をどう見ているのだろうか?
「あんた、そこのお若いの、船から降りて歩いてみんかね。ほらきれいな魚たちが泳いでいるじゃろ。あんたにも見えるじゃろ」そんなふうに言うのだろうか?










f0137354_2252626.jpg











f0137354_22521798.jpg











結局、僕たちは、何歳になっても、宝の山で暮らしていながら何が欲しいのか分からずただつっ立っている子供なのだろうか?
もっとものごとが見える人間になりたいものだ。
もっと離れたところから自分を眺め、落ち着き、焦らず、毎日をしっかりと噛みしめて生きていける人間になりたいものだ。










f0137354_22523125.jpg





















にほんブログ村写真ブログに参戦中。
相変わらずあなたの言っていることがわからない、と思った人も、「砂の城」なら一条ゆかりの漫画が一番、と思った人も、ポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2011-02-18 23:01 | デジタル

さよなら、wajiさん



wajiさんが死んでしまった。
僕は本当に悲しい。









f0137354_1058227.jpg









wajiさんは僕のブログ仲間。
僕がブログをはじめた当初からのお付き合いだ。
一度も面識はないのだが、絆はある。
ブログを通して知り合った関係なので、彼の死とブログというメディアについて僕が感じたことを今回は書きたい思う。
僕は自分のブログで吐き出す言葉や写真をブログの「ネタ」だと思ったことは一度もない。
どの回の更新にも自分の思いを込めているつもりだ。
だから、僕がwajiさんについてここで書くこと、wajiさんの写真や言葉を使わせてもらうことについて、wajiさんは(たとえそれが彼の意見とは違っていても)許してくれると思う。








f0137354_1058314.jpg










wajiさんは「ラジオフライヤー」というブログを2005年から続けきた。
仕事前の早朝に写真を撮る事が多かったためか、僕にとってwajiさんの写真のイメージは朝の色温度で彩られたオレンジ色の写真だ。
僕の好きな色はオレンジで、wajiさんは僕にとってオレンジ色の人だ。
2010年に入って身体にじんましんのような物が出ているのに気づき、検査すると白血病だと告知されたwajiさんは「ラジオフライヤー」をいったんお休みし「青天の霹靂」という闘病日記のブログを開始する。








f0137354_1059841.jpg











この「青天の霹靂」というブログ、僕にとって個人のブログという粋を超えたものだった。
「生きる」ということをテーマにした壮絶なドラマであり、ドキュメンタリーであり、詩だった。
このブログの中で語られるwajiさんの言葉は頭からでたものでなく、皮膚を突き破って心の底から出てきた正真正銘の本物の言葉だ。
そこには「不安」「希望」「悲しみ」「感謝」「弱気」「強気」「運命」「人生」「回顧」「決意」「メッセージ」「愛」「夫婦」「親子」など僕たちの人生にとってキーワードとなる大切な事柄が正直に綴られている。
凄いと思うのはあれほどの揺れる思いのなかで文章を綴りながら「絶望」や「諦め」にあたる言葉はひと言も見当たらない。
最後の最後まで前を向いていた。
wajiさんは本当に強い人だと思う。
僕が同じ状況に陥ったのなら、決してwajiさんのような精神状態でいられないと思う。








f0137354_10594764.jpg










wajiさんは人生の中で色々なことを成し遂げてきた人だと思うが、僕にとってのwajiさんはブログのwajiさんであり、彼はこのブログというメディアを最大限有効に活用した人だと思う。
外界から遮断された無菌室での生活、外と繋がっているための手段、自分を奮い立たせるための方法、面と向かって素直にはなかなか言えないこと、ブログだからこそ成立したことが多大にあるだろう。
そしてなによりもwajiさんの生き様を、生きた証をしっかりと多くの人たちの心に刻み込んだことの成果は大きいと思う。
僕たちは自分の足跡を何らかの形で後々に残していきたいという、なかば本能のような性質があると思う。
昔の人の普通の人たちが家族や身近な友人以外に自分の生きた証を眼に見える形で残すことは難しいことだったと思う。
フォトアルバムが残ってもそこにその時の思いは綴られていないし、愛の手紙が残ってもそこにその時の笑顔は見えない。
ブログはそういう事をしっかりと残してくれて、まったく偶然にしか知り合えないであろうタスマニアと仙台を繋げてくれる。
自分の生きた証を子供たちに残したいというのは、僕がブログをはじめた大きな理由の一つでもある。
日本語がまったくわからない僕の子供たちに対して。
もっと、もっと素直な気持ちをブログに残していこうと思う。
感謝している人たちにきちんとそのことを伝えていこうと思う。
それでこそ、貴重な時間を使ってブログをやっている価値があるというものだ。

