<   2014年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

次のプロジェクトは?


ここ数ヶ月の間ずっと次のプロジェクトのことを考え続けている。
まだ今のプロジェクトが終わっていないのだからそんなことを考えている場合ではないのだが、この6ヶ月間ひたすら画像処理をしていたせいか写真を撮りたい欲求を抑えきれなくなりはじめている。
落ち着きがなく、物事に集中できず、夜もろくに寝れず、寝れば寝たで夢の中でも考え続けている。
頭がおかしくなりそうなほど。
今までやりたかったプロジェクトはいくつかあるのだが、「それは本当に心からやりたいことなのか、時間やお金や労力をかけやるべきことなのか、そんなテーマの写真は過去にさんざん見てきたのではないか」と自問自答を続けていると不確かな気持だけが残る。
今やっている「タスマニア10,000人プロジェクト」は10年近く前からやりたいと思い続けていたこと。
しかし、誰かにこの案を話すと80%以上の確率で反対された。
特に写真やアートをやっている人からの反対が多かったので、これも何度も自問自答したがやりたいという気持は一向に収まらなかった。
一度プロジェクトをはじめたらほとんどのエネルギーをそこで費やすことになる。
半端な気持では自滅する。
そうやって自滅した経験も実際いくつかある。
プロジェクトのテーマを考える際、考慮すべきことはいくつかある。
そのテーマは本当に筋が通っているか?
自分を満たすだけでなく、社会的、写真史的意味はあるのか?
それをお金を出してでも見たいと思う人は他にどれくらいたくさんいるだろうか?
現実的か?
どうやって見せるのか?
そんなことを考えていると怖気づき、前に進むのを躊躇してしまう。
色々なことをそぎ落としていくと、自分が本当に撮りたいものとは、自分が本当に見たいものだということに気づく。
それは他の写真家たちの作品の中でまだ見ていないタイプのものだ。
あらゆる分野のことが写真で表現しつくされていて、まだ見たこともないタイプの写真などあるわけがない、と自分に言い訳をしそうになるが、実際は毎年そういう写真が世の中から出てくる。
人間の想像力は底なしだ。
自分が本当に見たいものは同時に撮影という行為を通して自分も経験したいことだ。
いやそれは、イチローをテーマに写真を撮ろうとするとき、自分も同じ場所で野球をするという意味ではない。
イチローに会いにアメリカへ行き、イチローと共に時を過ごし、イチローが経験したことをその場で見て、スランプに苦しむ彼に心を痛め、イチローが果たす成功に対し同じ感動を味わうということだ。
こういう全てのプロセスを含めた経験をする覚悟があるか、それを心から楽しめるのかどうかという話だ。
昨夜も眠れず、あれやこれやと考えていると、突然僕の頭の中に雷が落ちた。
あっ、それは面白い、それならとことん見てみたいと。
いや待て、落ち着け、落ち着け、もうちょっと冷静になって考えろ。
頭の中で考えがジェットスターのようにぐるぐる回り続ける。
気が付くと夜中の3時を回っている。
もう寝なくては、でも寝たらこのアイディアを忘れるかもしれない。
ベッドから抜け出し、パソコンを開いて考えを書き留めることにした。
いいアイディアは朝起き抜けに見た夢のように時間が経つと忘れてしまうものだ。
興奮して考えたことを文章にすると意外と冷静になり、考えの粗も見えてくる。
少しリサーチもしてみる。
気が付くと窓の外にオレンジ色の光が見えるではないか。
デスクの上にあるX100を手に取り、レース越しに数枚写真を撮る。
コップに水を入れ少しだけ飲んだあと、窓辺にコップを戻す。
マジック・アワーの光がコップの中にも入り込んでいる。
綺麗だ。
興奮した頭を冷やすため、散歩に出ることにした。
タスマニアは真夏のはずだが路上に駐車している車や芝生の上は露で濡れている。
一時間ほど散歩をして戻ったが、プロジェクトのアイディアはまだ輝いている。
数ヶ月寝かせても想いは募るばかりなら、次のプロジェクトはこれで行こう!











