<   2014年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

I wanna talk about my photo box (僕のフォトボックスについて語りたいのだ)





My photo box plays an important role for my project.
The easiest way to get 10,000 portraits in Tasmania is just bringing my camera to somewhere and taking a snap shot, many friends said using the photo box just make my project harder.
But I was sure it’ going to be a key for my project.

僕のフォトボックスはプロジェクトの重要な役割を果たしている。
10,000人のポートレイトを撮るにあたって一番簡単な方法はただカメラを持ってどこかに出かけスナップショットを撮ることだ。
わざわざフォトボックスを使って写真を撮るのはプロジェクトを難しくするだけだろう、と多くの友人は言った。
でも、このボックスが僕のプロジェクトの鍵になるという確信が僕にはあった。

So why the box?

では、なぜボックスなのか?

Firstly: When people made up their mind to pop into this box, their attitude would already be positive. It would mean a collaboration between the person in the box and me. This action would make a better picture.

まず第一に、人々が心を決めてこのボックスに入るとき、彼らの態度がすでにポジティブになることを挙げたい。それはまさしくボックスに入る人と僕の間で発生するコラボレーションなのだ。このアクションが写真をより良くする。

Also, I would have the same format and lighting every time I took a picture. It would produce photographs of high quality and consistency. These aspects are really important when creating a record - in fact there’s a name for this genre.
It’s called Typology Photography.
(I’ll talk about it next time.)

また、僕は撮影する写真すべてを同じフォーマット、ライティングにしたいという気持ちがあった。そうすることによって写真を高品質にし、一貫性を持たせたかったのだ。こういった側面は「記録写真」を作る上でとても大切になる。
実際、こういったタイプの写真はひとつのジャンルとして確立されている。
これをタイポロジー・フォトグラフィーという。
(これについては次回お話します。)

My photo box was a way of making this a typology photography project - to keep the portraits all the same - consistent.
The photo box also makes a strong impression on people…it’s actually a talking point. If people would say “I know him, he’s the box photographer” or “That’s that photo booth project” that was the effect I wanted to create.

僕のフォトボックスはタイポロジー・フォトグラフィー・プロジェクトを作るための手段なのだ ー つまり全てのポートレイトに一貫性をもたせるということ。
フォトボックスはまた人々に強い印象を与える、実際、口コミ効果を生む。
「彼なら知ってるよ、ボックス・フォトグラファーでしょう」とか「ああ、あれね、フォトブース・プロジェクトよ」と人々が言うのなら、それがまさに僕が狙った効果なのだ。 










f0137354_18554127.jpg











f0137354_18555716.jpg












I thought I could buy my ideal photo box in somewhere very easily, there are so many kind of photo equipment in the world.
I had been searching for something I want by the internet for a week but I couldn’t find anything I want.
Then I started to make the photo box by myself, my photo box journey began.
My first idea was just using a small cardboard box. I thought I could ask people to hold it, then I would take photos of them. Yes, it’s easy. I wouldn’t need any light stands or a stepladder.
But all pictures I took became just like “gibbeted head” and it’s not suitable for my happy project.

理想のフォトボックスはどここでいとも簡単に買えると思っていた。この世界にはありとあらゆる写真機材が売っている。
インターネットで僕の欲しいフォトボックスをまるまる一週間かかって調べたが、欲しいものは全く見つからなかった。
それで僕は、自分でフォトボックスを作り始めた、これが僕のフォトボックス・ジャーニーのはじまりだ。
最初は小さな段ボール箱を使うつもりだった。人々にそれを持ってもらって、写真を撮るのだ。そう、とても簡単。ライトスタンドや脚立など必要ない。
でも、その段ボール箱で撮った写真はすべてさらし首のようになってしまった。
これじゃ、僕のハッピープロジェクトに似合わない。










f0137354_18561693.jpg











f0137354_18571576.jpg











f0137354_18563981.jpg











f0137354_18575332.jpg











I had been taking photos of myself more than one month everyday. (Every picture of me looks grumpy because I couldn’t get good result at all)
Many people might wear glasses or hat, I have to give them even-light, I don’t want to have any ugly shadow on their faces.
The box became bigger and bigger.
Whoever came to my flat or whenever I visited my friend’s house, I asked them to pop into my photo box.
I like drawing picture but I’m not good at making any three-dimensional object.
I asked my handyman friends to help me making the photo box.
It took long time to finish making the box much more than I expected.
I finally made a satisfactory kind of photo box and officially began to take photos in the middle of June last year.
I thought this box was just temporary but I’m still using it!
And It’s still working really well!

自分自身の写真を一ヶ月以上毎日撮り続けた。(どの写真も機嫌が悪く見えるのはまったく思い通りの結果にならないからだ)
多くの人たちがメガネをかけたり、帽子をかぶっているだろう。彼らの顔に均一な光をあてたい。彼らの顔にいかなる汚い影も落としたくない。
ボックはどんどん大きくなっていった。
誰が僕のアパートに来ても、僕がいつ誰の家を訪ねても、僕のフォトボックスに入ってもらうよう彼らにお願いした。
僕は絵を書くのは好きだが、立体的なものを作るのは苦手だ。
手先の器用な友達に助けを求めた。
ボックスの完成は予想以上の時間がかかった。
ついに「とりあえずいいでしょう」的ボックスが完成し、去年の6月の半ばから正式にプロジェクトの写真を撮り始めた。
本当に「とりあえず」のつもりのボックスだったが、結局まだ使い続けている。
そして、とてもいい仕事をしてくれている。










f0137354_1858833.jpg











f0137354_18582047.jpg











f0137354_18583579.jpg











f0137354_18585014.jpg





















今回は僕のプロジェクトのFacebookページように書いたテキストなのですが、実験的にブログでも公開しました。
英語&日本語のテキスト、なんだか変な感じ、、、。
( I wrote this text for the project page on Facebook but I’d like to share for Japanese people on my Japanese blog. I’ve never tried this before so I feel it’s quite strange,,,)
















人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


ブログをなかなか更新できず、今回は苦肉の策でした〜涙。見づらくて、ごめんねー!



こんな写真をブログに載せるなんて、よっぽど余裕がないんですねー、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-02-03 19:09 | 人・ストーリー

<< previous page | next page >>