<   2014年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

オスカー・バルナック・アワード



僕が写真をはじめたのは27歳の時だ。
今まで色々な写真を撮ってきたが、写真への情熱を失くしたことは一度もない。
よほど写真が好きなのだろう。
独学で始め、それからアメリカへ渡って学校で写真を学び、そしてプロとしてお金を貰うようになった。
写真は誰でも写せる。
絞りやシャッタースピードの関係を理解すればさらに意図したものを写せるようになるかもしれない。
スピードライトやストロボの使い方を学べば置かれている光の状況に縛られることなく、さらに作り込める。
Photoshopをはじめとする画像処理のソフト操作が巧みなら、思うがままに表現したい世界を追求できる。
時代はフィルムからデジタルへ移行し、写真機材の進歩は驚くばかりで、益々より良い写真が撮れる環境が整ってきたにもかかわらず、ハッとする写真に出会う頻度は年々少なくなっている気がする。
これは一体どういうことなのだろう?
世の中に溢れる写真を評価する前に、自分の写真を見ても反省する点が多々ある。
仕事で撮った写真はできるだけ友人のフォトグラファーであるピーターと見せ合い、お互いに評価するようにしている。
ピーターの写真はきっちりと計算されていて、完成度が高く、いかにもプロフェッショナルな写真だ。一方僕の写真は臨場感や動き重視で、どちらかと言えばアマチュアのスナップショット的な作風でちょっと恥ずかしくなるのだが、これが好みなので仕方がない。
そんな雑な写真を撮る僕でさえ、自分の写真を見ると技術的なことに囚われている感を否めない。
何というか、飛び跳ねる感じ、崩す感じ、そして何よりも自由さに欠ような気がする。
僕は来年50歳になる。
心の持ち方や感性が写真には真っ直ぐに出てくる。
歳を重ねるにつれ写真がつまらなくなっているとすれば、それは危機だ。
もちろん、歳を重ね、人生経験を積んだからこそ見えるものがあるのは確かだが、自由さを失ってはいけない。

ライカが1979年から毎年開催している写真の賞がある。
ライカの発明者オスカー・バルナック氏を記念しプロフェッショナルなフォトグラファーを対象に開催されているオスカー・バルナック・アワードだ。
毎年受賞作品や最終選考に残った作品を動画にまとめて公開しているのだが、世界中から集まる気合の入った作品たちを見ると思いっきり頬を打たれたような気分になる。
自分が今までに培った撮影スタイルや知識をフォーマットしたい気持ちになってしまう。





















f0137354_13251257.jpg











こんな話をした後に自分の写真は見せにくいではないか、、、。
今日の写真は友人の犬。













人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


写真への道は長くて険しい、、、。



なかなか思うような写真は撮れないよねー、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-10-27 13:29 | デジタル

親友のお父さん



僕の親友のお父さんが亡くなったという知らせをつい先ほど受けた。
大学に入ってから知り合った僕の親友は学生時代はもちろん、お互いに別の道を進んだ今に至るまで僕の人生を豊かなものにしてくれているとても大切な男だ。
学生時代、彼の実家に行くと彼のお父さんは仕事部屋から顔を出し、「近藤くん、ちょっとこっちへ来なさい」と言い、いつも峰というタバコの銀色の箱を指先で叩いてから一本のたばこを差し出すのだ。
少し話をすると「近藤くんが淹れるうまいコーヒーが飲みたいなぁ」とお決まりのセリフを言い、僕がお父さんのこだわる炭焼きコーヒーをゆっくりとおとす。
お父さんは身体が不自由な人で、普段は車椅子を使っている人だったが、ピカピカのトヨタ・クラウンをさっそうと運転し、バリバリと仕事をこなした。
札幌の中心部に立派な印鑑屋を一代で築き、今は僕の親友である息子さんがさらに進化した印章店となったそのお店を受け継いでいる。
「父親の背中を見て子供は成長する」という言葉を時々耳にするが、僕の親友と亡くなったお父さんほどそのセリフがピッタリとくる親子を僕は見たことがない。
「会社を継げ、と一度も言われたことはない」と僕の親友は言っているが、学生時代から彼は自分のやるべきことをはっきりと自覚していた。
彼の父親が築いた会社は生き方そのもので、そこに何かに懸けて生きる姿勢が全て詰まっている。
学生時代、そういう受け継ぐべきものを持っていた彼のことを公務員の息子として育った僕には羨ましかった。
仕事を通してしっかりと繋がっている父と子の関係が羨ましかった。