wajiさんにはさくらちゃんという素晴らしい一人娘がいる。
wajiさんのさくらちゃんに対する思いは「ラジオフライヤー」のときから随所にでてくるが、「青天の霹靂」でのさくらちゃんへのメッセージは読んでいる僕の胸が絞めつけられるほどの愛で満ちている。
たぶん、さくらちゃんはこれらの言葉をしばらくの間は見たくないだろう。
しばらくは封印しておきたいだろう。
40過ぎのおじさんの僕ですら死んだ父が映っているビデオテープをいまだに見ることが出来ない。
自殺というカタチで突然この世を去った僕の父が、死の前の数年、数ヶ月をどのような気持ちで過ごしたのか、僕や妹、そして母に対して言いたかったことはなかったのか、葬式の後、父の持ち物を整理しながら僕は必死になって探したのだけど、全て想像の域を出ない。
言いたいことはまだまだたくさんあっと思うが、wajiさんは自分の思いを家族やまわりの人に残るカタチで伝えることができたと思う。
「青天の霹靂」のなかでwajiさんはさくらちゃんにこういった言葉を残している。



さくらが いつもここ読んでくれてるのは知ってるんだ。 
恥ずかしいって感想は教えてくれないけどね 
良いんだよ お父さんだって 恥ずかしいもん



さくらは 見ててくれ お父さんの背中を見ててくれ
つらくて 目を背けるかもしれない それでも良いから 見ててくれ
きっと、この先 お前の為になるから
そして お父さんは お前が見てると思ったら
もっと、もっと、がんばれると思う
頼んだよ



娘は 何が有っても大丈夫と思うようにしました
俺の娘なのだから
この先も 一生懸命やって行くでしょう



じゃぁな さくら、 お前はお父さんの 自慢の娘だよ




さくらちゃんがボール投げている写真が添えられていたが、このボールはwajiさんに投げられ、そしてさくらちゃんの元へ何度も何度も繰り返し行ったり、来たりするボールだろう。
命をかけて戦っている父親が最愛の娘さんに伝えたかったこれらの言葉、これはさくらちゃんのこれからの人生を支える一生の宝ものになるに違いない。
さくらちゃんは大人になったとき、きっとそういった言葉や写真を冷静な気持ちで受け止めることができると思う。








f0137354_1102089.jpg












wajiさんの残した数々の言葉は僕の心の中にもたくさん落ちてきて、底のほうに沈んだままでいる。









f0137354_10565980.jpg









抗癌剤の副作用で髪が抜け落ちてしまうために頭を丸めたwajiさんの写真がブログにアップされていた。
しっかりと真っ直ぐに僕達を見つめるその目。
心に濁りのないその目。
まるで出家したお坊さんのよう。
このwajiさんのイメージは、今までのwajiさんをよく知る人たちにとってあまりにも実際のwajiさんとはかけ離れたイメージなのだろうけど、僕にとってこの顔がwajiさんのイメージとして完全に定着してしまった。
この顔とこのポーズ、とっても好きですよ、wajiさん。



あなたからたくさんのことを学びました。
さようなら、wajiさん。




wajiさんが残した言葉
「青天の霹靂」から抜粋


ある日 医者に 白血病と言われたおんつぁんの日記です
それまでは 写真のブログをやっていたのですが、急遽 入院になり
無菌室は、窓も無く 写真は撮れないよ
さてさて、どんな日記になって行く事やら