f0137354_1861269.jpg












f0137354_1862055.jpg






















人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


自分の考えに興奮し、一晩中眠れないなんて、久しぶりのこと。でも、この年になると夜更かしは堪えますねぇ、、、。



本当に見たいものは自分でもわからない、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-12-28 18:09 | デジタル

スナップショット 26th Dec 2014



昨日、友人たちと会うためキングストン・ビーチへ出かけた。
彼らとはかれこれ一年ほど会っていず、お互いの近況、2014年のベスト映画、オーストラリアの選挙などの他愛もない話で楽しい時間を過ごした。
彼らと別れたあと、天気も良かったので少しだけ一人で散歩することにした。



いつものように首にはX100がぶら下がっている。
いつもブログで書いている通り、スナップショットは僕の中心にある写真行為だ。
自分ではコントロールできない光、被写体、環境のなかで何を見つけ、何を感じ、どう切り取るか。ピント、露出、スピード、技術的な面を問題なく正確に処理しているか。
この日は比較的日差しが強かったので、X100のEVF(電子ファインダー)を使うと肉眼で被写体を見るより全てが暗く見えてしまうので、すべての写真をOVF(光学ファインダー)を使って撮ることにした。



こんな事をここで書いても訳がわからない人も多いだろうが、僕が富士フィルムX100をどう設定して使っているのか少し触れておく。
まず、ピントはマニュアル・フォーカスで設定している。
フォーカス・ピーキングも設定している。
キャノンのようにサムフォーカス(親指フォーカス:マニュアルフォーカス設定なのだが、背面のAFL/AELボタンを親指で押すとオートフォーカス機能を使える)でおおまかなピントを合わせ、時間に余裕があればAFL/AELボタンの上にあるコマンドレバーを押し、フォーカスポイント部分を4倍の拡大表示しピントの微調整をする。この時、フォーカス・ピーキングが威力を発揮する。
本当はこのフォーカスポイント4倍拡大表示をした時だけフォーカス・ピーキングを使いたいのだが、それが出来るのかどうか、僕にはまだその方法を見つけることが出来ない。
オートフォーカス設定にすると僕のように動く被写体を撮ることが多い人間にとって、一枚目はピントが合うが、2枚目のピントを合わせようとしている間にシャッターチャンスを逃がすことが多いので、どうしてもマニュアルフォーカス設定にし、サムフォーカスを使ってしまう。
色々と試行錯誤しているが、この方法が今のところ一番安定しているし、信頼できる。
露出はマニュアルかAモード(露出優先)を使う。
たぶんマニュアル設定が80%でAモードが20%くらいの割合だと思う。
マニュアル設定で写真を撮るのは、やはり安定しているからなのだが、例えばこの日のスナップショットのように間違えや失敗が許される日は自分の目で見たものとカメラが表現するもの差異を感覚的に学習する絶好の機会だというのが理由の一つだ。
そう言うと「Aモードにすればカメラが表現するかたちで被写体を見ることが出来るではないか!」という人がいるかもしれない。
確かに、キャノンと違い、ファインダーをEVFにして、Aモード(露出優先)にすればカメラで設定した露出のとおりに被写体を見ることが出来るのはほんとうに素晴らしいし、画期的なことだ。
でも僕は、肉眼で被写体を見た時、自分が設定しているカメラの絞りとシャッタースピードならこうなる、と頭の中で分かった上でファインダーを覗きたいのだ。
その方がはるかに早く被写体を捉えることが出来る。
なのでファインダーをOVFにし、絞りとシャッタースピードをマニュアルにして撮影することは僕にとって大切なことなのだ。
X100はヴューファインダーとモニター、ヴューファインダーだけ、モニターだけと、どのように被写体を見るのか自分で選べるが、僕はヴューファインダーだけにしていることが多い。
そして撮影画像の表示は必ずOFFにする。
撮影するたびに撮影画像が表示されると、それが今見ているものなのか、今撮ったばかりの画像なのか混同するので撮影画像表示をOFFにするのだが、それよりも何よりも大切なことは今撮っているその瞬間に集中することだと思う。
よく一枚撮るたびにモニターで画像を確認している人がいるが、それでは被写体に対する集中力を維持できないだろう。
特に、ポートレイトを撮るときはそうだ。
ポートレイトは撮る側はもちろん、撮られる側だってかなり集中している。
撮られる側にしてみれば、フォトグラファーが一枚撮るたびにカメラのモニターに視線を落とし、それからまた自分を見るのなら張り詰めた気持を維持するのは難しいだろう。
撮るときはただひたすら撮る、仕上がりが心配なら普段から練習しその不安を払拭するしかない。
自分が被写体に集中し、真剣であればあるほど、相手が有名人であれ、まったくの一般人であれ、必ずそれに応えてくれる。
画質モードはF+RAWに設定している。
モノクロにするときは100%Lightroomで画像処理するが、カラーの場合はjpegの撮って出しで満足している。
富士フィルムは素晴らしいフィルムシュミレーションがあるが、今のところ僕はスタンダードしか使っていない。
フィルムシュミレーションは今後もっと積極的に試す必要があると思っている。
シャッターの音量は常にOFF。静かであること、このカメラが大好きな大きな理由の一つだ。
フォーカスリングの方向はキャノンを同じに設定している。
近いものにピントを合わせるときは時計回り、遠くはその逆。これはもう手が覚えこんでいて、自然に動くので逆の修正は難しい。
プロレス、格闘技の雑誌の仕事をしている時、観客席側から400mm以上のレンズを使って撮影するとき、よく会社のレンズを借りた。
僕は200mm以上のレンズを持っていなかったからだ。
会社の写真機材はニコンだったのでよくフォーカスリングの動かし方を間違って、マズイ失敗をやらかしたものだ。
あっ、今日は文章が長くなってしまった。
殆どの人にとってあまり興味が無いだろうX100の設定のことを書いたのは、今日が穏やかな土曜日で、のんびりできる一日だったからだ。
写真の講釈、ヒンシュクを買いやすいんだよなぁ、、、笑











