成長する子供たち


昨日、ソーマの靴を買った。
買う靴、買う靴、すぐにサイズが合わなくなってしまう彼。
数カ月前に買った靴はUS11インチ、今日買った靴はUS12インチ、センチメートルに換算すると、、、えっ、30センチ、、、。汗
ちなみに僕の靴はUS7.5インチ、奴はいったいどこまで大きくなるのだろう、、、。
シオナの足のサイズももう僕と1センチも変わらない。
ああ、子供たち、あまり大きくならないで。












f0137354_1122065.jpg













ソーマはたのもしくなっている。
キッチンの調子が悪いと僕がいえば、知らぬ間に工具を持って一人黙って格闘している。












f0137354_11222354.jpg













f0137354_11223968.jpg













シオナは相変わらずスケッチブックと鉛筆を持って自分の世界を泳ぎ回っている。
あと数日で11歳になる彼女の姿を写真に収めた。












f0137354_11225515.jpg













f0137354_1123975.jpg













昨日の夜はひと足早いシオナの誕生日ディナーということで、日本料理レストランへ行った。
寿司、天ぷら、鶏の唐揚げ、刺身、抹茶アイスにコーヒーゼリー、やっぱり日本食は美味しい。
その後、普段は子供たちが見れない(見させない)映画の倫理規定MA15+指定(15歳以上でないと見てはいけない)のDVDを特別サービスで鑑賞することに。
子供たちと最終的に一致した意見はアーノルド・シュワルツネッガーの初代「ターミネーター」。
これなら彼らが見ても全然問題ないだろう、と思って見ていたら、途中、裸のベッドシーンが出てきて、ソファーの上の僕たち3人の間にとても気まずい空気が流れた。
まあ、彼らももう、そういうことを理解している年齢だろう。



楽しい一日が終わり、深夜ベッドに入る前に彼らの寝室を覗いた。
普段コーヒーなど飲まないソーマは、夜にコーヒーゼリーを食べたせいで今夜は眠れないだろう、と心配していたが、いつも通りあっという間に眠りに落ちた。
兄と妹の兄妹二人が同じ寝室でスヤスヤと寝ている。
僕の世界で一番大切な宝物だ。












f0137354_124239.jpg













週末にぼくの家にやってきて、こんなふうに二人が揃って寝ている姿を、僕は後どれくらい眺められるのだろう。
すぐにダディと週末を過ごすより、友達やガールフレンド、ボーイフレンドと一緒の時間を過ごしたいと言い出すだろう。
いずれ朝の光が、子供たちの寝室の空っぽなベッドに射しこむ光景が普通となり、僕はただ、彼らが少しでも良い人生を送れるよう願うことしか出来なくなるのだろう。
僕の宝物たちは、本当に、ものすごいスピードで成長している。












f0137354_11233228.jpg


























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


「八日目の蝉」という日本邦画を観た。いい映画だった。親子の絆というものを考えさせられた。写真というものがとても印象的に使われている映画でもあった。




30センチは大きすぎだろう!、と思った人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-08-05 11:32 | ソーマとシオナ

<< previous page << 黒猫のニュートラルな視線 | 自分のことは自分でやる >> next page >>