仕事中に 全身にジンマシンの様に赤い発疹が有るのを発見
かゆみは無く 本人はじんましんと思う



君,白血病だね。 治療しないといかんよ。と、の言葉
なんか,まるっきり 狐につままれた様な感じ



昼を食いながら かみさんと話す
とても,気丈に踏ん張っているかみさんだが
俺と同じ様に きっと泣きたいんだと思う
俺だって 泣きたいもの
無理するなよ 泣きたい時は泣きゃ良いんだよ
二人で泣き顔しながら 笑って話す



今は ただただ ありがとうと言うしか無いのですが
この先 自分が皆さんとともに健康を手にした先の人生で 宝物になり
新たな考え方の源をいただいている予感がします



悩め 悩め 悩むのは悪い事じゃない



俺の回りには ネットを通して応援してくれる暖かな人々がいっぱい居る



気を感じたら 感謝しよう 無償の愛って気かもしれない



今は みんなの力を借りても 闘うんだ
元気になって みんなに ありがとうって伝える為にも



この頃 すっかり 涙腺の弱くなった 私は 人の情けに触れると
涙が 止まりません



今の時代 二人に一人は 癌にかかるそうです
若い人達 それ以外の人も自分の問題と捉えて、がん保険の事考えてみませんか?



今までは、こんなに文章を書いた事は 無いですよ.どうしてだろう?
病気の告知から入院、 これは、俺の心の中に いろいろな想いが生まれて
考えるだけでは どうしようもなく、底に暗い闇が見える井戸を覗いた様な物です
しかし 書くと言う行為が紡ぎ出すものは 自分の考え方を はっきりさせ、
自分をもう一度、見いだしてくれます
前向きに進もうとする自分を発見し 俺は間違っていないと確認し、
自分を肯定的に好きになる事ができました



俺は決めたんですよ。自分の写真は 俺の物
好きに撮るぞって



そういやぁ~ 入院して しばらくしてから 怒りの感情が出て来なくなってる
この部屋に 居る性かも知れないけど、当然 誰も俺を攻撃して来ないし、いろんな方の世話になって 出てくる言葉は 感謝の言葉
怒りの出て来る隙間なんて無い



長い事 寝たきりで過ごす老人が 機嫌が悪くなって行くのが 分かる様な気がする
この痛み 誰にも分かってもらえない様な気がするんだろうな
なってみて,分かる事もいっぱい有るんだ



誰かがコメントにくれてたな~ 3歩進んで 2歩下がる ほんとだね
それでも、一歩は進むんだ
ゆっくり ゆっくり 確実に



俺の事を 精神的に強いと誤解されている方が いらっしゃるかもしれませんが、
そんな事は ないですよ
ポキッと折れそうになる事も有るんです



一進一退を繰り返す この闘い
あせっても 何も良い事なんか無いよ 
負けられないんだからな



素直に認めよう 出来ないことがいっぱい有るんだ
俺は病人
看護師さん達の世話に ならなきゃ出来ないことも 有るんだ



がんばれ 俺の体 俺には今 お前しかいない



今日は、生意気ですが いつもエールを頂く 皆さんに俺から、エールを送ろうと思います
一日一度 いや、二日に一度 もっと、十日に一度で良いから、生きようと思って生きて下さい
きっと感じが変わると思います
のんべんだらりと これまで 生きてきた 俺が思うことです
もう一度
生きようと思って生きて下さい
生意気ですが これをみなさんにエールとして 送ります











f0137354_1112750.jpg










大切なもの

「ラジオフライヤー」から


今回の写真は全てwajiさんの写真です。
かれのブログから使わせてもらいました。


wajiさんのご家族へ
今回の記事について少しでも不快感、問題がありましたらお知らせください。
そのときは削除しまので。
















by somashiona | 2011-02-12 11:09 | 人・ストーリー

パーマカルチャーを作った男 / ビル モリソン









f0137354_6482168.jpg











エコ、ロハス、グリーン、サステイナブル、オーガニック、食育、こういった言葉にピクッと身体が反応するタイプの人にとってビル・モリソンは会って話を聞いてみたい人のベスト3に入るのではないだろうか?

