<   2013年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

さっぽろ100人ポートレイト No. 89 -96




妹の新しいカメラが昨日家に届いた。
知っている人もいるだろうが一応説明しておくと、彼女はパートナーのフミさんと歩いて日本中を旅する歩き人だ。
彼らは旅先で旅についての講演会やスライドショーを学校や企業、またはキャンプ場や民家で行う。
その時、旅の記録としての写真は欠かせない。
彼女は約5年前にこの旅をはじめたが、旅に出かける前、写真の重要性を僕からこんこんと説明され、渋々キャノンのEos Kiss Xというデジタル一眼レフのカメラを買った。
レンズは、これも僕の強いすすめでシグマのDC17-70mm f2.8-4.5というズームレンズを同時に購入した。
衣食住、全てを持ち歩く彼らにとってカメラは小型であればあるほど良い。
それでも僕はコンパクトデジタルカメラを持つことは薦めなかった。
コンパクトカメラはチャンスには恵まれるが、写真を撮る姿勢が絵に反映するので、絵に魂が入らない。(僕の持論です)
まったくカメラの使い方を知らない彼女に絞りとシャッタースピード、そしてISOについて簡単に説明し、カメラの設定はM(マニュアル)意外使わないように、とアドバイスした。
僕の話を鵜呑みにした彼女はAV(絞り優先)やP(プログラム)という便利な設定の存在に気づかぬまま5年間旅を続け、なかなか良い写真をたくさん残した。
今回、僕の100人ポートレイトの40%近い撮影に彼女は同行し、ノーギャラのアシスタントをつとめた。
そこで彼女も僕と一緒に様々な人たちと出会い、ポートレイトが持つ魔法に触れた。
僕は札幌にいる間に出会った人たちを撮ったが、もし僕が彼女のように日本全国を歩くのなら、間違いなく「日本全国1万人ポートレイト」みないなことをやるだろう。
これは考えただけでワクワクするプロジェクトだ。
この数ヶ月だけでもポートレイトを通じてこれほど魅力的な人たちに出会えたのだから、日本中でこれをやればどれほど素晴らしい体験ができることだろう。
彼女の中でも、たぶんそんな考えが浮かんだかもしれない。
今回、僕は彼女に新しいカメラを買うことを強くすすめた。
最初、彼女は今のカメラがまだ問題なく使えるから必要ないと言った。(一緒に旅を続け、暑さ、寒さに耐えてきただけに愛着もあるし)
彼女のカメラはISO1600くらいが限界、いや、たぶん実際に使えるのはISO800というところだろう。
彼女はすべてJPEGのラージで撮り、撮って出し(画像の加工は一切しない)だ。
残念ながら、フィルム時代と違い、カメラとパソコンは新しいものに限る。
新しければ新しいほど可能性とチャンスが広がる。
自分もきちんとしたポートレイトを撮れるようになりたいと考え始めた妹は、ついに新しいカメラを買う決心をした。
今は5年前と全く違い、旅に持つにふさわしいカメラの選択も実に増えている。
コンパクトで本格的な写真が撮れるカメラはミラーレスがたぶんおススメだろう。
各社から魅力的で実力のあるミラーレスカメラが今は揃っている。
色々考えたが、結局選んだカメラは同じデジタル一眼レフのキャノンEOS Kiss X6iだった。
2台あるならミラーレスもありだろう。でも、1台だけで、絶対にチャンスを逃しなくないのなら、やはり一眼レフに軍配は上がると思う。
慣れのせいもあるかもしれないが、僕の大好きな富士フィルムのX100で今回のようなポートレイトたちを撮れたのかどうかと聞かれれば、たぶんかなりチャンスを逃しただろう、と答えるかもしれない。(あのカメラを愛してはいるのだけど)
今回、妹はレンズも一本新たに購入した。
ポートレイト用のレンズとしてキャノンEF50mmF1.4を選んだ。
これはフルサイズ(フィルム換算)で80mmといったところで、まさにポートレイトに最適な長さだろう。
今回のさっぽろ100人ポートレイトは、たぶん70〜80%以上の写真をプラナー50mm f1.4で撮ったが、長い間、僕のお気に入りのポートレイトレンズは85mmだった。
なので、この長さがどれほどポートレイトを撮る際に力を発揮するのか身にしみて分かっている。
何も知らない彼女は今回も僕に言われた通り、誰かのポートレイトを撮るたび「すいません、これからポートレイトを撮るのですが、ちょと待っててください」と頭を下げ、荷物の中から50mmレンズをごそごそと取り出し(普段はシグマの17-70mmを付けている)、カメラのボディにレンズを装着してから、「準備ができたのでお願いします。まずその椅子に腰をかけて頂けますか?顔はそちらの方を向いて、、、」などとやるのであろう。
一本のレンズだけで出会った人たちのポートレイトを撮るのは一見面白みに欠けるように思えるが、この方法を本当に貫けば、これから5年間の間に撮りためるポートレイトたちは背骨がしっかりとあり、安定した良い作品になるはずだし、何より、彼女のポートレイトのスキルは驚くほど向上するだろう。