f0137354_1484778.jpg











f0137354_148541.jpg










 
f0137354_149097.jpg











f0137354_149731.jpg











f0137354_1491533.jpg











f0137354_1492347.jpg











f0137354_1492963.jpg











f0137354_1493580.jpg











f0137354_1494389.jpg











f0137354_1495148.jpg











f0137354_1410064.jpg











f0137354_1410942.jpg
























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


淡々と続くスナップショットもたまにはいいでしょう。



写真の講釈、たまには良いです、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-12-27 14:08 | スナップショット

最強の飾り付け



年に一度のクリスマスのデコレーションに情熱をかけている人は案外多い。
もちろん、コミュニティやビジネスとはまったく関係なく、あくまでも個人的にするクリスマスのデコレーションだ。
凄いなぁ、よくやるなぁ、どれだけお金と時間をかけているんだろう、と思ってしまうクリスマスの飾り付けは多々あるが、今まで見た中で一番凄かったのは去年シドニーの郊外で見た飾り付けだろう。
僕がその家を見ている間にもたくさんの人たちがそこを訪れ、記念写真を撮っていた。
この家の人たちはそんな様子を家の中からこっそりと覗き、さぞかしご満悦だろう。


今年もやっているのかなぁ?










f0137354_18541849.jpg











f0137354_18543019.jpg











f0137354_18544147.jpg











f0137354_18545049.jpg











f0137354_18545968.jpg











f0137354_1855873.jpg











f0137354_18551728.jpg











f0137354_18552659.jpg






















人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


おっ、珍しく一日2回の記事更新!
皆さん、メリー・クリスマス!