ビル・モリソン、彼は「パーマカルチャー」という人間にとって恒久的持続可能な環境を作り出すデザイン体系という概念を打ち出し、それをひとつの学問として確立しタスマニア大学で教えた人物だ。
パーマカルチャーという考え方は世界中の人達に大きな影響を及ぼした。
約30年間、彼は世界120カ国以上で講演やワークショップを行い、彼の考え方に賛同した世界中の人々が自国でパーマカルチャーを実践し、その活動に影響を受け自然と向き合う人の輪が広がっていった。

雑誌「ソトコト」の取材でビル・モリソンさんに会える機会がやって来た。
僕にとって彼はあまりにも大きな存在だったので、彼の自宅へと向かう車の中で気持ちの昂ぶりを抑えるのに苦労した。
まるでロック界のキング、ミック・ジャガーに会いに行くように(会ったことはないが)、宗教界の異端児ダライ・ラマと食事をするように(たぶん食べ物に手を付ける余裕などないだろうが)僕が興奮してしまうのは、ビル・モリソンさんという人物は僕にとって環境の世界の重要人物デイヴィド・スズキさんと並ぶ人だからだ。
この機会を作ってくれたトラベルジャーナリストの寺田直子さんもこのインタビューをとても楽しみにしていた。
助手席の彼女とビル・モリソンさんについて話が弾む。
後部座席には今回の取材に当たって彼について学ぶため友人から借りていたビル・モリソンさん著書「Permaculture: A Designers' Manual」も用意してある。
この本に直筆のサインをしてもらったら、きっと友人は喜ぶに違いない。

彼の自宅はホバートから北へ、車で約4時間ほどの山の中にある。
広い敷地内はまさにパーマカルチャー実践道場のようなもので、動物、野菜、植物、溜池、ビニールハウス、半オープンキッチンなどが恐らく深い意味のある配置で至る所にある。
自宅は半分オフィスになっていて、沢山の人達がそこで仕事をしていたのには驚いた。
さずがパーマカルチャーのメッカ、今でも世界中から多くの人達がここへ吸い寄せられてくるらしく、彼らはしばらくここで生活をしながらビル・モリソンさんから直接パーマカルチャーを学ぶのだ。

彼と会ってみた僕の率直な印象は、一見タスマニアのどこにでもいるファーマー(農夫)のようだ、というものだった。
特に長い間、土や植物に触れてきた分厚い手、野外で大地を踏みしめた像のような足、これは農林水産業をやっている人たち特有のものだ。
しかし、一般のファーマーたちと大きく違うのは、彼のあの鋭い眼光だろう。
環境の危機について語るときの彼の目は怒った長州力のようだ。(え、わからない?)
彼の眼光の鋭さは決して怒りから来るものではない。
長年にわたり何かを探り、答えを求め、諦めや失望に負けず、知の荒波を航海し続けた冒険者の眼なのだろう。
どんな分野でも何かをくぐり抜けてきた人の眼は違う。

雑誌のための写真というより、ビル・モリソンさんを自宅で撮った写真は今後貴重な記録のひとつになるに違いないという思いが僕の中で強く、彼の貴重な話はそっちのけだった。
短い時間の中でできるだけ彼の周辺と彼が持つ何かを吸い取ることに意識を集中した。
彼の広い敷地内を出たときは、なかば放心状態だった。
タスマニアに住むフォトグラファーとして彼を撮ることができたのは、本当に光栄なことだ。











f0137354_6582154.jpg











f0137354_752869.jpg











f0137354_754052.jpg











f0137354_755327.jpg











f0137354_76928.jpg











f0137354_76241.jpg











f0137354_763814.jpg











f0137354_77749.jpg











f0137354_772324.jpg











f0137354_774214.jpg











f0137354_78024.jpg











f0137354_791287.jpg











f0137354_793287.jpg











f0137354_71022.jpg











f0137354_71530100.jpg











f0137354_7161094.jpg











f0137354_716369.jpg











f0137354_7172841.jpg











f0137354_7175842.jpg











f0137354_7184186.jpg











f0137354_719755.jpg











f0137354_7193723.jpg





















にほんブログ村写真ブログに参戦中。
私も長州力に睨まれてチビリそうになったことがある、という少数派もポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2011-02-10 07:24 | 仕事

<< previous page | next page >>