前回札幌を訪れ、「さっぽろ100人ポートレイト」をやったとき、親友はもちろん、彼のお父さんとお母さんは絶対に撮っておきたい被写体だった。
親友の実家に久しぶりにお邪魔し、いくつかのシチュエーションで写真を撮ったが、お父さんはやはりあの印鑑を彫る仕事場で撮るのが一番ふさわしく、そこでのお父さんの表情がやはり一番輝いていた。

僕もそうだが、父と息子は基本的に反発しあって生きていくものだという気がする。
「お前はまだまだだ」「オヤジは何もわかっていない」そして息子が自分と違う形で、だがなかなかしっかりとやっていると父親が思いはじめる時、父親のやってきたこと、言ってきたことの意味がおぼろげに分かりかけてきたと息子が思いはじめる時、別れは突然やってくるのだ。
もっと聞くべきこと、話すべきことがあったのに、と思った時にはもう一緒の時間を過ごせないのだ。

でも、お父さん、あなたの息子さんはあなたの生き方を200%受け継いでいます。
どうか、安らかにお眠りください。














f0137354_21403356.jpg





















人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


僕の息子ソーマも父親に反発しはじめました。悲しいけど受け入れなければ、、、。娘のシオナはまだかまってくれます。



そうだ父親に電話してみよう、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-10-25 21:45 | 人・ストーリー

シェフ - Chef




現場で働くプロフェッショナルの姿は、それがどんな分野であってもクールだ。
ポートレイトを撮るにあたって、常に魅力的な被写体だといえる。
ナショナルジオグラフィックで働くあるフォトグラファーがこう言っていた。
「より良い写真を撮りたければ、より良い被写体の前に立て」
誰しも魅力的な部分を持っているとはいえ、この言葉は一理も二理もある。



僕は夕食を食べるときに限って、何かパソコンで観ることにしている。
テレビを持っていないので、TV局(オーストラリアの)のウェブサイトで配信しているオンデマンドの番組や映画を見るのが常だ。
時にはダウンロードした映画を40分単位で区切りながら2〜3日かけて観ることもある。
こんな映画の見方をしていると監督さんや俳優さんが聞いたらさぞかし嘆くだろうが、時間のことを考えるとこうなってしまうのだ。
最近、シェフ(Chef)という映画を観た。
ダスティン・ホフマン、スカーレット・ヨハンソン、ロバート・ダウニーJrなどがちょい役で出演しているところが客寄せパンダ的で何なのだが、ロードムービー、父と子の絆、そして何よりも出てくる食べ物が美味しそうでたまらない、なかなか好きな映画だった。










f0137354_13533033.jpg















f0137354_1352141.jpg















今日の写真はプロジェクトの撮影で出会った本物のシェフ。
貫禄たっぷりの素敵な被写体だった。
映画シェフのなかに出てきそうないい味を出していた。














人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


おっ、ブログランキングが上昇中!
皆さん、その調子で毎日のポチッ!をよろしくです!




映画も芸術作品の一つなのだからもっと真面目に鑑賞してほしい、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-10-20 14:01 | 人・ストーリー

子供たちの肌



プロジェクト写真の画像処理をしていて苦しむのは肌の色だ。
アジア人や黒人はさほど苦労しないが、白人の肌には本当に苦しめられる。
黄色っぽい肌、まるで酔っぱらってでもいるかのようなマジェンタ色の肌、そして血管まですべて見えてしまいそうな蒼白の肌。
それを画像処理のソフト(僕はLightroom5を使っている)でコントロールするテクニックは色々とあるのだが、一人の写真を3〜5分以内で処理したいと思っているので、できるだけホワとバランスだけで済まそうとする。そうするともちろん他の部分とのバランスが噛み合わなくなるので、迷いはじめる。
5Dマーク3で撮影した人肌を100%、200%に拡大し27インチのモニターで見ると、それはまるで空の上から撮影した山肌のようだ。
しかし子供たちの肌だけは全く違う。
細かな引っかき傷や食べ物のカスなどが付いていたとしても、どの子供たちの肌もまるでシルクのように滑らかなのだ。
この肌の子供たちが20年、30年もすると地学の研究で使われる写真に出てくるような肌になるのかと思うと(特に白人は)まったくもって人間の老化のスピードは凄いと思う。











f0137354_18455081.jpg











タスマニア10,000人プロジェクトより




















人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


この週末は画像処理で明け暮れました。ああ、どこか旅行に行きたい!