私も年に一度の地元のお祭りに情熱をかけている、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-12-25 18:59 | スナップショット

クリスマスの風景2




f0137354_18302534.jpg











f0137354_18303440.jpg











クリスマスが近づくと街や通りの空気が確実に変わる。
人々の家のドアにはクリスマス・リースが飾られ、塀には子供たちがサンタさんに託す願いが記されている。










f0137354_18304623.jpg











サンタのワークショップ。
自分が寝ている間にサンタさんたちが忙しくプレゼントの梱包作業をしてくれないかなぁ?










f0137354_18305591.jpg











サンタさん、約束します、僕がずっといい子でいることを。
サンタさんが僕のお願いリストを持っていますように。
サンタさん、あなたのことを信じています。










こんなサンタさんへのメッセージを目にする度、温かい気持ちになる。










f0137354_1832519.jpg











f0137354_18311867.jpg











この時期、こともあろうかサンタさんたちは白昼堂々と通りを歩く。


道に立ち尽くすサンタ。










f0137354_18312725.jpg











ジョギングするサンタ。










f0137354_1831376.jpg











ジョギングの途中悪ふざけをするサンタ。










f0137354_18314819.jpg











時には集団で街を徘徊する。










f0137354_18315783.jpg











トラックだってサンタさんを待ちわびている。










今日の朝、ベッドで目が覚めた子供たちは真っ先にクリスマス・ツリーのもとへ走り出すだろう。
一人でも多くの子供の願いが叶った一日でありますように。










f0137354_18321487.jpg






















人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


僕のもとにはサンタさんが来る気配がなかったので、自分へのプレゼントを大量に自分で買ってしまいました。もちろん、全てカメラ機材。



私も自分へのクリスマス・プレゼントを買ってしまいました。だって大人は買物をするときの言い訳が必要ですから、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-12-25 18:42 | スナップショット

クリスマスの風景



クリスマスが近づくと家々の窓に綺麗な明かりが灯る。
僕たち日本人にとってのクリスマスとここタスマニアに住む人たちのそれとはかなり感覚が違う。
ここのクリスマスの心は、日本の正月の感じと似ていると思う。
それぞれの暮らしにふさわしいクリスマスの心が、それぞれの家の窓を飾る。



毎年、クリスマスが近づくと同じ飾り付けをする小さな窓を僕は知っている。
そこは介護者が定期的に訪問してくれる老人専用のアパートにある。
毎年同じサンタがその窓に立ち、同じ花がその窓の下に咲いている。
今年もあの窓にあるだろうか?と昨夜不意に思いたち、カメラを持って家を出た。
ひょっとしたら、今年はもうないかも、、、という気持ちが一瞬心によぎった。
老人が住んでいるであろうその窓は僕の家からほんの7,8分だ。
あった、暗闇の中にいつものサンタが浮き上がっていた。
僕は小声で「メリー・クリスマス」という。










f0137354_212530.jpg











せっかくなので家の近所を少しふらついてみた。
いつも玄関の前や庭に雑草が生い茂っている家の前を通る。
あまりにも手入れされていない家なので、ここには人が住んでいないのかもしれないと時々思っていた家だ。
玄関のドアの横にあるポーチにお情け程度だが小さなイルミネーションが灯っているではないか。
これがこの家に住む人のクリスマスの気持ちなのだ。
家の雑草に気を回す余裕はないが、それでもクリスマスを祝っている。










f0137354_2124579.jpg











あっ、そうだ、いつも庭に物が汚く散らばっている家を他にも知っている。
その家にはクリスマスの明かりが灯っているだろうか?
行ってみると、そこにもクリスマスツリーのカタチをした小さな明かりが灯っていた。