僕と過ごす残り数日間、彼女には「ポートレイトの虎の穴」大特訓が待ち受けている。













f0137354_032230.jpg





No.89












f0137354_033668.jpg





No.90












f0137354_034178.jpg





No.91












f0137354_0358100.jpg





No.92












f0137354_04247.jpg





No.93












f0137354_042293.jpg





No.94












f0137354_044367.jpg





No.95












f0137354_045275.jpg





No.96
























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


日本全国1万人ポートレイト、やってみたい、本当に、、、、。暇人なのに、まったくブログを更新しない妹にお叱りのコメント、よろしくお願いします!



私だったらミラーレスをすすめる、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2013-01-31 00:14 | 人・ストーリー

さっぽろ100人ポートレイト No.81 - 88



さあ、100人ポートレイトもそろそろ終わりに近づいて来た。
今年はまだはじまったばかりだが、2013年何か有意義なことをやったのかと聞かれれば、間違いなくこのプロジェクトも答えの中に含んでいるだろう。
身体を休ませるという帰国の目的に反し、かなりの忙しさになってしまったが、聞いたこともないよ言うな話、新しい友人、勇気づけられる言葉、本当に才能のある人たち、そんな様々なことに触れて、僕の中で間違いなく何かが変わった(こういう感覚は年齢を重ねるとなかなか無いことだ)という実感を得ることができた。

このシリーズ、もう少しお付き合いください。












f0137354_15173548.jpg





No.81












f0137354_15174836.jpg





No.82












f0137354_15175338.jpg





No.83












f0137354_15175866.jpg





No.84












f0137354_1518217.jpg





No.85












f0137354_1518986.jpg





No.86












f0137354_1518680.jpg





No.87












f0137354_15181616.jpg





No.88
























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


妹の新しいカメラが先ほど家に届いた。どう考えても彼女より僕の方がワクワクしているのって、なんか変ですよね?



さあ、もう少しで100人だ。がんばれー!と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2013-01-29 15:24 | 人・ストーリー

さっぽろ100人ポートレイト No.73 - 80




モノクロ中心にご紹介して来たさっぽろ100人ポートレイト。
今回はカラーの方が多い。
「これら、モノクロにしちゃあダメだべさぁ〜、色がさぁ、なまらいいっしょ!間違って白黒にしたらゴミ箱に投げればいいんでないっ!」
しばらく使っていなかった北海道弁で気分を北海道モードにし、北の大地に生きる人たちを心の波長を合わせる。
そういえば、年末か年始だったか忘れたが山田洋次監督の映画『幸福の黄色いハンカチ』をテレビでやっていたが、そこに出ていた高倉健や倍賞千恵子もそんな北海道弁で会話してたっけ。
過去に何度か観た映画だったが、ピート・ハミルのコラムがあの映画のベースになっていたことを今回初めて知り、驚いた。
ジャーナリストであり作家でもあるのピート・ハミルの『ニューヨークスケッチブック』という本に感動した記憶がある。
大学生だったあの頃、ピート・ハミルや『チーズバーガーズ』を書いたボブ・グリーンの生き方や仕事の仕方に憧れていたっけ。
名も無い多くの人々と出会い、彼らが語る自分自身のちょっとした話がストーリーとなってコラムや本の中に登場する、というのが彼らのスタイルだ。
今僕がやっている「さっぽろ100人ポートレイト」もたぶん昔僕が彼らから受けた影響の一つなんだろう。
スティーブ・ジョブスじゃないが、今経験している小さなドットが将来どんな線で繋がるのか、何歳になっても分からないものだと思うし、何歳になってもいずれ線で繋がるという可能性を信じられる人間でいたいものだ。













