<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

シェフィールド、冬の朝



普段は積極的に風景写真を撮るタイプではないが、ヨハンの家に泊まった日の朝は何故か必ず早朝にベッドを抜け出し、朝の光を求める。
シェフィールドの冬の朝はホバートよりも格段に寒い。
霜で覆われた車に乗り込むと窓から顔を出し、アイドリングの音が迷惑にならない場所までとりあえず移動し、車にこびり付いた霜を落とす作業を始める。
これをやっているうちにいつも目が覚める。
雪こそ降っていないが、至る所が霜に覆われ美しい。
朝一番にこの小さな町に届いた光がマウントローランドをオレンジ色に染める。
いつもシェフィールドの朝はこのオレンジ色に染まったマウントローランドの撮影から始めるが、この日はもっと地味でありきたりな何かを撮りたかった。
冷たい空気に押しつぶされたような霧の塊が留まる場所を探しはじめた。
僕は霧が好きだ。
霧は心を鎮めてくれる。


朝の色温度はまだ青が強い。
光はまだ十分に地面にまわっていない。
真っ白な霜を踏みつける音がさくさくと冷たい空気の中に響く。
スニカーはすでにびしょ濡れでつま先が冷たい。
吐く息は白く僕のまわりを取り囲み、霧と混じり合う。
そもそもヨハンを訪れる予定ではなかったので、あまりしっかりした防寒具を持っていなかった。
寒さが耐えがたくなると車に戻り、また違う撮影ポイントを求め移動する。
写真を撮るというよりむしろ、朝の散歩でもするようにシェフィールドの町周辺をぶらぶらする。
車は殆ど走っていないし、歩いている人も見かけない。
朝、霧が起こりやすい場所は近くに川や溜池などがある場所だ。
貯水池がありそうな農地へと向かう。
太陽は勢い良くグングンと空へ登りはじめ、色温度は青から黄金色へと変わる。
黄金の光を受ける朝の霧、牧草地を覆った霜はゆっくりとゆっくりと溶け始め、草の先の水玉がキラキラと光りだす。
霜に覆われた蜘蛛の巣まで、まるでなにか特別な飾り付けのようだ。
羊たちの群れは鳴き声もたてず、朝からもくもくと足元の冷たい草を食べている。
制約のない写真をテンポよく撮り続ける。
こういう時の撮影は楽しい。
シャッターを切るたびに満ち足りた気持ちで胸が一杯になる。
いい写真が撮れているかどうか、そんなことすらどうでもよくなる。
前の夜にヨハンと一緒に聞いたクラッシック音楽の効果がまだ続いているのだろうか?


久しぶりにのびのびとした朝を過ごすことができた。
シェフィールドまで来て良かったと思った。
















f0137354_21475039.jpg











f0137354_21522657.jpg











f0137354_215247100.jpg











f0137354_21531337.jpg











f0137354_21533572.jpg











f0137354_21535543.jpg











f0137354_21541283.jpg











f0137354_21542876.jpg











f0137354_21544486.jpg











f0137354_2155614.jpg











f0137354_21552947.jpg











f0137354_21555144.jpg











f0137354_21561731.jpg











f0137354_2156467.jpg











f0137354_2157839.jpg











f0137354_2201740.jpg











f0137354_221964.jpg














前の夜にヨハンと一緒に聞いたクラッシック音楽。
あなたも目をつぶって聞けば、満たされた気持ちになります。笑










にほんブログ村写真ブログに参戦中。
ああ、私も気持ちの良い朝に写真を撮りまくって、心の底から自分を浄化したい、と思った人はポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2011-06-21 22:11 | デジタル