私の顔の皮膚はまるでオーストラリアの干上がった大地のようだ、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-10-19 18:52 | デジタル

青いモジモジくん (Tasmania 10,000 People Project)







f0137354_1950229.jpg













全身青いモジモジくんがフォトボックスにゆっくりと入っていた。
僕が話しかけても、何も言葉を発しない。
背格好から判断すると、子供のようだ。
2度シャッターを切った後、「キミの顔を見てみたいんだけど、それは無理かなぁ、、、?」と聞くと、モジモジくんはやはり無言だったが、それでもゆっくりとした動作で僕の要求に応えてくれた。
正体を現したモジモジくんの口の周りは所々ただれている。
なるほど、そういうことだったのか。
彼の表情を見てクスクスと笑っていた父親らしき人物に「顔を撮ってもいいか」とたずねるとオーケーサインを僕にくれた。
モジモジくんも表情を変えず、僕にオーケーサインを送ってくれた。










f0137354_1950128.jpg











タスマニア10,000人プロジェクトより




















人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


モジモジくんが着ているタイプの服?をなんと呼ぶのか調べてみると、一般的にゼンタイ(全身タイツ)と呼ばれているようだ。体の動きを見せやすくする目的でサーカスで使われはじめたのが発祥らしい。



私も気持ちが滅入ると、全身タイツを着用して街に出かけることがあります、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-10-17 19:52 | 人・ストーリー

月への階段 VS 太陽への階段




タスマニア東海岸のビシェノーへ宿泊した時、誰もいない砂浜で燃えるような夕日を見た。
日が落ちてからもぼんやりと海を見続ける。
すると今度は深い青の夜空にポッカリと丸い月が浮かんだ。
水面には月への階段がゆらゆらと揺らめく。
心のきれいな人だけが登っていけそうな階段だ。


翌朝、まだ暗いうちに砂浜に出かけた。
やはりそこは誰も居ない砂浜だった。
空が深いブルーから紫色になり、あっという間にオレンジ色になったかと思うと、太陽がゆっくりと水平線に顔を出した。
そこには勇気のある人だけが歩けそうな太陽への階段ができていた。


あなたならどちらの階段を歩いていけそうですか?













f0137354_1449265.jpg

















f0137354_14505319.jpg
























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


エキサイトブログにはレポートという機能がある。久しぶりにそこを見てみると、ブログの更新をしていない間もものすごくたくさんの人たちがこのブログを覗いてくれていたのだと知った。感謝感激です。



そんな階段を登れると豪語する人がいたら私の前に出てきなさい、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-10-16 14:52 | デジタル

初めてのファミリー・ポートレイト



友人のジュリアンとチャシーが赤ちゃんを授かり、早速写真を撮りに行った。
二人にとって初めての子供は男の子、イオネ(Ione)というスペイン風の名前をつけられた。
どんなにラフな服装をしていても育ちの良さを隠せないジュリアンとスペイン、カナリア諸島出身の美しいチャシーの間に生まれたイオネくんはとても小さいのに、すでに高貴な風格を漂わせる美男子赤ちゃんだった。
まるでアンティークのお城のような、彼らが経営するベッド&ブレックファスト、ブロックリー・エステイト(Brockley Estate)で彼らにとって初めてのファミリー・ポートレイトを撮らせてもらい光栄だ。


数週間後、久しぶりにゆっくりとした週末を過ごすため、ブロックリー・エステイトを訪れるとチャシーからファミリー・ポートレイトのお礼を言われ、一枚の封筒を渡された。
中を開けてみると、イオネくんのカードが出てきた。
彼らは僕が渡した写真からお気に入りの一枚を選び、スペインの家族や、友人知人にカードを送ったらしい。


撮った写真が誰かにとって大切な一枚になるのは、フォトグラファー冥利に尽きる。











f0137354_12273636.jpg











f0137354_12274840.jpg











f0137354_1228062.jpg














タスマニアを訪れたら是非とも宿泊して欲しい「ブロックリー・エステイト(Brockley Estate)」
こんな大自然の中でアンティークに囲まれ、極上のスペイン料理を楽しめるなんて、なかなかの贅沢ですぞ。





















人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


僕の子供たちソーマやシオナがまだ赤ん坊だった頃、この毎日は絶対に忘れないと思っていたのに、彼らがどんなに小さくて柔らかだったか、もう全く思い出せない。写真だけがかろうじてそのことを思い出させてくれる。



私も生まれた時は貴公子だったのに今はただのオッサンだ、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-10-15 12:32 | デジタル