f0137354_1504659.jpg





No.73












f0137354_151499.jpg





No.74












f0137354_1511028.jpg





No.75
f0137354_1511886.jpg





No.76
f0137354_1512741.jpg





No.77












f0137354_151319.jpg





No.78












f0137354_1513523.jpg





No.79












f0137354_1513872.jpg





No.80
























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


北の大地に生きる男たち、女たち、なまら魅力的です。え、「なまら」って何って?「とても、すっごく、めちゃ」(日本語)「ベリー」(英語)、「ムイ」(スペイン語)。



荒れ狂う海を背景にしても風景に飲まれない男でありたい、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2013-01-23 15:11 | 人・ストーリー

さっぽろ100人ポートレイト No.65 - 72




運転免許証、パスポート、もしくは写真館で撮られるような写真は嫌いなのよ、と撮影前に言われるときがある。
それを言われると、ちょっと僕は困ってしまう。
僕は、そういう写真も割と好きなのだ。
今回のポートレイトは基本的には50mmレンズ(フルサイズで)1本とアベイラブル・ライト(フラッシュなどの人口光を使わない、その場所にある光)で決めようと思っていたが(5D Mark3とカールツァイス・プラナー50mmの相性が良すぎる)、さすがに100人ともなると、それだけではつまらない。
どんな背景にするのか、これは良いポートレイトを撮るためにかなり神経を使う大切な要素だ。
日本でも田舎に行けば昔ながらの雰囲気のある家の中がたくさんあるが、札幌の家の中はポートレイトの背景として写真的に絵にならない場合が多い。
喫茶店やレストランの中でもずいぶん沢山撮らせてもらったが、同じ場所で3人以上の違う写真を撮るとなると、やはり使える背景にも限界がある。
そういう場合、ヨドバシカメラで買ったグレーのバック紙を壁に張り、2灯のスピードライト(フラッシュ)を使って撮影することになる。
光の当て方や光の質によってはクールだったり、ドラマチックなものにも出来るが、あえてフラットな光で、ちょっと写真館風や証明写真風に撮ることも多々あった。
狭い室内では50mmというレンズの長さがちょうどいい。
ファインダーを覗いた時、自然と背景と被写体の関係性を考えさせられる長さだし、静かで落ち着きのある写真を撮ることが出来る。
少し歪むが顔のアップでもいけるし、引くことが出来るなら風景の中に人を置いても安定した絵が手に入る。
ポートレイトを見る時、被写体の温度や息づかいを感じるかどうかは、意外とレンズの長さと関係があるような気がする。
200mmで撮ると、確かに絵は安定するが、やっぱり何か遠い気がするのだ。
遠いというのは単に距離ではなく、被写体が持つ大切なものが僕のレンズまで届かない、もしくは撮り手の僕がそれを感じるには遠すぎる、または心を通わすには離れすぎているということだ。
だからといって28mmになると、どうも被写体を見ていて落ち着かない。
被写体をノリやインパクトで捉えることに夢中になって、何を撮るべきか落ち着いて見れない気がする。
僕が求める静かで落ち着きのあるポートレイトは35mm~85mm以内で、結局中間の50mmが多くなる。
もちろん、このパターンをぶち壊すためにあえて200mmを使うこともあるが、35mmより広角側はまったく僕の好みではない。
あの手、この手で撮ってみるのだが、結局は証明写真風、写真館風のポートレイトは良いなぁという気持ちになる。
50mmで、安定的に証明写真風、写真館風のポートレイトを撮って、しかもそれが退屈に見えない写真を撮れるようになりたいものだ。













f0137354_17343.jpg





No.65












f0137354_173821.jpg





No.66












f0137354_1731362.jpg





No.67












f0137354_1731624.jpg





No.68












f0137354_1732195.jpg





No.69












f0137354_1732540.jpg





No.70












f0137354_1732833.jpg





No.71












f0137354_1733277.jpg





No.72

























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


今回、僕のブログを見てくれている人たちとたくさん会っている。そして、多くの人たちから「ブログの更新楽しみにしていますけど、でも、ぜったいポチッ!はしません」という言葉を良く聞く。写真やテキストが好きでもポチッ!はぜったいにしたくないと言うのだ。どうして?と聞いてもみんな口をもぐもぐするだけで、なるほどな、と頷ける答えにたどり着かない。誰か、その辺の精神論、説明できる方、お願いします。笑