友と音楽があれば、言葉はいらない




タスマニアの北部で撮影を終了したあと、そのままホバートへまっすぐ戻るべきか少し考えた。
あと20分くらいで空は暗くなるはず。
5時間ほど撮影に集中していたので眼や頭はもう休ませてくれと言っている。
夜行性の動物が飛び出す暗い夜道を時速110キロで走るのは気が進まない。
そうだ、ヨハンじいさんに会いに行こう、ホバートに帰るよりはよっぽど近い。
という訳で僕はさっそくヨハンに電話をかけてみたが繋がらない。
彼に電話をかけて繋がらないときはいつも、頭の中で勝手に展開する嫌な想像力と戦わなくてはいけない。
生きている以上誰にとっても死は等しく隣合わせのはずなのに、愚かな僕たちはそのことを自分や親しい友人たちに当てはめられない。
ヨハンが100歳まで生きて、ヨハンに会いに行く途中の道で突然道路に飛び出したポッサムを避けそこねて即死するのは僕の方かも知れないのに。
ヨハンが電話に出なくても、彼の家に向かって車を走らせることに躊躇しない。
あの田舎町で車を運転せず、一人で暮らすヨハンが夜自分の家に戻らないことなど何故か想像できないからだ。
行けばそこには必ず彼はいる、と勝手決め込んでいる。
暗い山道を1時間半ほど走ったところでもう一度ヨハンに電話をかけてみた。
今度は10度目くらいのコールで彼が出た。
最初の10秒くらい、彼は僕を他の人と勘違いして話をしていたが、それに気づいた彼は気まずそうに僕に詫びた。
僕が到着するまで何も作らないで待っていて欲しい、と僕はヨハンにお願いした。
今夜は外で一緒に食事をしようと彼を誘った。
ヨハンの家についた。
6月のシェフィールドの夜はホバートより遥かに冷え込みが厳しい。
僕の車から機材や荷物をヨハンの家に入れると、僕たちはすぐに近くのパブへ歩いていった。
シェフィールドの夜、まともな食事ができるのはたぶんパブくらいしかないのだろう。
パブではヨハンの知り合いの夫婦と同席し、4人で写真の話に花が咲いた。
その夫婦も写真がかなり好きで、旦那さんは何度か雑誌の表紙を飾ったことがあるほどのセミプロだったそうだ。
僕は眼が回りそうなほどお腹が空いていたのでミックスグリルを注文し、ヨハンはいつものようにフィッシュアンドチップスを頼んだ。
パブのメニューでヨハンがきちんと噛み砕くことのできるものはそれくらしかないからだ。








f0137354_0263264.jpg









f0137354_02782.jpg











パブを出て、シェフィールドの中心街をヨハンの家に向けて歩いた。
土曜の夜なのに人は殆ど歩いていない。
店もパブ以外は閉じている。
暗い道を歩くとき、人は街灯に引き寄せられる蛾のように明るいショーウィンドウがある方へと足を向ける。
こんな田舎の暗い夜の中でポーズを取るマネキンたちはかなり場違いな印象を僕に与えたが、それを見つめるヨハンもなんだか場違いな人のように感じて少し悲しくなった。








f0137354_0272849.jpg









f0137354_027454.jpg









f0137354_028690.jpg












家に戻るといつものようにこの夜僕が寝る部屋に案内された。
これまたいつものように積み重ねられたナショジオの角もベッドの角も、何から何まできっちりと整理整頓されている。
ヨハンの性格そのものだ。
ちょっと疲れたね、というヨハン。
じゃ、ベッドで横になって少し休みなよ、と僕。
ナショジオとヨハンの組み合わせは妙にしっくりと来る。
しばらく僕たちは雑誌を読み、それからヨハンが咳き込み始め、少し静かに休んだ。
なぜだか分からないけれど、ヨハンは常に僕の写欲をそそる。
彼がそばにいると、どんなときでもその瞬間瞬間を写真に収めたい衝動に駆られる。
たぶん同じような写真をもうすでにたくさん撮っているはずなのに、そんなことはお構いなしだ。
彼を撮らなくてはいけないという使命感のようなものすら感じる。
撮った写真を家に帰ってから見かえすたび、僕も一日一日を大切に生きようという気持ちになる。








f0137354_0283123.jpg









f0137354_0284823.jpg









f0137354_029517.jpg









f0137354_0292174.jpg









f0137354_0293631.jpg









f0137354_0295431.jpg









f0137354_0301191.jpg









f0137354_0303048.jpg









f0137354_0304577.jpg









f0137354_031420.jpg









f0137354_0354440.jpg











ヨハンがエネルギーを充電した後、コーヒーを飲んで音楽を聴こうということになった。
前にも書いたが、ヨハンが聞く音楽を選び、ステレオセットに向かう姿は、まるで神聖な儀式のようだ。
この様子をみる度、僕は胸が高鳴る。
勿論、シャッターを切る回数も増える。