虹が綺麗だった一日



プロジェクトの撮影を行なうため、タスマニアのいたるところへ車を走らせた。
できるだけ宿泊を避けるため(お金がかかるので)朝はまだ暗いうちに家を出て、夜遅く、ヘトヘトになって帰ってくる毎日だった。

移動の途中、とてもきれいな光景を目にしたのだが、如何せん、行きは常に時間に追われ、帰りは疲労困憊で、それらの美しい光景を切り取るために車を止めカメラを構えることはなかった。
殆どの場合、車の中からのちょい撮りだ。
写真と真剣に向き合っている人たちが、そんな僕の姿を見たら「なんて根性なしなんだ!」と怒り出しそうだが(相原さん、怒らないでねー♡)ここがやはり、風景写真家向きではないところなのだろう。

今回は虹が綺麗だった一日の写真を見てもらおう。












f0137354_12365131.jpg













f0137354_1237148.jpg













f0137354_12371123.jpg





















人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


おっ、昨日に引き続きブログ更新。明日も更新なるか?笑



こういう被写体は三脚立ててしっかりと撮ってください、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-10-14 12:44 | デジタル

語らぬと創造性は萎むのか?



プロジェクトの撮影が終わり、今はただひたすら画像処理の毎日だ。
約11,000人分の画像処理は、あの苦しかった一年間の撮影よりも、予想を遥かに超え、心身ともにキツイ作業。
何か骨のあるものを作ろうとしているのだから、たとえどんなに時間がかかろうとも、コツコツと積み上げていくしかない。


プロジェクトをはじめてから、すっかりこのブログとの付き合いが遠ざかってしまった。
今までこのブログを楽しみにしてくれていた皆さんには、本当に申し訳ないと思っている。
ここで言い訳するのも男らしくないが、毎朝4時前後に起床し、夜10時前後にベッドに倒れこむまで、とにかく時間の余裕というものが全くないのだ。
まあ、世の中、出来ない人間に限って「時間がない」というセリフを頻繁に使うものなのだけど、、、。
今は写真の仕事も必要最低限しか入れないようにしている。
写真の仕事は打ち合わせから写真を収めるまで、とても時間がかかるからだ。
仕事で撮る写真以外は自分でも驚いてしまうほどシャッターを切っていない。
一年間撮り続けたプロジェクトの写真は手作りのフォトボックスの中で全て撮っていたので、それ以外の撮影の時は緊張してしまう。
先月も某通信社のアサイメントで2日間びっしりと撮影したのだが、久しぶりのフォトジャーナリズム的な仕事ということもあって、かなり緊張した。
僕にとってテニスラケットの素振りというか、シャドーボクシング的なストリートでのスナップショットも全くと言っていいほど撮っていない。
普段から撮っていないと、ストリートでのスナップショットは全く撮れなくなる。
しかし、ここが今回の本題なのだが(相変わらず本題に入るまでが長い)、スナップショットが撮れなくなる本当の理由は、頭の中に物語が何もないからだ。
毎日毎日単調な作業を繰り返し、時間に余裕が無い生活を送っているつけが回ってきたのだろう。
ブログを継続的に更新していた時は常に頭の中に物語があった。
写真について、友人について、自然について、誰かの生き方について、語るべきことが常にあり、僕の撮るスナップショットはそれを代弁する挿絵のようなものだった。
語らぬと創造性は萎むのか?
もしそうなら、それは深刻な問題だ。
いい機材があり、写真についての知識や経験も豊富だが、心に響く写真が撮れないのは殆どの場合、撮っている人間がつまらないからだ。
これはやはり、ブログをもっと頻繁に更新しなさいということなのだろうか、、、?










f0137354_18543969.jpg









f0137354_18545044.jpg









f0137354_18545954.jpg











昨日の散歩で撮った写真たち。
サマータイムに切り替わったばかりのタスマニアだが、まだまだ肌寒い日が多い。
昨日は青空が広がる気持ちの良い一日で、「ブルー」をテーマに写真を撮ってみた。
富士フィルムのX100を手に入れてからというもの、仕事以外の写真はもっぱらこの一台で済ませているのだが、やはり5Dに触れていないと腕が鈍る。
シャドーボクシング的スナップショットを撮るときは、やはり35mm、50mmの単レンズで外を歩くのがしっくりとくる。




















人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


ほとんど休止状態のブログでした。果たして次なる更新はいつになるのか?



語りすぎる男は嫌われますよ、と思った人もポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-10-13 19:05 | デジタル

<< previous page | next page >>