雪虫たべる




北海道の空には冬が近づくと雪虫(ゆきむし)が舞う。
とても小さく、雪のように、綿のように白い雪虫たちがどこからともなくやって来る。
雪虫は少年の頃の記憶、故郷の記憶。
久しぶりに北海道の秋を実感できた。
最近のお気に入りの散歩コースである土手の上を歩いていると大量の雪虫たちに取り囲まれる。
ボケッとしていると雪虫たちは鼻や口の中に入ってしまう。
ママチャリで土手を走る高校生やお母さんたちは間違いなく毎日数匹の雪虫を食べているに違いない。
オーストラリア人は1年間で平均7匹のクモを食べる、と学校で習ったことがある。
寝ている間や野外で活動しているときに小さなクモが口の中に入るのだろう。
どういうふうに調査したのかは分からないが。
はたして、北海道の人間は一年間に何匹の雪虫を食べているのだろう?












f0137354_2234837.jpg













f0137354_218028.jpg













f0137354_218563.jpg













f0137354_218922.jpg













f0137354_2181378.jpg













f0137354_2181874.jpg













f0137354_21822100.jpg













f0137354_218265.jpg













f0137354_218322.jpg


























人気ブログランキング」参戦中。
本気でポチッとしてねー!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


イケイケ4位、ゴーゴー4位!



私もどちらかというとボケっと口を開けている方なので、小さな虫をたくさん食べていると思う、と思感じた人はポチッとよろしく!









このブログへのご意見、ご感想がありましたらEメールにてtastas65*yahoo.co.jp
(*マークを@に変えてください)のアドレスにぜひお寄せください。
また、お仕事のご相談、依頼も大歓迎です!












by somashiona | 2012-11-18 02:25 | デジタル

<< previous page << やったー、初雪だ! | ポートレイト、お撮りします! >> next page >>