f0137354_0371097.jpg









f0137354_0375157.jpg









f0137354_0382366.jpg









f0137354_0385431.jpg









今夜はね、Wind Quintetでいくよ、とヨハン。
ウィンド クインテッド?たのきんトリオが3人組でイザベル・アジャーニの映画「カルテット」は4人の男女の話だったから4人組で、ということはクインテッドは5人組ということだよな、、、とゴニョゴニョ独り言をいう僕。
風の5人組、、、ああ、管楽器の5重奏曲ことか!とクラッシックにまったく疎い僕。
クラッシックは最近良く聞くようになったけれど、管楽器のクラッシックは実はあまり好きじゃない。
でもまあ、ヨハンと会うときは彼の世界にどっぷりと漬かろう。
音楽が流れだすとヨハンの表情は見る見るうちに変わる。
とても満ち足りた表情になるのだ。
暗い暗いヨハンのリビングルーム、シャッタースピードを1/15秒、ときには1/8秒にしながらヨハンと音楽が混じりある瞬間に気持ちを集中する。
とその時、マナブ、君は本気でこの音楽を聞いていないだろう、とヨハン。
たしかにその通り、ヨハンの世界に漬かりたいのなら、僕も彼のように音楽を聞かなければならない。








f0137354_04024100.jpg









f0137354_041299.jpg









f0137354_0414328.jpg









f0137354_0422623.jpg









カメラを足元に置き、脚を伸ばし、組んだ手をお腹の上に置いて、僕は眼を閉じて音楽に集中した。
フルート、クラリネット、ホルン、他の楽器はなんだかわからないが、まるで森の中を走りまわるシマリスにでもなった気分だ。
普段は絶対に聞かないタイプの音楽だけど、驚くくらい気持ちがいい。
スピーカーから流れる音楽に身を任せ、心は森の中を駆け巡る。
Briccialdi Quintet in D Major, op.124, Cambini Quintet No.1 in B Major, No.2 in D Minor, No.3 in F Major、、、音楽は次々と流れる。
その間、僕たち二人は眼を閉じて、会話も全くないのだが、これがまた心地良い。
会話がなくても良い時間を共有している実感が有り余るくらいあるのだ。
昔、気の合う仲間とオートバイでよくツーリングしたが、お互いまったく会話がなくても次々と現れるコーナーを右や左へバイクを倒す仲間の背中を見れば同じ気持をこの瞬間に抱いているのが実感できた。
音楽が一段落したとき、そんなことをヨハンに話すと、彼は嬉しそうに頷いた。
昔は山登りの仲間の家に定期的に集まり、5人から10人くらいのメンバーで、こうやって眼を閉じて音楽を聞き、レコードが一枚終わるとクッキーを食べながらお茶を飲み音楽や山について語り、また次のレコードがはじまると全員が黙って音楽を聞いて楽しんだらしい。
なんて豊かな世界なんだろう。
僕は人に会っているときは常に会話が途絶えないよう気を使うタイプだ。
本当は黙っていたいのだけどそうすることに罪悪感を感じてしまう。
なので、人といて眼を閉じていても罪悪感などなく、心が満たされる感覚は新鮮な驚きだった。
ああ、なんて素晴らしいんだろう、と思っていたら、ぐ、ぐぅ〜、ぐ、ぐ、ぐぅ〜、とフルートやクラリネットとはまったく違う音が聞こえる。
閉じていた眼をゆっくり開けると、あれっ、ヨハンが口を開けてイビキをかいている、、、。
そりゃあないよ、ヨハン!








f0137354_0431797.jpg









f0137354_0434554.jpg

















にほんブログ村写真ブログに参戦中。
僕も気の合う人と無口な時間を過ごしたい、と思った人はポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2011-06-18 00:47 | 人・ストーリー

ソーマの情熱







久しぶりのブログ更新だ。
ここのところブログに時間をつぎ込む余裕が無い。
仕事以外のことをじっくりと見つめる余裕が無い。
これは良くない傾向だ。
久しぶりに何かを書こうとすると思考の配管が詰まってでもいるように錆びた赤い水がちょろちょとでるだけだ。
こんな時は、子どもたちの話をするに限る。
彼らのことなら、いくらでも話したいことがある。