そういうマニアックな話は訳が分からないのでやめて欲しい、と思った人もポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2013-01-22 17:17 | 人・ストーリー

さっぽろ100人ポートレイト No.57 - 64





よく聞かれるんです、どんな時モノクロで、どうしてカラーな時もあるのかと。

僕はカメラをモノクロ設定にして撮ったりはしないけれど、ファインダーを覗く時、シャッターを押す時、これから写す写真がモノクロになるのか、カラーになるのか98%以上の確率で決めて撮っています。
このプロジェクト、はじめは全てモノクロで決めようと思っていました。
写真をはじめた当時は、モノクロじゃないポートレイトなんか肖像写真として認めない、と本気で思っていたほどのモノクロ派でしたから。
だって、カラーのロボート・フランクとかブレッソンなんかカッコ悪いじゃないですか。
でもね、出てくるんですよ、こりゃあモノクロじゃなくて、絶対にカラーでしょっ、っていう被写体が。
プロジェクトとしての統一性はなくなるけれど、そういうときの気持ちにはは抗えないですよね、やっぱり。
だって、良いと思うものに素直な従わなければ、自分で好き勝手にやっているポートレイトでなくなりますから。
モノクロかカラーかを決めるのは「なんとなく、でも揺るぎなく」というようなフィーリングです。
あれっ、全然参考になりませんね。












f0137354_23271867.jpg





No.57












f0137354_23272259.jpg





No.58












f0137354_23272623.jpg





No.59












f0137354_23274051.jpg





No.60












f0137354_23274681.jpg





No.61












f0137354_23275036.jpg





No.62












f0137354_23275552.jpg





No.63












f0137354_23275969.jpg





No.64
























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


カラーのセバスチャン・サルガドも植田正治も許せないよなぁ、、、。笑



あなたは節操がないからどちらでもいいの、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2013-01-21 23:44 | 人・ストーリー

さっぽろ100人ポートレイト No.49 - 56



さあ、残り時間がなくなってきた。
さっぽろ100人ポートレイト・プロジェクト、後半ドドッといこうと思う。
田中さんも鈴木さんも、佐藤さんも渡辺さんも(あ、ただ頭に浮かんだ名字というだけです)遠慮なく登場してもらいましょう。
僕のレンズの前に立ってくれた方々について、語りたいことは山ほどあるが、そこで引っかかっていては前に進めない。(テキストに熱が入るとブログ更新が滞る傾向あり)
100人達成したあかつきには、皆さん僕とモデルになってくれた人たちを褒めてあげてください。
え、好き勝手にやってる人の目的達成をなんで褒めなきゃならないのって?
まあ、まあ、いいじゃないですか、そういう細かいことは。
とにかく、一緒に喜びましょう!
え、まだ終わってないだろって?
そうだ、頑張らなくっちゃ、、、。












f0137354_023830.jpg





No.49












f0137354_0235053.jpg





No.50












f0137354_0242275.jpg





No.51












f0137354_0242724.jpg





No.52












f0137354_0243178.jpg





No.53












f0137354_0243665.jpg





No.54












f0137354_0244188.jpg





No.55












f0137354_0244933.jpg





No.56
























コメントのお返事、遅くなっていますがもう少しお待ちを!













人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


ブログランキングの方も、どうかお忘れないようお願いします。ポチッが増えれば増えるほど、調子に乗って誰かを撮りに行きます。



100人なんて甘い甘い、私の女性体験などは、、、と思った人もポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2013-01-20 00:35 | 人・ストーリー

さっぽろ100人ポートレイト No.41 - 48





このプロジェクト、100人やると言ってしまったおかげで毎日超多忙になってしまった。
もちろん、これは嬉しい悲鳴だ。
たくさんの、どちらかと言えば濃いタイプの人たちと話していてつくづく思う。
ああ、やっぱり明るくて前向きな人の周りには人が集まり、そこには健全なエネルギーが四方八方に飛び散っているのだと。
僕の極めて個人的な問題だが、これからどう生きるべきかということを何度も真剣に考えてしまう。