f0137354_2131290.jpg












もう少し歩いてみよう。



遠目からも色とりどりの明かりが点滅している家を見つけた。
そこへ行くと家の前がクリスマスのイルミネーションで華やかに彩られていた。










f0137354_2133135.jpg











そういえば、いつも通りかかる豪邸の窓はどうなっているんだろうか?
行ってみると窓の一つから赤い光が漏れていた。
僕の肩辺りの高さの塀があるのであまり中の様子は分からないが、おそらくそこはキッチンだろう。
キッチンテーブルの奥でクリスマス・ツリーが赤く光っていた。
傍から見るとちょっとした不審者のようだが、僕は塀の上に腕を伸ばしてX100の背面にあるモニターを見ながらシャッターを切った。










f0137354_2134952.jpg











あるお店の窓に生まれたてのイエス・キリストを抱きかかえるマリアを囲む人たちの飾り付けがしてあった。
暗闇の中に浮き上がる人形たちはまるで本格的な舞台に立つ役者さんたちのようだった。
この写真を一枚写したあと、いい加減家に戻るべきだと思い、この夜のスナップを終えた。










f0137354_214771.jpg























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


クリスマスをテーマにきちんと写真を撮ってみると面白いかも、と一瞬思ったが、そんなことをしている余裕はないとすぐに悟った。



日本人が正月にしめ飾りや鏡餅を置くのと同じようなもんだなぁ、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-12-24 21:11 | スナップショット

下戸(げこ)に不利なシーズン



「クリスマスだ、パーティだ、しこたま飲んでパァ〜っとやろうぜ、メイト!」と言われると
「悪いけど、僕は全然飲めないんだ。身体がアルコールを受け付けないんだよ」といつも答える。


ほとんどの男性は当惑と失望と哀れみを帯びた目でこう言う。


「なんてことだ。どうやって人生を楽しんでるんだ?」

「えっ、なんのために生きてるんだ?人生の半分は無駄にしてるなぁ、、、」

「それは俺たちとは一緒に飲めないってことか?」

「まだミルクのほうが好きなのか?」

「そんなこと言うなよ、男だろ!」



もちろん女性からこういう反応が返ってきたことはない。
不思議なこと、というか当たり前のことなのかもしれないが、この反応は日本でもオーストラリアでも基本的に同じだ。
酒も飲めないような男を大人の男として認めたがらない意識は世界中どこへ行ってもあるのだろう。



下戸(げこ)という言葉の由来は律令制の「大戸、上戸、中戸、下戸」から来ていて下戸はその最下級だ。戸は課税の単位で資産によってこの四等戸が決められていたらしい。
婚礼時に飲めるお酒の量はこの四等戸の順で決められていて、最下級の下戸はお酒が飲めない立場であったことから、お酒が飲めない人を下戸と呼ぶようになったそうだ。
なので、下戸という言葉はある種の差別用語だと言える。(僕は自分のことを下戸だと他人に説明しているが)
まあ、今の僕の状況を客観的に判断すれば、体質的に飲めたとしても下戸であることには間違いないだろう。
サンタさん、クリスマスにはせめて僕を下戸から中戸へと昇級させてくださいませ!










f0137354_12285122.jpg











f0137354_12285973.jpg





















人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


最近、割りとまめにブログの更新をしているぞ!いつまで続くか?



私も飲めないばかりにお説教を受けることが度々あります、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-12-22 12:35 | デジタル

色で遊ぶ



ストリートフォトを撮っている時、僕が狙う被写体は人物だけではない。
写真の入ったフォルダを見ると塀や柵、電信柱、空などの写真が多いのに自分でも驚く。
シャッターを切るときは、もちろん何か思うところ、感じるところがあるからそうするのだが、人物じゃない被写体にレンズを向けるときは色に引きつけられることが多い。
色と遊ぶわけだが、これは「So what?」(で、なんなの?)写真になる恐れが多い。

色と遊んでいるのに「So what?」じゃない写真ってどういうものだろう、、、?