息子のソーマは今11歳。
日本の学校制度に当てはめると小学校6年生だ。
ソーマにはいつでも情熱を注ぎ込んでいるものがある。
たぶんそういう性格が形成されるきっかけとなったのは、多くの子供たちが通る道、恐竜にハマったことだろう。
5歳くらいの頃からとにかく彼の世界は恐竜一色だった。
恐竜のことが知りたくて本を沢山読み、外に行けば土を掘り起こし(恐竜の化石発見を夢見て)、車に乗れば5分に一度僕が運転している車の速度を聞き(本に書かれている恐竜の走る速度を体感したいから)、誕生日やクリスマスプレゼントはとにかく恐竜に関わるものを欲しがった。
女の子の世界はよくわからないが、男の子は物心ついたときには恐竜、昆虫、動物などの追いかける「ウェット派」と列車や機関車、車やトラック、ブルドーザなどの作業用車両に惹かれる「メタル派」に分かれる、という話をどこかで聞いたことがある。
僕は間違い無く「ウェット派」だったが、ソーマもどうやら同じ系統をたどっているようだ。
ここ2年くらい前から彼が情熱を注いでいるのは料理。
とくにスイーツにハマっている。
もう随分前から子供たちが僕の家に来るときは食事の準備のたびに彼らに強制的に手伝いをさせてきた。
最初は勿論ぶーぶー文句を言っていたが、今では僕たち親子の間をつなぐ大切で楽しい時間になっている。
手伝いをさせ始めた時は床やテーブルを汚すし、普通に作る2,3倍の時間がかかるし、怪我ややけどの心配をしなければならないしで、やきもきすることが多かったが、今は彼らのおかげで料理は早くできるし、片付けもすぐに終わるし、本当に助かっている。
ソーマが作るスイーツに関して、僕はまったく関与していない。
何から何まで彼が一人で調べて、必要なものを用意し、妹のシオナを上手く誘導して時々手伝いをさせている。
新しいスイーツに取り組み始めると同じものを何度も何度も作る。
例えば土曜日にマーブルケーキを作り、日曜にもまったく同じものを作るというのが何週か続くのだ。
家の中はマーブルケーキだらけになり、僕のダイエットの計画も音を立てて崩れる。
ある意味もったいない作り方だけど、何かをはじめたのならとことんやった方がいいと僕は考えているので小麦粉、バター、砂糖、タマゴの消費量が異常なほど増えても文句は言うまいと決めている。
彼のこの趣味が役立つこともある。
週末、パーティなどに誘われるとソーマの手作りケーキを持っていく。
とても喜ばれるし、みんなが美味しいといって食べてくれるときのソーマの顔はかなり満足気だ。
常に料理のことを考えているらしく、本屋さんに行っても彼が貼りつくコーナーはもはや恐竜のセクションではなく、クッキングのセクション。
今オーストラリアは日本のバブルの時のようなグルメブームでテレビ番組も料理に関するものが多いし、本屋さんのクッキングのコーナーは以前より格段に広くなっている。
僕もソーマ同様、作ることも食べることも大好きだ。
彼にメキメキと腕を上げてもらい、近い将来は僕たちが食べる食事の8割を彼が担当するというのが理想。むふふ。早くジェイミー・オリバーくんになりなさい。

実を言うと、今子供たちは札幌にいる。
3週間僕の母(子供たちのおばあちゃん)と過ごしている。
日本での一番の楽しみは「日本食」と11歳の彼はおやじのように断言していた。(おばあちゃんに会うことだと言いなさい)
日本滞在、残すところあと1日だけど、最後の最後まで美味しいものを食べつくしてほしい。
タスマニアで留守番をしているダディの分まで、、、(悔し涙)。













f0137354_19521258.jpg





ソーマ、11歳の誕生日。ダディからのプレゼントはご覧のとおり調理器具。ソーマからのリクエストでした。翌月のクリスマス「ダディ、僕は木でできた分厚いマナ板が欲しい」ということで、やはり調理器具。本人はかなり嬉しそう。








f0137354_1956158.jpg





僕は英語で書かれたクッキングブックを読んで料理を作ると90%以上の確率で失敗する。
料理の説明文は必ず現在形でとても短いセンテンスなのだが、短いだけに一語の意味を取り違いただけで大失敗を招く。この文章のニュアンスを読み取る難しさはソーマにとっても同じらしく、作る前に何度もかなり慎重に読む。