写真がこんなにも人を喜ばすことができるものだということを今回痛感した。
写真を見た人たちは、まだ写真を見てもいないのに、撮影されるという体験に感動し、喜んでくれる。
撮った写真を見せると、皆心から喜んでくれる。
しかし、ここにひとつ葛藤がある。
例えば、ワシっ鼻であごがしゃくれた女性を撮るとする。
僕にとってのこの人の魅力はやはり横顔だ。
しかし、それがこの人にとっては一番撮って欲しくないアングルだったりもする。
こういう時、渡した写真を見た時喜んでもらいたい、とか、嫌われたくない、いい人だと思って欲しい、という考えが純粋に強い写真を撮りたいというフォトグラファーとしての本心を邪魔する。
「喜んでもらいたい」VS「強い写真を撮りたい」がせめぎ合い、ほとんどの場合、「喜んでもらいたい」が勝利する。
ここにモノを創る自分の弱さを正直、感じてしまう。
純粋に喜んでくれる人たち、こんな自然な孫の顔、おばあちゃんの顔、旦那の顔を撮ってくれてありがとう、と感謝されると、「人のために撮る」ことと「自分のために撮る」ことのどちらが大切なのかまだ決められない。
100人撮った後、答えが出るだろうか、、、?












f0137354_031096.jpg





No.41












f0137354_032011.jpg





No.42












f0137354_032544.jpg





No.43












f0137354_033913.jpg





No.44












f0137354_035566.jpg





No.45












f0137354_04373.jpg





No.46












f0137354_04951.jpg





No.47












f0137354_041788.jpg





No.48
























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


いい人でありたい、と思う男に限って女子にはモテないものだという経験はもう散々したはずなのに、、、涙



私だったらアーティスト魂を貫く、と思った人もポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2013-01-18 00:13 | 人・ストーリー

さっぽろ100人ポートレイト No.33 - 40




2013年は僕のグズグズだらだら癖を直そうと心に誓ったはずなのに、スタートからこのざまです。
遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
昨年同様、僕の勝手気ままなブログに今年もお付き合いくださいませ。
これといって特別なことはしませんでしたが、やはり、自分の国で家族と過ごせる正月というのはいいものです。
今年はどんな一年になるのだろう、世界はどう動くのだろう。
人生の残り時間を考える年齢になりました。
二度と戻ることが出来ない貴重な毎日を、じっくり噛み締めて生きたいものです。
そして、感謝しましょう、いいことにも、悪いことにも、自分に起こる全てのことに。

さて、「さっぽろ100人ポートレイト・プロジェクト」やってます、やってます、すっごく沢山の人たちと知り合いになりました。
まだ100人には届きませんが、割といい調子で進んでいます。
沢山の顔を撮っていて思うのですが、顔ってやっぱり正直ですねぇ。
生き方が顔に出るというのは、どうやら本当のようです。
そして、誰もが一所懸命に生きているんだという、当たり前のことを新鮮に感じます。
10代の人も40代の人も、70代の人だって、何かしらの悩みを抱え、小さな日々の楽しみを持ち、今日よりも明日が少しでも良くなればいいなと思って生きているようです。
誰かに会うたび、自分はこの人よりも元気が無いなぁとか、生き生きしてないなぁとか、前向きじゃないなぁなどと、ついつい反省してしまいます。
もちろん、自分は自分、他人は他人でいいのだけど、なんせ人間が小さいので自分と見比べて萎んでしまう毎日でもあります。
かたや、こういうことをやっていると、日本中をまわって毎日人の顔だけ撮って暮らしてみたくなります。
100人とは言わず、1000人、1万人、10万人単位で人の顔を撮ってみたら、一体何が見えるのでしょう。
それを日本中のビルや地下鉄の通路、歩道橋やスカイツリーなんかにびっしりと貼り出すとどんなに楽しいだろうと、想像してしまいます。
ゆっくりと静養するはずの日々が、なぜかとってもハードな毎日になっている、、、。笑
皆さん、写真って本当にいいもんですねぇ〜。













f0137354_22151356.jpg





No.33












f0137354_2216031.jpg





No.34












f0137354_2216425.jpg





No.35












f0137354_2216951.jpg





No.36












f0137354_22161478.jpg





No.37












f0137354_22161951.jpg





No.38












f0137354_22214435.jpg





No.39












f0137354_22214932.jpg





No.40












人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


あれっ、もうランキングとは縁のないブログになっている、、、?いや、いや、皆さんそんなこと言わないで、今年もポチッとすれば福きたる。笑



そうそう、ポートレイトはやっぱり面白しろい、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2013-01-11 22:38 | 人・ストーリー

<< previous page | next page >>