こういった写真を撮るきっかけとなった写真集が2冊ある。

一冊目は「ベルリン天使の詩」「パリ・テキサス」を撮った映画監督ヴィム・ヴェンダースの写真集だ。
もともと彼の映画の大ファンだったが、ニューオーリンズを旅していた時に写真ギャラリーでこの写真集を見つけた時は胸がときめいた。
当時モノクロ一筋だった僕にとってこういったカラー写真が放つ匂いはとても新鮮で惹きつけられた。










f0137354_133667.jpg











f0137354_13361930.jpg












もう一冊はメキシコ旅行中に見つけた写真集だ。
この写真集の写真家のことは全く知らない。
当時、メキシコを旅行するにあたってカメラ一台とフィルムはたしか30本までという決まりがあった。
フィルムはさすがにたくさん隠し持っていったが、カメラはニコンFM2と暗いF値のズームレンズに50mmの単レンズ一本だ。
結果的に90%以上の写真を50mmレンズで撮ったはずだ。
このレンズ縛りがあった旅行で僕は自分の写真の殻を破ることが出来た。
というか、写真の殻を破ったと感じたはじめての経験だった。
この旅行の最初の段階でこの写真集を見つけたことはこの旅の写真に強く影響した。
いいか悪いかは別として、「こんな写真が撮りたい」という指標を持って写真が撮れたからだ。










f0137354_13364985.jpg











f0137354_133704.jpg











f0137354_13371065.jpg













もし運良く自分の写真の指標となる写真家や写真集を見つけたら、まずはその作品や作風をとことんコピーすることをオススメする。
「優れた芸術家は真似、偉大な芸術家は盗む」ー パブロ・ピカソ

自分の写真のスタイルは自分の哲学に正直に撮っているうちに、自ずと生まれるのだと思う。










f0137354_13392831.jpg











f0137354_13393842.jpg











f0137354_1339472.jpg











f0137354_13402361.jpg











f0137354_13403459.jpg











f0137354_13404459.jpg











f0137354_13405444.jpg











f0137354_1341381.jpg





















人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


これらの写真集を見つけてからもう20年近く経つ。ああ、あまり進化していない自分が悲しい、、、。



色で遊ぶなら女性との色ごとの方がいい、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-12-21 13:46 | 写真家

最近のソーマとシオナ




ヨハン同様、僕のブログを見てくれている人たちからよく受ける質問は「ソーマ君とシオナちゃんはお元気ですか?」というもの。
子供たちがまだ小さな頃は僕の家に毎週末泊まっていたので、必然的に彼らを扱った写真やテキストをよくブログに更新していた。
彼らがハイスクール(日本でいうところの中学校)に通うようになってから、僕たちが会うチャンスはめっきりと減ってしまった。
宿題、テスト、友人たちとの時間、もうダディの出る幕はない。
ああ、悲し、、、。



私立の彼らの学校は毎年入学する新入生の中からダンス、音楽、アートなどそれぞれの分野で秀でた学生を一人だけ選び、奨学金を与える制度がある。
奨学金が与えられると学費が半額になるので、親としては大変ありがたいのだが、それにもまして選ばれた生徒たちは彼らの人生の中では最初の大きな自信というものを得ることになる。
ソーマがアート部門で奨学金に挑戦するのだという話を聞いた時、ハッキリ言って僕には意外に思えた。
彼は完全に理数系の男子で、僕にはアートとソーマがどうしても結びつかなかったからだ。
ハイスクールに入る前に描きためたスケッチでポートフォリオを作り、彼はなんと奨学金生に選ばれてしまった。
シオナは画家である母親の影響を大きく受けたアート命の女の子だ。
彼女は常に絵を描いている。
アートに対する気持ちはソーマの10倍以上大きい。
シオナもアート分野で奨学金生に挑戦するという話を聞いた時は、すこし心配だった。
彼女が描きためたスケッチにではなく、何人もの先生たちに囲まれて受ける面接に内気なシオナが対応できるのかと。
シオナは小さなころこから「ソーマは優秀だけど、私はそうじゃない」と時々こぼす子供だった。
ソーマがアートの奨学金生として迎えられ、シオナが落とされることを考えると、胸が痛む。
面接を受けた後、「どうだった、うまく受け答えできたか?」とシオナに聞くと、「まるで自分じゃないくらいに楽しく、リラックスして面接を受けられた」と彼女はこたえた。
そんなわけで、シオナも無事に奨学金生として学校に受け入れられた。
このことは、シオナに大きな自信をもたらしたに違いない。
誰が何を言おうと自分を信頼できること、これは人生でとても大切なことだと思う。