f0137354_19563362.jpg









f0137354_19565280.jpg





作業をはじめるとかなり真剣モードなので、親といえども横から茶々を入れてはいけない。








f0137354_19572873.jpg









f0137354_1957892.jpg









f0137354_19574642.jpg









f0137354_1958931.jpg









f0137354_19583383.jpg









f0137354_19585435.jpg









f0137354_19593864.jpg









f0137354_2001881.jpg





あとはオーブンに入れるだけ。笑顔がもどる。








f0137354_19595760.jpg









f0137354_2004277.jpg





ちょうどいい焼き加減。








f0137354_201889.jpg





ついでにポテトスープも作る。
手作りポテトスープは簡単で、冷えても美味しい。








f0137354_2024713.jpg





ポテトスープとマーブルケーキの出来上がり。
マーブルの模様が上手く出ていず、ソーマは不満気、、、。








f0137354_2033822.jpg





翌日の日曜日に再挑戦したマーブルケーキ、今度はうまくいった。








f0137354_20204863.jpg





パーティにソーマの手作りケーキを持っていく。
ソーマにとってはある意味晴れ舞台。笑
作った料理を美味しいと言って食べてくれる瞬間は、大人も子供も、やっぱり嬉しいもんだ。








f0137354_20235060.jpg





本屋に入ればクッキングのコーナーへ直行。
料理本の種類はどこの本屋でも豊富だ。
ドナ・ヘイの本はいつでもいい感じ。








f0137354_2029437.jpg









f0137354_20333615.jpg









f0137354_20343273.jpg





なんどもつくり続けたマーブルケーキ、どうやら上級編に突入したようだ。
ソーマが料理を始めるときはいつでも一人で静かにキッチンに入り、一人で黙々と作業を続ける。
別に将来料理人にならなくてもいいけど、こういう集中力は必ず何かの役に立つと思う。








f0137354_20352516.jpg





彼の料理熱に応えるように母親が新しい調理器具をプレゼントした。
ミックスマスターとソーマは呼んでいるが、商品名なのか、この手の調理器具の総称なのか僕にはよく分からない。知っているのはかなり高価なものだということだけ。
「ダティ、これ使うとねドウ(生地)の質がぜんぜん違うんだよ!」
確かにぜんぜん違うんだけど、この機械の後バター、砂糖、小麦粉の消費量が俄然増えた、、、。








f0137354_20404851.jpg









f0137354_20412883.jpg





ソーマが料理をしている最中、シオナは何をしているのかというと、、、








f0137354_20431229.jpg





シオナも兄のソーマと同じだけダディの料理の手伝いをしているのだが、彼女は料理にまったく興味がない。
料理はクリエイティブな作業だけど、子どもにとっては理科の実験の要素の方が強いのかもしれない。
シオナはアートが好きだけど、理科の実験には興味がないタイプ。
ソーマの料理中はiPod Touchに熱中。
「シオナは料理しないの?」と聞くと「さっきからやってるもん」と答える彼女。
iPodを覗き込むと、、、








f0137354_20493153.jpg





まあ、間違ってはいない、、、。








料理に興味がないシオナが必ずソーマのもとへ駆けつける瞬間がある。
それは、、、








f0137354_20513638.jpg





料理が一段落してボールやヘラを洗う前、まるで道端に落ちている溶けたキャンディに群がるアリのようにペロペロ大作戦がはじまる。
これって、楽しいんだよね。
しかし、人生、美味しいどこ取りをして生きていけるほど甘くない。








f0137354_2102443.jpg





ソーマはゴミを外に捨てる条件を忘れずにシオナに与える。
洗濯バサミを鼻に付けてその条件に従うのが、シオナのささやかな抵抗。








f0137354_212393.jpg





新作、どうやら見た目は上手くいったよう。








f0137354_2135119.jpg





フォトグラファーの息子としては自分の作品は忘れずに写真に収めないといけない。








f0137354_2143051.jpg





試食会はシオナの厳しい評価を受けながら、厳かに行われる。








材料たくさん使ってもいいから、美味しいものたくさん作ってね、ソーマくん。














子供たちの日本滞在の様子は妹のブログ「ただ歩いてゆく旅」、妹のパートナー、フミさんの「歩き人ふみの徒歩世界旅行」
でたっぷり楽しませてもらった。
皆さんもよかったら見てちょうだい。


にほんブログ村写真ブログに参戦中。
私も明日はケーキを焼いてみよう、と思った人はポチッとよろしく!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!

by somashiona | 2011-06-14 21:35 | ソーマとシオナ

<< previous page | next page >>