現在、ソーマは15歳、身長180cm以上、シオナは13歳、身長164cmだ。
ソーマはコンピュータの前で多くの時間を過ごし、シオナは友人たちとのチャットで大忙し。
これからどんな人間に成長していくのだろう。
僕が彼らに与えられることは、もう以前ほど多くはなさそうだ。











f0137354_1338336.jpg













f0137354_13384296.jpg






















人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


身長169cmの僕はソーマと話をするときは上を見上げ、シオナと話をするときは彼女の頭を下に押し、これ以上大きくならないでくれ、とお願いしています。



父親の存在なんてそんなものです、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-12-20 13:44 | 人・ストーリー

久しぶりのストリートフォト



日曜日に市場へ出かけ 糸と麻を買って来た

テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャー

テュリャテュリャテュリャテュリャーリャー




久しぶりにストリートフォトを撮ってみたが、感覚が鈍っているのと、人に忍び寄りシャッターを切る勇気に欠けていたなど、散々な結果だった。
歩いている間、頭の中にはこの曲が果てしなく流れ続けていた。
ロシア民謡の「一週間」だ。
このリズムに乗りながらシャッターを切ると気持が弾む。(ちょっと変ですか?)
僕的にはボニー・ジャックスの歌声がお気に入りなのだが、このブログを見ている人たちの中には「ボニー・ジャックスって誰よ?」と思っている人も大いに違いない。
いちおう言っておくが、ワン・ダイレクションとはちょっと違う感じのグループだ。



f0137354_20122331.jpg






f0137354_20123452.jpg






f0137354_20124283.jpg






f0137354_20125066.jpg






f0137354_20125712.jpg






f0137354_2013652.jpg
























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


人を撮ることは楽しいが、ストリートでも差し向かいのポートレイトでも、基本的に勇気を必要とする行為でもあると思う。



ボニー・ジャックスとワン・ダイレクションを一緒にしないでください、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-12-19 20:21 | スナップショット

ヨハンと僕




ヨハンにはもちろんプロジェクトの写真に参加してもらった。
高齢者の写真を撮るときはほとんどの人が真面目な顔をするものだが、そこはやはりヨハン、「真面目な顔をしてよ」と言ったって僕の言うことなど聞きはしない。




f0137354_15431492.jpg






僕たちのそばにいたローカルのフォトグラファーにヨハンと僕の写真を撮ってもらった。
僕はたくさんヨハンの写真を撮っているが、僕とヨハンのツーショットは殆ど無いので、嬉しかった。




f0137354_15434389.jpg





ところで、前に僕のブログで札幌の芸術家である黒田さんのプロジェクトを紹介させてもらったが、クラウドファンディングで支援金を募った彼のプロジェクトは無事目標額を達成できた。
なんと、僕のブログで彼のことを知り、支援金を送ってくれた人もいたという喜びのメールを彼からもらった。
本当にありがとうございました。
人の繋がりって素晴らしい。



僕のプロジェクトは画像処理ですっかりペースダウンしているが、協力してくれた多くの人たちのためにもペンペンと自分のお尻を叩きながら進んでいかなくてはならない。










人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


最近かなり運動不足なので、少し歩かなくては、と思ったところで土砂降りの雨。一度決めたことは必ず実行するヨハンなら、迷わずカッパを着込んで外へ飛び出しただろう。意志の弱さを直す薬はないのだろうか? あっ、すぐに薬に頼るところをまず治すべきだ。



私は他人にお尻をペンペンと叩かれるのがわりと好きです、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2014-12-18 15:53 | 人・ストーリー

<< previous page | next page >>